優良記事紹介ヘッドライン    感謝アンテナ様【 にゃんてな!


【都市伝説】精神病と第六感②

精神病と第六感②


精神病と第六感』掲載ありがとうございました。
想像したより天通でコメント付けて下さる方が多かったので、前回の話しの中に出てきたキーワードを一つ掘り下げた内容を書いてみようと思います。

前置きとして今回の話の内容は、全てがAさんの言葉ではないということ。Aさんも私も特に何かの宗教には入っていないということ。(強いて言えば日本人なので文化的には仏教派に分類されるのかもしれないが)。
オカルト好きな私とAさんとで議論した結果です。

今回のテーマとしては〝人類の本当の姿〟
結論から先に言うと、「現在の人類の半分以上には、魂が入っていない」

どうしてこの結論にたどり着いたかというと、本来、地球上にいた人間の数は今よりずっと少なかった。しかし今は70億以上の人間が地球に生息している。
輪廻転生の考え方を借りて考察すると、不自然に思う。

前世(Aさん曰わく人は人にしか生まれ変わらない)が人間だったなら、今いる膨大な量の人間の体の数に対して、過去からまた人間に生まれ変われる魂の数が少なすぎると思う。
急激な人口増加、その一体一体の人間の体に一体一体の過去も人間だった魂を入れることは不可能なのでは?と思う。

そこで、今本当に魂が入って生きている本当の人間と、魂は入っていないが自分は歴とした人間だと思い込んで生きている〝アンドロイド〟の二種に分けられる。
たまにテレビで見かける、前世の記憶を持っている人。きっとその人には、魂が入っていると思う。が、私自身には前世の記憶は無い。だから私はアンドロイドに分類される、という考え方。

ではアンドロイドとは何か?
それはAさんがわかりやすく名付けた区別の方法の名称なのだが、簡単に説明すると、入れる魂が無かったので宇宙人もしくは神に値する者(宇宙人説、神説、この辺は議論しても納得のいく結論は出なかった)が、魂の代わりに人として生きるプログラムを私たちに植え付けたのではないか、ということ。

…宇宙人という言葉を出してしまったのでオカルト要素が強くなりすぎたが、ここで言う宇宙人の概念としては、地球には居らず、普段から見ることはできず、とても膨大なエネルギーを持った何か、という風に考えてもらいたい。

誰が何の目的で地球上の人口を増やしているのか、その答えまではたどり着けなかった。

単に精神疾患の内に見られる妄想として受け取るか、真実の一部を読んでしまったと思うかは、個人の自由です。


一つ、私が恐れていることがある。
実はAさんからは、このような話を人に話すことは禁じられている。Aさんが〝えらい人〟と言ってる人に怒られるそうだ。真実を人に語ることはタブー。

そして、Aさんが本当の世界のことを私に話してしまったことと、私がこうして匿名ではあるがタブーを人に伝えてしまったこと
それらのことをAさんはきっともう気づいていて、えらい人も気づいているので、私の身に何かが起こる可能性があるということ。

それでもずっと秘密を抱え込んでうずうずして、秘密だからこそ誰かに伝えたくて投稿してしまう愚かな私なのであった。
関連記事
4件の投稿・反響コメントを見る

┏みんなに広める┓
ぜひ反響をお寄せください↓投稿者さんのやる気が跳ねあがります
Loading...

コメント

[4626]
地球人には他の星の生命体が古くから関わっていると【ムー】に書いてあった(笑)。じゃあその異星人の誕生は?最初のコメの通り全てが幻なのかもね。そして夢見てる奴も幻www
[4625]
地球自体が小さな箱庭で、朝顔の観察日記やジオラマ感覚で遊ばれている?
[4624] ひげそり後のミリ毛
人間にプログラムを植え付けてたというよりも宇宙そのものがプログラム通り動いているだけ。ではそのプログラムを何が考えたのか?
微生物を人間にするには正確無比の設計図がいる。そのそも正確無比でないと宇宙の中に人類が生存可能な星を造るなんて出来るわけないんだから。という事は人間も設計図通り動いていると考える方が自然。イスラム国の野蛮人が米ジャーナリストの首切ったのもプログラム通り。こうなると人間の罪って何?!と思えてくる。
[4623]
アンドロイドも何もビッグバン以前に人間などいなかった。じゃあ魂は一体どこから来たのか?輪廻転生など因果応報を裏付ける手段として地球人の一部が創り出したマヤカシに過ぎない。

この世は幻。夢がリアルになっただけ。じゃあその夢を何が見ているのか?

結局、われおもうゆえにわれあり、から一歩も進まない…

この記事に投稿


※天通の発信ポリシー

人気記事紹介    感謝アンテナ様【 P!アンテナ にゃんてな!
*おすすめタグ*

あなたに縁のある投稿
アクセスカウンター
天通イベント棚
★おすすめ本2選

★おすすめサイト2選
スピリチュアリズム 天門庵