優良記事紹介ヘッドライン    感謝アンテナ様【 にゃんてな!


【怪異】盆の原野/HN:こげ

盆の原野/HN:こげ


十年以上も昔の話となる。
会社の先輩であるAさんと中学以来の友人Bと俺の三人で
盆休みを利用し、北海道旅行へと出掛けた。
車一台、バイク一台
たとえ、苦しい野郎だけであろうとも
たとえ、貧乏であろうとも
素晴らしい旅になると
胸をはずませていた訳だったのだが…
上陸以来、立て続けに起こる怪異に戦慄した俺達は
畏怖の意味を込めて『北海道』を『北怪道』と呼ぶようになっていた。




屈斜路湖目指してサロマ湖畔を出発した俺達、
サロマ湖の南岸沿いに網走へ向かっていたはずだったのだが…
気が付けば昨日、湧別へ向かう途中に通った遠軽にいた。
そして、後ろからバイクでついてきてる筈のAさんがいない。
Bに運転を任せて俺は助手席で寝てたから気付かなかった。

「美幌峠の展望台を待ち合わせ場所に設定してるから、まぁ大丈夫だろう」

「このまま南下して安国で国道333号線に乗れば美幌町へ行けるぞ」

「網走経由とそれほど距離も変わらないか…こっちは山道だが、それで行こう」

燃料も補給したばかりだから余裕もあった。
それから、北海道へ来て…俺達の距離感覚はおかしくなっていた。
2、30kmならほんのちょっと…
本州であれば100Kmなんて地平線の彼方なのだが、
北海道は1時間もかからずに行けてしまう。
道幅も広く本州の二車線分くらいあり、
急カーブ注意の標識があってもほとんど減速する必要がない。
最初は本土の峠道と同じ感覚でコーナーを進入する手前で減速し、
ヘアピンに備えたのだが…ゆるいゆるい。
進入で速度オーバーのミスを犯しても、路肩も広く確保されているので
難なくコーナーを脱出する事ができた。
逆に、信号が少なく長い直線の道を走っている方が疲れるし、眠くなってヤバい。
思ってた以上にBと運転の交代は頻繁に行う。


緑濃い原野が広がる中を貫く遠軽国道…
ハンドルを握るのは俺…時速120km/hでパジェロをすっ飛ばす。
狭まる視界…国道333号線を走る目の端におかしなものが見え始めた。
左右の道路脇…木立の間に…人がいる…
猛スピードで通り過ぎていく木々の間に…ずっと…人が…
毛髪は薄いのか剃っているのか…見えない…坊主頭…
服は着ていない…下半身に下着だろうか…頼りない一枚のみ…
紙の様に白い肌…背丈はバラバラだが…全員がガリガリに痩せ細っている。

「B…道路の両脇な…木と木の間に上半身裸の男がずっといるのだが…見えるか?」

寝てたのか…膝の上に開いていた地図をたたみ、
欠伸ひとつして右手で目を擦り、助手席側の窓から原生林へ目をやる。
おや?返事がない…

「闇黒舞踏みたいな連中が道路脇にずらっと並んでるだろ?」

「…木…人…木…人…木…休む…休みたい…休ませてくれ?」

「B…どうした?」

「いる…ずっとこっちを睨んでる…なんでこんな山の中に…人がいるんだ?
 そいつらの顔が…なんかそう言ってるような…」

生きている人間で無い事は確かだ。
正面から近づいてくるまでは見えない…のだが…ほぼ、真横になると…いる…
俺には一人一人の表情までは確認できない…
以前、第二次世界大戦でナチスがユダヤ人に行った虐殺…
ダッハウ強制収容所の写真を見たことがある…
堆く積まれた…何の罪もなく殺されたユダヤ人の死体…
収容棟の中で食事も水も殆ど与えられず、蔓延するチフスと餓えによって迎えた死…
壮絶…
あの感じにとても似ている…

「まるで…古事記にある…人が死んだら行くって言う…
 根の堅州国の途中にある…黄泉比良坂の有様だ…」

「俺の目には全員…男…男しかいないと思うのだが…」

「確かに男だけだ…女は一人もいないみたいだ。
 酷い怪我をしているのもいれば…なんだ?身体が腫れあがってるのもいるし
 肩から上が無い奴もいる…銃創を負ったみたいなのもいるな…」

「顔からしてアイヌとはとても思えない…シサム…どうみても本土の人間だな…」

「戊辰戦争で賊軍になった藩の人間が開拓団として送り込まれた話は
 聞いたことがあるけど…一体…なんなんだこいつら?」

奴等は美幌町へ行く間…
ずっと木の間から俺達を睨み続けていた。




美幌峠の展望台でAさんと再開することが出来た。
予定通り、網走経由で来たらしい。
それで、俺たちが遠軽国道で見た怪異のことを言うと…

「俺も途中の踏み切りで変なの見たぞ。
 遮断機が下りて電車が通り過ぎるのを待っていたのだが…
 線路の中にな目鼻立ちも分からん真っ黒な人影みたいなのが立ってたんだ。
 藤城清治の影絵を知ってるか?
 警報機が鳴る中…
 ざんばらの長い黒髪で赤黒い振袖みたいなのを着てて…女だって…
 でもな、それがよく見たらだらんと垂れ下がった皮膚で…
 電車が来て、そいつを躊躇無く轢いてった。
 通り過ぎた後には何にも残ってなかったな」

どのルートを使っても怪異から逃げられないんだ…
俺達…




(了)


2014年11月01日(土) 13:22
こげ ◆.s16F9bY
※天通の投稿広場より掲載
関連記事
6件の投稿・反響コメントを見る

┏みんなに広める┓
ぜひ反響をお寄せください↓投稿者さんのやる気が跳ねあがります
Loading...

コメント

[5015] 感想ありがとうございました♪
>紫姫様
 ほとんど毎日、毎晩と怪異に遭遇すると思います♪帰りのフェリーまでw
 カムイワッカのお話がどういう構成、まとめ方をした方が良いかわからなくて…
 ちょっと間が空いてしまうかもしれません。
 カムイワッカで風呂敷を広げて開陽台でまとめる二話形式になるかもな…
 廃農場とサロマ湖はふたつのお話をひとつにしましたが…
 紫姫様はじめ皆様の嬉しいコメントをいただけることがお話を続けられる原動力です♪
 ありがとうございました♪

>0.血苺様
 サロマ湖とこのお話は同時進行で書いてました。その後の屈斜路湖のお話は以前書いた
 ものの手直し…ほぼ全面変更ですが、それほど間隔がなく登校させていただきます。
 フェリーー美瑛町 美瑛町ー羅臼町 羅臼町ー根室市 根室市ー帰りのフェリーの
 四部構成に区切って考えてます。
 全部のお話を一本線で考えると頭がおかしくなっちゃうのでw
 いつも 嬉しくなっちゃうお言葉をありがとうございます♪

>∇+ ̄)なべっち様
 大分から北海道にですか!?すごいです!
 私は父の仕事関係上…中学生まで日本中を転々としてました。それからはずっと関東です。
 外人墓地怖いですね(T_T)きっと北海道在住だったら行きましたね私達w
 このお話を書いていてネットや本で調べると…アイヌや戊辰戦争はもちろんなのですが…
 鎖塚を始め…明治時代に囚人を使って北海道のライフラインを作ったお話がたくさん出て
 きました。紋別トンネルの壁から白骨が出てきたり…その名残は…
 コメントありがとうございました♪元気でます♪
[4987] (´・ω・)イイな・・・
なべっちもこの3人の旅に加わりたい
 ̄O ̄)ノ

大学を卒業して約10年…第2の故郷北海道に帰りたい。

(-゜3゜)ノ



因みに地元大分だったりする
-ω-`)



それと網走の外人墓地はマジでヤバいらしいですぞ。一学年上の先輩が新一年生の時に行った時の事を聞いたのですが…
▽ ̄;)



入り口までが限界だったそうで…何でも墓地内に入ろうとしたら気温が一気に2℃位下がった様に感じ、全身鳥肌が総立ちになったとの事。
;゜Д゜)⊇



本能的に危険を察知するとは正にこの事と語っていました
゜д゜)ノ


それを聞いて在学中、一度も行けなかったのですが・・今となっては無理してでも行けるとこまで行っていればと後悔してます
(_´Д`)ノ~~
[4961]
わあ♥︎もう新しい話が…
並んで俺くんたちを見つめる、不気味な人外の様子が目に浮かぶようです。
しかも、まだ明るいうちの出来事なんですよね…
彼らが北海道に着いた時から、ナニモノかに魅入られてしまった気がしますね。

ともあれ、旅はまだまだ続くようで嬉しい!北怪道が広大で良かった^^


ところで、最初にコメされている七不思議さんは、おそらく私の愚作にも感想を下さった方だと思うんですけど、書いた本人以上に内容を読み込んでいただいていて、本当に私は嬉しかったんです。
天通の(名も無い)功労者だと思います。いつもありがとうございます!

…こげさんの作品の感想欄なのに失礼しましたm(__)m
[4959]
今回は、3人共に 奇怪な 人達に 遭遇したらしいね。 おそらく この 北怪道の旅が、終わる迄 奇怪な事が、起こり 続けるんでしょうか? 端から 見る 我々 こげさんの ファンは、 益々 続きを 早く知りたくて たまりません。(^O^)/
[4958] 感想いただきありがとうございます♪
>4955天通の七不思議様
はじめまして♪
このお話のカテゴリは小説なのか体験談なのか、お話の構成や長さに方向性、
お話の肝…主と客はどこに置いてあるのかということですね♪
貴重な御意見をいただきありがとうございます♪


あ…むさ苦しいの…むさが抜けてました(T_T;)苦しい野郎だけにw
[4955]
こげさんの北海道話はさあ、アニメにすると面白そうなんだけど三人のキャラ立ちがいまいちなんだよね。貧乏旅行するくらいの仲良し三人組なんだし、そろそろ会話だけで誰か判るって感じが出てきてもいいと思うよ。それにはAとかBとかよりも呼び名考えた方がいいと思うんけどね。こんな意見も削除すか?

この記事に投稿


※天通の発信ポリシー

人気記事紹介    感謝アンテナ様【 P!アンテナ にゃんてな!
*おすすめタグ*

あなたに縁のある投稿
アクセスカウンター
天通イベント棚
★おすすめ本2選

★おすすめサイト2選
スピリチュアリズム 天門庵