優良記事紹介ヘッドライン    感謝アンテナ様【 にゃんてな!


【怖い話】情念

情念


うちの母親が生命保険会社で働いていた時の同僚女性の話です。

仮に『桜井さん』とします。桜井さんはとてもきれいな方で、5歳(当時)の娘さんと共に暮らすシングルマザーでした。

20代後半の時に10歳年上の独身男性と恋に落ち、めでたく懐妊するも何故か二人は結婚せず…。あろう事か、その男性はその後に出会った他の女性と結婚してしまったのです!

彼は妻との間に子供は出来ず、結婚後も桜井さんとの交際を続けていましたが、当時高校生だった私にはサッパリ訳がわからず、

「なぜお互い独身の時に子供出来ていながら結婚せず、他の女性と結婚したの?しかも、まだ2人付き合ってるって、どうゆう事??」

と、母に質問しては困らせていました。

「大人になればわかるわよ」

と言われましたが、当時の桜井さんの年齢を追い越した今でも全く理解できずにいて、むしろこっちの事実のほうが、私には不思議な話です(笑)

…本題に入ります…

桜井さんはちょっと霊感の強い人でしたが、ある時から頻繁に金縛りに遭うようになったのだそうです。元々霊感が強いため金縛りは日常茶飯事なのに、勝手が違う。

足下から黒い影が、

ズッ…ズッ…

と、桜井さんの体の中に入っていこうとする…。

『いけない!このままでは乗っ取られて取り殺されてしまう!』

渾身の力で金縛りを解こうにも凄まじい怨念を感じ、気の強い桜井さんでも恐怖を覚えるレベル。

ズッ…ズッ…ズッ…

黒い影は、とうとうお腹のあたりまで入り込む…

『出てけーッ!!!』

桜井さんは渾身の力をふりしぼって声にならない声を出し、何とか追い出したそう…。


それが頻繁に起きるものだから、さすがの桜井さんも疲れ果て、いつも懇意にしてる霊能者に相談。

かえってきた答えは、

「生き霊」

その相手が誰なのか訊いても、

「アンタ(桜井さん)気が強いから、誰かわかったら仕返しするから」

と、教えてくれない。

でも、逆にそれで生き霊の正体が“彼の奥さん”である事が、桜井さんにはわかってしまったのです…。

正体わかったとこで、相変わらず金縛りは続き…。

ある日とうとう桜井さんが男性とラブホで逢っている時まで、部屋に現れるように!

部屋の隅にジトーッ…と佇み、凄い形相でこちらを睨み付けてくる…。

桜井さんは思い切って男性にその事を告げたのです、

「奥様に生き霊を飛ばされ、今もそこで私達を睨んでる」

と…。男性は、

「怖い事言うなよ~」

かなりビビってたのに、その割りに妻とは離婚せず・桜井さんとも別れず…といった生活をずっと続けていたのです。

そんな生活にも終止符が打たれました。

娘さんが小学校へあがる前、男性は何を考えたか、北の大地で車を使って自殺を遂げてしまったのです…。

突然の訃報…。

葬儀は何故か妻がやらずに桜井さんが取りしきる事になり、生前桜井さんの相手の男性とも面識あった母も葬儀に参加しました。

母いわく、

「うまく説明できないけれど、異様な葬式だった」

お坊さんがお経あげても清々しさは感じず、霊感がほんのちょっとしかない母でも、男性の後悔の念を感じたのだそうです。

戒名も、残された娘さんが幸せになるよう、考え抜かれたものだったらしく…。こういった事あんまりよくわからないけれど、普通はこのように戒名決めないと思います。

葬儀を終えて、桜井さんの夢に頻繁に彼が現れるようになり、再び霊能者に相談します。

想像通り、自殺した男性はこの世に未練を残していると…。桜井さんにキッパリ忘れるよう助言しました。

ところが、その後桜井さんは頻繁に会社を休むようになり、問いただすと、彼が事故で亡くなった現場へ行ったりしている…。

良くないものに引っ張られているように感じた母は止めるよう助言したのに、ある日とうとう退職し、娘さん連れて彼が亡くなった北の大地で供養しながら生きていく決心したそうです。

霊感がちょっとある程度で、霊能者でないのに…。大丈夫なの!? 母は心配だったそうです。

そんな母も病に倒れて亡くなり、桜井さんが現在どこでどうしているのか知りようもありませんが、……母子共々幸せになっている事を願ってやみません。

余談ですが、桜井さんに生き霊を飛ばし続け、夫の葬儀もやろうとしなかった妻が現在どうしているかもわかりません。

考えてみれば、この女性も気の毒…。

人の情念ほど恐ろしいモノはないと認識した一件でした…。
関連記事
6件の投稿・反響コメントを見る

┏みんなに広める┓
ぜひ反響をお寄せください↓投稿者さんのやる気が跳ねあがります
Loading...

コメント

[3773] 破られた約束
八雲「これは酷い話だ。復讐は新妻ではなく、夫にするべきだ」
夫人「男は皆そう考えます。でもそれは、女の考え方ではありません」

…彼女の言うとおりなのであった。


こんな感じでしたよね。
[3772]
小泉八雲でも、再婚はしないと約束した旦那ではなく後妻が前妻の怨霊にトリ殺されていたな。
八雲の嫁さんの言葉が良かった。
[3770] 情念
私も読み終わった直後、0.血苺さんと同じことを思いました。

以前テレビで、犯罪捜索の専門家が、

「男女の浮気などのトラブルで男が、浮気したパートナー(女)に怒りをぶつけるのに対し、女はパートナーが浮気した相手(女)に復讐心を燃やす……」

って言っていたのを思いだしました。

私も夫も真面目(笑)なので経験はありませんが、その専門家の言葉に「なるほどな…」と納得できました。

それにしても、付き合っていて子どもまでできたのに、キッパリ別れもせず、別の人と結婚するとは……、
2人の女性と子どもを不幸にした大馬鹿野郎ですね。
[3769] 情念
私は桜井さんも強く深い情念を持ち、生き霊を奥さんに飛ばしていたのでは?と思いました。
奥さんに子どもが授からなかった理由はそこかも。
(((≧д≦)))いやー、女って怖いですね。
↑私もその一人ですが
[3768] 投稿ありがとう
※3767宛 血苺さん、ありがとうございます、投稿者です。
この男性が自殺したのは、逃げだったようです。
そんなことして逃げられるわけないのに…。

女性の嫉妬ですが、自分も女だけど、これまでの恋愛のいざこざで男を恨んだほうなので、相手の女性を恨む感覚がよくわからなかったりします。。。。。
[3767] そうなんですよね
女性の恨みって、裏切ってる男性じゃなくて相手の女性に向かってしまうんですよね。

第三者から見たら、原因になった男が悪いのに。何で自殺なんかしたのかな?死ねば許して貰えると考えたんでしょうか…

娘さんが可哀想ですね。

この記事に投稿


※天通の発信ポリシー

人気記事紹介    感謝アンテナ様【 P!アンテナ にゃんてな!
*おすすめタグ*

あなたに縁のある投稿
アクセスカウンター
天通イベント棚
★おすすめ本2選

★おすすめサイト2選
スピリチュアリズム 天門庵