優良記事紹介ヘッドライン    感謝アンテナ様【 にゃんてな!


【心霊】霊道/HN:TOL

霊道/HN:TOL


これは、私がまだ中学生だった頃のお話です。

その日の夕方、私は友人Tの家の居間で、Tと友人Mの三人でコックリさんをしていました。

Tの家は平屋の借家で、玄関のドアが引き戸になっており、開けっ放しにされていました。

私たちのいる居間は、玄関から入り、靴を脱いで上がってすぐ左にあり、私はちょうど開けっ放しの玄関が見える位置に座っていました。

コックリさんを続けていると、玄関から廊下の奥に向かって通り過ぎる人影が視界に入りました。肌着姿のおじいさんのようでした。

Tはそれに気付いていない様子だったので教えてあげようと思い、

私「おじいちゃんきたよ」

そう言うとTの表情が急にこわばったのが分かりました。

T「やめてよ」

私「ん?」

T「うち、おじいちゃんなんていないよ……」

私「え……」

そして次にTが言った一言が、私の背筋を凍らせました。


T「Y(私)のお母さんが家に来た時も、同じようなこと言ってた……」

怖くなった私たちは、すぐにコックリさんを止めました。もちろん儀式通りに。

確かにその時、家の中には私とTとMの三人しかいませんでした。私が見たあのおじいさんらしき人影は何だったのでしょうか?

ここからは、あくまでも私の推測になります。

Tの家は某遊園地近くのK市にあり、家の前は広場のようになっていて、その奥には森がありました。そしてその森にはある噂があったのです。昔、そこが罪人の処刑をする首狩場だったと。

もしかすると、Tの家は霊の通り道になっていたのかも知れません。

そして当時、Tは父親の家庭内暴力に怯える日々を過ごしていました。今思えば、そのことも何か関係しているような気がしてなりません。
関連記事
0件の投稿・反響コメントを見る

┏みんなに広める┓
ぜひ反響をお寄せください↓投稿者さんのやる気が跳ねあがります
Loading...

コメント

この記事に投稿


※天通の発信ポリシー

人気記事紹介    感謝アンテナ様【 P!アンテナ にゃんてな!
*おすすめタグ*

あなたに縁のある投稿
アクセスカウンター
天通イベント棚
★おすすめ本2選

★おすすめサイト2選
スピリチュアリズム 天門庵