優良記事紹介ヘッドライン    感謝アンテナ様【 にゃんてな!


【SS】買わない本/HN:いくゆみ

買わない本/HN:いくゆみ


とある有名な古本屋さんに私は来ていた。

欲しい本がある訳ではなく、ただただ本が読みたい時に安い本を買う。

面白そうな本を手に取りパラパラと最初の方だけを読む。

気になった本をカゴに入れていく。

4、5冊目の本を捲っていた時だった。

何が落ちた。

紙である。

本に挟まっていたようだった。

チラシか何かかな?

私は拾って挟み直した。

しかし紙は真っ白でチラシのようではなかった。

半分に折られていた紙が気になり開いてみる。

『はじめまして、あなたはどんな本が好きですか?』

そう書かれていた。

私は鞄に入っているペンを取りだし紙の余白に返事を書いた。

『何でも好きでよく読みます。雑食です。あなたは?』

別に返事を期待した訳ではなく、何となく書いてみただけだ。


紙を折り本に挟み本棚に戻す。

次の日にまた古本屋さんに行った。

本を探して紙を見る。

『ミステリーやホラーが好きです。たまに恋愛小説も読みます』

そう書いてあった。

『そうなんですか。オススメとかありますか?』

返事を書いた。

1日に1回のやり取り。

誰かも知らない人との繋がり。

自然と…いや不自然なのかもしれない。

相手の事は気にならなかった。

そんなある日、相手からの返事がなくなった。

飽きたのかもしれないし、相手に何かあったのかもしれない。

理由は分からなかった。

私は今でも、その本を買っていない。

また、いつか文通が始まるかもしれない。

そんな気がするのだ。

今日もまた古本屋さんに行って本を捲る。

『お久しぶりです。ちょっと病気で入院していました。まだ見てくれているでしょうか?』

独特の癖のある文字。

たった1週間返事がないだけで懐かしく感じた。

私は鞄からペンを取りだし、いつものように返事を書く。

別に返事を期待した訳ではない。

人と人の繋がりの不思議を感じつつ私は文字を残す。

『見てますよ!ご病気は大丈夫なんですか?』

そんな他愛もない返事。

私たちがお互いの事を知る事は一生ないだろう。

でも、こんな友情があってもよいのだ。

会話だけではく人には文字があるのだから…

文字だけの繋がりもまた、確かな繋がりなのだ。
関連記事
3件の投稿・反響コメントを見る

┏みんなに広める┓
ぜひ反響をお寄せください↓投稿者さんのやる気が跳ねあがります
Loading...

コメント

[5450]
「私たちがお互いの事を知る事は一生ないだろう」言い切っている辺りに、どうもこの話の核がありそうな気がするな…ひ…
[5449]
最後の一文がとても素敵。。。
[5442]
文通みたいだね♪ 安易に 返事を 描いたら… 案外 メモ(手紙)で 相手解らないが、何か ロマンス?感 有りかも(笑) もしかして 店主や アルバイト店員や 常連客方等 想像。 おそらく メモを本へ挟んだ人 は、 返事した人を 確認 できる メリット有り。 知りたく なったら 返事を 書いた人も 見張れば 相手 解るねぇ(笑)♪

この記事に投稿


※天通の発信ポリシー

人気記事紹介    感謝アンテナ様【 P!アンテナ にゃんてな!
*おすすめタグ*

あなたに縁のある投稿
アクセスカウンター
天通イベント棚
★おすすめ本2選

★おすすめサイト2選
スピリチュアリズム 天門庵