優良記事紹介ヘッドライン    感謝アンテナ様【 にゃんてな!


【怖い話】人切り桃太郎

人切り桃太郎


これは私が生まれた時の話です。もちろん生まれた時の記憶などないので、私の家族から聞いた話です…

私は四人兄弟の末っ子で、兄が2人に姉が1人います。上の兄が15歳離れていて、姉が12歳、下の兄が3歳離れています。私が生まれた時は上の兄が、中学3年、姉が小学6年でした。

私が生まれた時はほとんど毛髪がなかったそうです。赤茶けた髪が少し生えてるだけだったらしいです。

そして三ヶ月位たった時、ようやく髪が生えそろってきて、前髪が目にかかりそうになってきたので、そろそろ切ってあげないとなって思ってたそうです。

そんな時でした。小学6年の姉が学校から帰ってきた時です。姉は私の顔を見て…

姉「(私)ちゃん髪切ったのぉ~?」と言ってきたそうです。

母は…

母「何言ってるの?髪なんて切ってないよ!」

姉「だって前髪がないよ」

母「何処見てるの?ちゃんとあるじゃない!」

姉には切れて無くなってるように見え…母には普段と変わらないように見えていたといいます。

少したってから、上の兄(中学3年)が学校から帰ってきたそうです。すると兄も私の顔を見て…

兄「(私)ちゃん髪切ったんだぁ~」と言ったそうです。

すると母は…

母「あんたも可笑しな事言うね、髪なんて切ってないよ、普通にあるじゃない」

兄にも切ってあるように見えたらしいのです。

すると夕方になり、親父が仕事から帰ってきたそうです。すると親父は私の顔を見て、母にこう言いました。

親父「髪切ってやるなら、もっと綺麗に切ってやれよ!前髪ガタガタじゃないか!!」

母「今日はみんなどうしたの? 髪なんて切ってないし、ガタガタになってないし、普通でしょ?」

母には普通に見え、母以外には私の前髪がガタガタに切られてるように見えたといいます。


その後、母は私と風呂に入りました。すると何故かいつもより私が泣いて泣いて凄かったと言います。

とりあえず風呂から上がり、私の髪を乾かしてる時、母はその時、初めて私の髪が、ガタガタに切られてる事に気づき、しかも私の身体中に小さな切り傷が無数に付いていた事に気づいたそうです。

母はビックリして、ちょっとパニックになったらしいのですが。

髪切った記憶もないし、傷つけた記憶もない、傷つくような事も起こってない。確か今日の朝まではみんな異変に気付いてなかった。いつ切られたんだろう? いつ傷ついたんだろう? と思ったそうです。

昼頃、寝室で、下の兄(3歳)と一緒に昼寝させてたので、下の兄がイタズラでもして、私の髪を切ったり身体を傷つけたのだろうと思い、下の兄に聞いたのそうです。

ですが下の兄も知らないと言うし、3歳の兄が髪を切ったのなら、私の切られた髪がその辺に落ちてると思い、寝室を重点的に、各部屋、そして寝室のごみ箱、各部屋のごみ箱等、色々探したらしいのですが…私の切られた髪の毛を見つける事は出来なかったらしいです。

そして結局、私の髪の毛を見つける事が出来ないまま、1週間位が過ぎたらしいです。

そして日曜日、家族皆で部屋の模様替えをしようとしたらしいのです。私の髪の毛を見つけようとしたのが理由だったみたいですが…

突然姉が小さな悲鳴をあげたそうです。どうしたんだろう?と思い、親父と母が姉の元に行くと、姉はちょっとひきつった顔で

姉「人形が、人形が、」

と言って寝室に飾ってあった日本人形を指差していたそうです。

その人形というのは、私が生まれた時に母の姉、私から見たら叔母ですね、その叔母から、私の誕生祝いとしてもらった桃太郎の日本人形だったそうです。

その桃太郎の人形は、甲冑を着ていて、右手に刀、左手に吉備団子を持っていて、オカッパ頭で少し微笑んでいる、立派な日本人形でケースの中に入ってたそうです。もちろんケースに入れたまま飾っていたらしいのですが…

姉が悲鳴をあげ、指差した桃太郎を見た時は…別人?別人形?だったらしいです。

桃太郎の顔は歯を剥き出しにして、気味の悪い笑みを浮かべ、目は見開いていたそうです。

しかも一番ビックリしたのは、桃太郎の刀の刃の部分は、うっすらと赤黒い血のような物が付いていて、吉備団子を持つ手に吉備団子と一緒に赤茶けた髪の毛が握られてたといいます。

親父は直ぐに捨ててこいって言ったらしいのですが、母はそのまま捨てたら余計まずいと思い、寺か神社に納めようと考えたらしいのです。

その前に、人形をくれた叔母にこの人形を何処で手に入れたのか、聞いたそうですが…叔母の話では、ちゃんとした人形専門の店で購入、値段もそれなりに高かったらしいのです。全くもって普通でした。

しかも、その人形専門店に叔母がわざわざ苦情を入れたらしいのですが…そのような苦情に対しては一切受け付けないと言われたそうです。

仕方ないので近くのお寺に持っていったらしいのですが…うちではそのような物は専門外と言われたらしく、お寺を3件、神社を2件、断られたらしいのです。ある意味、たらい回しって感じですね…

そして3件目の神社の神主さんに、うちの神社では何も出来ませんが、そういった物を専門に供養してくれる神社を知ってるからと言って、その神社を紹介してもらったそうです。

そしてその神社に人形と、今までの出来事を書いた手紙と連絡先を添えて郵送したらしいのです。

そして、郵送してから少し日が過ぎた頃、郵送した神社から電話がきました。

その神社の方の話だと、

とんでもない念がこもった人形らしく。そのまま持っていたら、多分あなたのお子さんは、あの人形に皆殺しにされてたでしょうと…

手紙を読ましてもらって思い付くのは…多分人形を作った人形師の念でしょうと…そうとう歪んだ念が感じられますと。

本当は誰にも気付かれずにしたかった念を感じるのですが…多分母親が霊感がある方みたいですね、その方に気付かれずまいとしていた感じが、凄い感じられますと言っていたそうです。

母親に気付かれると、適切な処分をされると感じ、それからまぬがれようとしたみたいです。だから母親が気付くのが遅かったのでしょうと。

ですが母の霊感が結構強く、隠し通せなかったと。他の人達にある程度見えても何も問題ありませんからね。

適切な処分をしない限り、多分恐ろしい事になっていたと思います。ですが、ある程度霊感のある方がいて良かった。この人形はこちらで適切に供養しますので安心してください。

と言う連絡がきたらしいです。

皆さんも人形を買う時はくれぐれも十分気をつけてくださいね。普通の所で手に入れても、恐ろしい事が起こる事があるかもしれませんから…
関連記事
0件の投稿・反響コメントを見る

┏みんなに広める┓
ぜひ反響をお寄せください↓投稿者さんのやる気が跳ねあがります
Loading...

コメント

この記事に投稿


※天通の発信ポリシー

人気記事紹介    感謝アンテナ様【 P!アンテナ にゃんてな!
*おすすめタグ*

あなたに縁のある投稿
アクセスカウンター
天通イベント棚
★おすすめ本2選

★おすすめサイト2選
スピリチュアリズム 天門庵