優良記事紹介ヘッドライン    感謝アンテナ様【 にゃんてな!


【怖い話】正体/HN:Jasmine

正体/HN:Jasmine


今回は、ホスト時代に内勤さんから聞いた話を投稿したいと思います。

仕事が終わり、内勤さんに車で送ってもらっていた時に内勤さんから聞いたお話です。

私が入る前に働いていた従業員(Aさん)がいました。ある日、Aさんは内勤さんにこんな相談をしたそうです。

寮で寝ている時に、ずっと視線を感じると。Aさんは視線を感じても、怖くて目を開ける事が出来なかったそうです。

ちなみにAさんの寮とは、私が住んでいた部屋の事です。

内勤さんは相談を受け、どんな奴か見て捕まえちゃえよと、軽く答えたそうです。

しばらくして、Aさんは仕事を辞めました。辞める際、内勤さんに言ったそうです。

ある日、夜中にAさんは目が覚めました。すると、いつもの様に視線を感じました。Aさんは勇気を出して目を開けました。

すると目の前に女性が立ってAさんを見つめていました。しかもよく見るとその女性はAさんを指名しているお客さんだったのです。

私はこの話を聞き、作り話ではないなと思いました。何故ならその寮(私も住んでいた)は鍵がダイヤル式なのです。数字のダイヤルを押し鍵が開くのです。

更に寮は大文字のLの長手の上の部分に部屋があり、長手と短手の角から隠れてダイヤルを盗み見る事も出来ます。

つまりはこういう事です。


Aさんを好き過ぎる女は、帰るAさんを尾行し(お酒を飲んでいるので帰りは歩き)、番号を盗み見て部屋に入っていた事になります。

怖がる私に内勤さんは笑いながら、もう番号変えたから大丈夫だぞと言いました。当たり前だ。

幽霊も怖いです。でも生きている人間はもっと怖いですね。
関連記事
0件の投稿・反響コメントを見る

┏みんなに広める┓
ぜひ反響をお寄せください↓投稿者さんのやる気が跳ねあがります
Loading...

コメント

この記事に投稿


※天通の発信ポリシー

人気記事紹介    感謝アンテナ様【 P!アンテナ にゃんてな!
*おすすめタグ*

あなたに縁のある投稿
アクセスカウンター
天通イベント棚
★おすすめ本2選

★おすすめサイト2選
スピリチュアリズム 天門庵