優良記事紹介ヘッドライン    感謝アンテナ様【 にゃんてな!


【SS】プラットホーム/HN:0.血苺

プラットホーム/HN:0.血苺


俺は人混みが苦手だ。

周囲の人の目が怖い。自意識過剰かもしれないが、チラチラ見られている気がするのだ。

別に俺は、奇抜な格好をしている訳でも、ワキガな訳でもない。
石を投げれば当たるような、平凡な独身男である。
友人は大勢居るが、彼女は無し。
経理の典子ちゃんが気になっているけど、積極的にモーションかける勇気も無い。
ガミガミと口うるさい鳩山部長に毎日悩まされている、小心な一サラリーマンだ。

もしかしたら、世の中には読心術を使える奴が溢れているのではないか…いつからか、そんな妄想に取り憑かれてしまった。
俺が日々、考えている愚にもつかないことを全て読まれていたら…それは、堪え難い程恥ずかしい事だった。
最近では、プラットホームなんかで大勢の人に囲まれた時、頭を覗かれている妄想でパニックに成りかける始末だ。


読まれても恥ずかしくない事を考えるようにしよう。俺はそう、心がけるようになった。

読書にでも熱中していれば良いのだが、乱視の俺は、そういう場所で立ったまま活字を読むと、頭痛がしてきてしまうのである。
でも、恥ずかしくない事を考えるというのは、聖人じゃない自分には難しいものである。

最初に試みたのは、仕事の事を考えることだった。
が、直ぐに挫折した。元々優秀な会社員でもない俺が、仕事の事なんか熱心に考えられる訳は無し…
気が付くと鳩山部長に対する怒りで汚い言葉が沢山浮かんで来たり、典子ちゃんの肢体が思い出されて卑猥な単語がいっぱいになったり。却って恥ずかしいことになってしまうのだ。

難しい英語のスペルを正確に思い出したり、詩や短歌を暗唱したり…これらは雑念は浮かばないけど、あまり続かなかった。

ある時、昔読んだ短編小説の粗筋を思い浮かべてみた。
これは中々上手くいった。
以来、人混みの中で色々な小説の粗筋を思い出すのが習慣になった。


H.S氏やA.T氏なんかのショートショートが丁度良い。勿論、文章をそのまま思い出せる訳は無いので、自分の表現に置き換えながら。
我ながら上手い表現が浮かんだ時なんかは気分が良くなるものだ。

とは言え、無駄な修飾を省いて完成しているショートショートは、作者以上に上手く表現なんか出来るわけは無い。
最近は、以前観た映画やドラマの内容を、自分なりに文章化するようになった。
ざっくりと粗筋を追うよりは詳しく…
ノベライズ作家になったつもりで、文章を思い浮かべてみるのだ。

不思議なもので、思い浮かべるだけなのに、文章力が上がって来たように思える。

“正夫が再びその場所を訪れたのは、うららかな小春日和の事だった”

…こんな具合だ。単に“春の日”とせず、“小春日和”なんて表現を用いたところが、我ながら文学的で良い。

しまった…自画自賛してしまった!
こんな自惚れをテレパシストに読まれたら恥ずかしいじゃないか。気を付けなくては。



朝のプラットホーム。
相変わらずの人混みだ。俺は何時ものように、列車の進行方向の最後尾、一番前に立った。

同じ場所に同じ時間に立つと、並んでいる顔ぶれも殆ど同じになる。

俺の後ろに並ぶのは、学生らしき二人組だ。いつも騒々しくお喋りしている。
その後ろに立っている、初老の紳士も、大抵少ししたら知人が現れるようだ。「お早うございます」と挨拶を交わすのが聞こえる。

そして…俺の向かい側。線路を挟んで反対方向の列車を待つ女性…
彼女も、いつも同じ場所に立っている。
雰囲気は違うが、顔立ちが典子ちゃんに似ているので、ついあの肢体を思い浮かべてしまう…

いかんいかん!雑念だ…早速いつもの作業を始めなければ!


今日は、この前観たドラマを思い出すことにした。
晩飯の時、ながら視聴したんだけど、二時間ドラマにしてはオチが洒落ていた。

…主人公は…何て名前だっけ。ノリコ?いや、違う…

…この前典子ちゃんが着ていたブラウス、セクスィーだったなあ…ブラ線が、こう透けて…
おっと!いきなり雑念が浮かんでしまった。

主人公の名前…いいや、“彼女”で通そう。


“彼女は不倫をしていた”

うーん、中々良いな。書き出しとしてはこんな唐突なのが思わせぶりで。続きが気になるし。
俺ってやっぱ、才能有るのかな?

…いかん!又しても自画自賛だ。恥ずかしい!


“彼女は、不倫をしていた”

…福田の奴、奥さんが不倫してるっぽいとか言ってたな…
まあ、あいつだって好き放題してるんだから自業自得だろ。
そういや、あの野郎典子ちゃんにもちょっかい出してたな…
畜生!ちょっと脚が長いからっていい気になりやがって!!

だいたい、あと5センチも背が高けりゃ、絶対俺の方が良い男なんだよ!
…良いよな~、長い脚…

…脚…典子ちゃんの脚…

いかんいかん!雑念と自惚れが又出てしまった!

…最近、思考回路が調子悪いのかな…どうも意識が集中しないぞ。


“彼女は、浮気を、していた…”

浮気?間違えた、不倫だ!

…うわっ!

俺の鼻先に鳩の糞が落ちてきて、俺は大きく仰け反った。

畜生!何だよ鳩の奴!…鳩…

…鳩山部長め!俺の報告書全部ダメ出ししやがって!
今に見てろよ…あの野郎の残り少ない毛髪を、一本一本毛抜きで抜いて……


「じれってえなあ…で、結局ノリコの不倫がどうしたんだよ」

「!!」

俺はギョッとして振り返った。
二人連れの学生が、ニヤニヤしながら俺を見ていた。

「え?…」

「さっきからおんなじ事ばっか繰り返してんだもん。で、だれと不倫してんの?ノリコは」

え?…何言ってるんだ?、この男…

もう一人が笑いながら続けた。

「それにしてもさ。あんた、よっぽど鳩山部長が嫌いなんだね~」

「!!!」

俺は硬直した。
…やっぱり居たんだ…こいつら、テレパシストだ!さとるの化け物だ。

「最近の若い人は言葉を知らないねえ…小春日和を春だと思っているんだから」

「!!」

今度は、あの初老の紳士が隣りの人にそう、話しかけるのが聞こえた。

…あの男も、俺の事を言っているのか?…俺の考えていることを、読んでいるのか?!


…まさか…

俺は向かい側のホームを見た。

彼女も…?

「!!」

俺と彼女の目が合った。
彼女は、困惑したように微笑んだ。

ああ、やっぱり彼女も…!

この世には、さとるの化け物が溢れているんだ!

逃げなければ!
昔読んだ、さとるの化け物から助かる方法は…焚き火の中に…

「何をする!やめろ!!」

列車が到着した時、俺は異口同音のそんな言葉を聞きながら、ホームから身を投じた。




「お姉ちゃん、お帰りなさい」

同僚の葬儀から戻った、姉の典子は力無く座り込んでいた。
かなり憔悴しているようだ。

無理もないだろう。毎日顔を合わせていた人が亡くなっただけでもショックな事なのに、死に方が、あんな…

「私もビックリしちゃった。目の前で亡くなった人が、まさかお姉ちゃんの会社の人だったなんてね」

「本当、ショックよ。だって、自殺するような素振りは全然無かったんだもの…鳩山部長が号泣してたの。悩みがあったなら何故相談しなかったんだって…結構厳しいけど、部下思いなのよね、あの人」

「亡くなった●●さんって、どんな人だったの?」

「良い人よ。優しくて真っ正直で…」

姉は遠い目をして言った。

「…ってゆうか、嘘が付けない人だったの。思った事が顔に出るし、独り言が多くてね」

「独り言?」

「うん。本人は気づいて無いっぽかったけど、考えてる事をつい、口に出しちゃうらしいのよ…それも、見えない誰かに語り聞かせるみたいな口調でね。みんなこっそり、“シャイニングさん”って呼んでたの」

「…ふーん…」

「そんな人だったのに、心に秘めた悩み事があったのね」

「…」


彼が飛び込み自殺する直前、私は彼と顔を合わせた。

何だか挙動不審な人が居るな…と見つめていたら、いきなり目が合ったのだ。
気まずさに思わず微笑んだ、まさに次の瞬間、彼は飛び込んだのだった。

その事が未だに引っかかっている…が、気落ちした姉に話す気にはなれなかった。

まあ、忘れよう。彼の自殺とその事とは、どうせ無関係だろうから。
関連記事
6件の投稿・反響コメントを見る

┏みんなに広める┓
ぜひ反響をお寄せください↓投稿者さんのやる気が跳ねあがります
Loading...

コメント

[4748] お薦めですよ!
紫姫さま

シャイニングはサスペンス度も高いです!パッケージの写真も怖いし((((;゚Д゚)))))))
彼氏さんとキャーキャー盛り上がってご覧ください。

越えられない壁かあ…確かに、予算の問題以外にも、色々ありますね。
シビアだけど、ルックスなんかも…日本人でも背の高い人は多いけど、比例して顔が大きく(ってゆうか長く)なっちゃうけど、向こうの方は、顔ちっちゃくて10頭身ですものね〜。コスプレなんぞやられた日には…

バレエを習っていた友人と、ボリショイの“白鳥の湖”観に行った時、友人が
「あの王子様役の人、技術面はクマテツの足元にも及ばないよ」
って言ってたんですが、やっぱルックスがね…クマテツでは、あのオデット姫とは釣り合わないか…と思いました^^;

[4742]
シャイニング ? 題名は、聴いたこと有り でも ストーリー 知らない 監督の 名前 知ってます レンタルビデオ屋へ 行きたくなりました(^ー^)
[4686]
へ~…0.血苺さんにそんな過去が、、、
シャイニングちょー久しぶりに観ました。バスタブの女はやはりキモかった泣
ペットセメタリーとか、アメリカンインディアンがらみのホラーは何か不気味でいいですね♪

キューブリックは時計仕掛けのオレンジがクールで素敵です!!
クール、スタイリッシュ…、日本人は憧れるけど監督俳優ひっくるめて越えられない壁があるんだよなあ…
[4683] ありがとうございます!
ちょっと無理しました^^;

実は、キューブリック作品は“シャイニング”しか観ていないのです。
誰かに語りかけているイメージで、イマジナリーコンパニオンっぽく表わしたくて。
でも、シャイニングは大好きです。キングの原作とは確かに違うし、キングと確執ができてしまったらしいのは悲しいけど
あの、繰り返しの文章を妻が読んで驚愕するシーンと、階段から大量の血が流れてくる場面は、トラウマになりました。
これを機に、キューブリック作品を色々観てみようかな…

“俺”は、私です。
テレパシストが周りに溢れているのではないか…というか、自分がサトラレなんじゃないか?とゆう妄想に、若い頃取り憑かれていたのです。
読まれても恥ずかしくないよう、ドラマのあらすじを回想していたのも本当です。
一時は、カウンセリングを受けた方が良いのでは…と思うほど悩んでいました。

今はそんな妄想は無くなりましたが、ドラマのあらすじを回想するくせは未だに定着しておりまして、
先日、それをブツブツ声に出している自分に気付き、ゾッとして思いついたのが、この妄想話でした。

私みたいな人が他にも居るんじゃないか…とゆう願望も込めて(-_-)
[4674]
面白い。0.血苺さん、ちょっと本気出しちゃいましたねw
シャイニングかあ…久々に観たくなったわ。ホラー映画の良作、最近無いからなあ…
[4672]
シャイニングさんでジャックニコルソンのあの凄惨な笑みを思い出した。
平凡?どこにでもいる?最初に抱いた彼のイメージとかけ離れてしまった。
ジャックニコルソンと三輪車はトラウマだな。
血苺氏もキューブリックにやられた口なのだろうか。そういえば、こげさんもキューブリックネタをよく使うな。

この記事に投稿


※天通の発信ポリシー

人気記事紹介    感謝アンテナ様【 P!アンテナ にゃんてな!
*おすすめタグ*

あなたに縁のある投稿
アクセスカウンター
天通イベント棚
★おすすめ本2選

★おすすめサイト2選
スピリチュアリズム 天門庵