優良記事紹介ヘッドライン    感謝アンテナ様【 にゃんてな!


隣家の挨拶

隣家の挨拶

今の家に越して一年。一軒家タイプの一階を借りている。

ある日の夜、妻と心霊特番を見てしまい、ビビりな私達は怖くなり、家の中全ての鍵を掛け、玄関から一番奥の和室で寝る事にした。

隣はリビング、襖を閉めれば隙間から光がもれる程度。玄関に行くにはリビングに出てキッチンを通り、廊下に出ないと無理。

夜中の3時だろうか…ノックの音で二人同時に起きた。二人共「???」状態。そう、ノックは明らかに襖からするのだ。

甲高い奥さんらしき声で「すみませ~ん今度引っ越して来た者ですが挨拶に来ました~」

もう 声も出ない。カミさんは気絶したのか倒れている。

トントントン「いませんか~」

俺は「だだでがぁぁー!」

多分、出てけ!と言ったつもりが恐怖のあまり声にならない。それきりノックは無くなった。

明るくなるまで震えて過ごし、辺りを確認すると鍵は全て掛けてある。普通に考えても、来た時間、ましてや家の中まで来るのは有り得ない。

もちろん、近所に引っ越しの話しも無い。

後日わかったが、襖には指で叩いたような凹んだ痕が10個程あった。
関連記事
1件の投稿・反響コメントを見る

┏みんなに広める┓
ぜひ反響をお寄せください↓投稿者さんのやる気が跳ねあがります
Loading...

コメント

[1]
これ、怖いですね。

この記事に投稿


※天通の発信ポリシー

人気記事紹介    感謝アンテナ様【 P!アンテナ にゃんてな!
*おすすめタグ*

あなたに縁のある投稿
アクセスカウンター
天通イベント棚
★おすすめ本2選

★おすすめサイト2選
スピリチュアリズム 天門庵