優良記事紹介ヘッドライン    感謝アンテナ様【 にゃんてな!


【心霊】平和記念資料館の少年

平和記念資料館の少年


広島へ旅行した時の話です。

広島といえば欠かせない観光地は、原爆ドームに記念資料館。
これは資料館での出来事です。


被曝した様子の蝋人形や実際に被曝した遺留品などを見て、心を痛めてました。

中には黒こげになった三輪車も展示されていて、当日朝から遊んでいた子供もいたんだろうな…気の毒に…と思いながら、見ていました。

そんな中、館内を駆け回る3~5歳くらいの少年が2人いました。
坊主頭に白っぽいタンクトップに半ズボンといういでたちで、イマドキずいぶん昭和チックな子供がいるもんだと、内心感心していました。

…それにしても、母親なり保護者はどこなんだろう…。まったく、最近はしつけをちゃんとしない親が多いんだから!
と、眉をひそめながら展示物に見入ってました。

その後、別行動していた友人と合流、それぞれ感想を述べ合い、戦争は二度と起きて欲しくないね…と話し合ったついでに、先程見かけた少年について訊いてみました。

「ね、三輪車近くでさ、坊主頭の男の子2人走り回ってジャマだったよね?」

ところが、友人は見ていないと言う。

あれ?おかしいな、私が三輪車見てたとき、別行動とはいえ友人も近くにいたはずなのに…。
彼女、あまりのショックに気づかなかったのかもしれないな…。

そう思っていました。



数ヶ月後。

私は実話系の怖い話を読むのが好きで、よく漫画雑誌を買っているんですが、とある漫画家さんのアシスタントさんの体験談を読んで驚愕しました。

そのアシスタントさんは霊感が強く、高校の修学旅行で広島へ行った時の話が掲載されていました。

なんと彼女は、例の三輪車近くで幽霊を目撃していました。そう、私が見たのと同じ坊主頭にタンクトップに半ズボンの少年を…。

あれ、生きた人間じゃなかったのか!
私には衝撃でした。

さらに、アシスタントさんは大人になってから再び資料館へ足を運び、例の少年がまだいることを確認していて、その時期は私が訪れた時と前後しているため、間違いはないようです。


原爆が投下され、今年で69年…。
戦争体験者が次々に亡くなっていきますが、決して風化させることなく、二度と戦争なんかしてはいけないと思っています。

少年をはじめ、犠牲者の方々の冥福を心から祈りたいです。


※私が目撃した少年は、三輪車の持ち主かどうかまでは、わかりません。
成仏できるといいですね。
関連記事
2件の投稿・反響コメントを見る

┏みんなに広める┓
ぜひ反響をお寄せください↓投稿者さんのやる気が跳ねあがります
Loading...

コメント

[4483] 投稿ありがとう
この黒こげ三輪車、持ち主判明してますよね、本人かどうかわからないけれど、ただただ冥福を祈るばかりです。
[4460]
原爆と直接関係のある子供なのかな…。ピカッ一瞬で死んだ子なら苦しまないですんだろうが死んだ事自覚出来ないよね。

この記事に投稿


※天通の発信ポリシー

人気記事紹介    感謝アンテナ様【 P!アンテナ にゃんてな!
*おすすめタグ*

あなたに縁のある投稿
アクセスカウンター
天通イベント棚
★おすすめ本2選

★おすすめサイト2選
スピリチュアリズム 天門庵