優良記事紹介ヘッドライン    感謝アンテナ様【 にゃんてな!


【怪談】ミッチェル嬢

ミッチェル嬢


277 本当にあった怖い名無し sage New! 2005/09/29(木) 13:24:24 ID:OLuys3TU0

友達から初めて聞いたときすごく怖く感じた話。細かい点は忘れてしまったんだけど、まあ聞いてくれ。


A君とB君という二人の男の子が登山をしていた。しかし道に迷ってしまい、自分たちがどこを歩いているのか定かでないまま、夕暮れが迫ってきた。

困り果てていると、先の方に山小屋らしきものが見える。二人は喜んで小屋の明かりの方に走っていった。

中には一人の老人がいて、ふもとの町に行く道を教えてくれた。町まではそう遠くはなさそうなのだが、なぜか老人は二人に一晩泊まっていくよう熱心に勧める。

しかし一刻も早く山を下りたい二人は、その申し出を丁寧に断った。すると、老人はため息をついてこう言った。

「それならば仕方が無い。しかし、こんな夜にはミッチェル嬢が外を出歩いてなさるかもしれない。

もしあんたがたがミッチェル嬢を見かけても、大声を出したり、逃げ出したりしてはいけない。無視するのが一番じゃ。分かったな?」

二人は何のことか分からないまま老人に礼を言い、小屋を後にした。


町に続く道を歩いてしばらく、二人は辺りに人の気配を感じた。ミッチェル嬢か?と思い、恐る恐る振り返るも、人影はない。

ほっとため息をついて前を向くと、突然前方に人影らしきものが現れた。暗闇の中目を凝らして見てみれば、それはブラウスとスカートを身につけた女性である。

女性はニヤニヤと笑いながらこちらに歩いてくるが、近づいてくる彼女はのその頭は、なんと人の握りこぶしほどの大きさしかなかった。

「ぎゃああああああっ!!」

B君は恐怖のあまり老人の言葉を忘れ絶叫し、一目散に逃げ出した。するとミッチェル嬢は気味の悪い笑みを浮かべたまま、ものすごいスピードでB君を追いかけていった。

彼女の姿に腰を抜かし声さえ出せなかったA君は、ただ二人の姿が暗闇に消えるのを見ていることしかできなかった……

翌日、A君は何とか自力でふもとの町に着いた。だが、その後B君の姿を見たものはいないのである。


ミッチェル嬢の姿を想像するとぞっとするんだよね。


出典:http://toro.2ch.net/occult/
関連記事
1件の投稿・反響コメントを見る

┏みんなに広める┓
ぜひ反響をお寄せください↓投稿者さんのやる気が跳ねあがります
Loading...

コメント

[904]
日本にも似た感じのお話があるので、ミッチェル嬢の姿は、どんな感じかなぁと思いました。…が、予想に反したお姿で…。

風船が萎んだ感じなのかな?と想像しちゃいました。

でも、実際見たら腰抜かすかなぁ…

夜道は怖いですね。

今日は、たくさんお話あるから、眠れなくなるかな?でも嬉しい。

この記事に投稿


※天通の発信ポリシー

人気記事紹介    感謝アンテナ様【 P!アンテナ にゃんてな!
*おすすめタグ*

あなたに縁のある投稿
アクセスカウンター
天通イベント棚
★おすすめ本2選

★おすすめサイト2選
スピリチュアリズム 天門庵