優良記事紹介ヘッドライン    感謝アンテナ様【 にゃんてな!


【心温まる霊】地震から守ってくれた猫

地震から守ってくれた猫


723 :本当にあった怖い名無し:2011/03/14(月) 19:18:00.48 ID:IFTVz9Az0

地震があったとき少し不思議な体験をしました。

インフルエンザで寝てて家には私一人と猫3匹だけでした。

普段寝てばかりのおばあちゃん猫が、しつこく血が出るくらい手を噛むので、隣の部屋まで追いかけてどうしたのと言ったら、

おばあちゃん猫が猛獣みたいな犬みたいな鳴き声で鳴き、他の2匹の子猫が様子を見に私の足元に来た瞬間、地震の揺れが起きました。

震度6の地域で私の部屋は机が倒れPCとかが散乱し、鏡とガラスが割れて大変な事になってましたが、隣の何も置いてない部屋に居た為、無事でした。


【心温まる霊】地震から守ってくれた猫の続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】直してくれてありがとう

直してくれてありがとう


572 本当にあった怖い名無し 2007/11/05(月) 02:25:08 ID:cMpF+RGB0

いい話かどうか微妙で長いけどちょっとだけ吐き出させて(´・ω・`)

病気だから変なものが見えるようになったのか
変なものが見えるから病気になったのか
どっちか分からないけど何か幽霊っぽいものが見える。

昔から妙なものを見ることはあったけど誰かに言ったりすることはなかった。
言ってもハァ?という顔をされるし常に見えてるわけでもないし……

見ても見えなかったことにして特に気にしてなかったが
それが高校くらいから段々よく見えるようになってきた。

例えば、友達と話してても後の方にいる妙な人の方が気になってまともな会話続行不能
授業中だるくて居眠りしてて何気なく窓の外を見たらグロいのがいて目が合って悲鳴……などなど。
そんなこんなで鬱気味になり、見える頻度も上がり、幻覚かどうか分からなくなってしまった。

一応大学に進学したけど鬱も悪化して通える状況じゃなくなってしまった。
幽霊だろうが幻覚だろうが生きてる人間だろうが、もう何とも関わりたくない状態。

それから2年くらいは自殺未遂やらなんやら色々やらかしたが
諦めの境地に入ってしまったらしく、一応は安定した。かなり底辺での安定だけど。

多分3月頃だったと思う。気が付いたら部屋に誰か居座ってた。
見えてるけどどうでもいいし、部屋にいてもどうでもいいと思ってたけど
流石にドア付近にずっと居座られてると邪魔くさい。

「何でそんなとこにいるんだよ……」とつぶやいたら
今まで微動だにしなかったそいつがいきなり顔を上げて
「直してくれてありがとう」と言った。そして消えた。


【心温まる霊】直してくれてありがとうの続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】マヨラーの父と話した

マヨラーの父と話した


444 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 02:19:39 ID:gRFPTt4v0

今まで誰に言っても信じてもらえなかった話だけど、俺は同い年(当時27歳)の親父と話をしたことがある。

親父は俺が4歳の時に死んだけど。

俺が東京から実家に帰る途中の田舎の駅で乗り継ぎを待ってると、隣に座る同い年ぐらいの作業服を着た青年。

誰もいない夜の駅で気持ち悪かったのもあって、くだらないことを話した。

お互い『マヨラー』で、意気投合した。同い年だった。

「俺は病気なのに子供作って大変なんだ」とも言ってた。

色んなことを話し、俺の仕事を言うとニヤっとして、「すごいなぁ……」と嬉しそうに言ってた。

そして「そうか……良かった。立派な大人なんだな○○も」と、言ってなかった俺の名前。

「何で知ってんだ?」と聞くと、

「忘れるもんか。俺がつけた名前だ。俺の名前は○○。お前の親父だよ」と言って、電車が来るのと同時に消えた。


【心温まる霊】マヨラーの父と話したの続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】小さな弟 コウ

小さな弟 コウ


468 本当にあった怖い名無し 2007/04/26(木) 00:11:46 ID:E3FbFFxo0

昔、数ヶ月ほど男の子の霊に憑かれてた。

別に何をされるわけでもなく「ああ、いるな…」って感じる程度だった。
奇妙な同居人が出来たと思うことにした。

そのうち会話ができるようになってきた。
そいつは自分の事を「コウ」って言っていた。
幽霊とはわかっていても話し相手がいるのはいいもんだなと思った。

そんなある日に夢を見た。何もない場所に俺は立っていた。

「お兄ちゃん」
「…よぉ」

全く怖くもなかった、だけど何故か悲しかった。

コウは俺に抱きついて泣きだした。

「ありがとう…お兄ちゃん…ありがとう…」
「ばか、泣くな」
「僕…ずっと見てるよ…お兄ちゃんのこと…ずっと…」
「… ああ」

俺は泣きじゃくるコウの頭を撫でていた。

気がつくといつもの俺の部屋だった。
「コウ…成仏したのか?」
情けない事だが、ポロポロ泣いた。


【心温まる霊】小さな弟 コウの続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】再婚した息子の絵

再婚した息子の絵


477 本当にあった怖い名無し 2009/07/01(水) 06:02:18 ID:sMyWB6meO

友人が結婚して、妊娠してすぐに旦那さんが亡くなってしまった。

友人はかなり塞ぎ込んでしまい、精神的な負担が原因か、赤ちゃんも流れてしまった。

立ち直るまでにかなり時間がかかったけど何とか元気を取り戻し、その間ずっと支えてた、私と共通の男友達と再婚した。

その息子が今年三歳になったのだが、幼稚園で家族の絵を描いた時、お母さん、お父さん、自分の横に、もう一人お父さんとお姉ちゃんの計五人を描いてきた。

友人は亡くなった旦那さんの事なんて息子に話した事も無いし、勿論前に妊娠した赤ちゃんの事も息子は知らないはず。

それなのにそんな絵を描いてきた息子は、更に

「××君にはお父さんが二人いるんだよ」「小さいとき、お姉ちゃんが遊んでくれたんだ」

という話までしたらしい。


【心温まる霊】再婚した息子の絵の続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】自殺する前に墓参りを

自殺する前に墓参りを


635 本当にあった怖い名無し 2006/06/20(火) 01:23:47 ID:VsxEmQxa0

やることなすことすべて裏目に出て大事にしてたものをすべて失った。
荒れている状態が2年程続いて、いよいよ生きる気力を無くし始めた。

明日死のう、と思い立ち、墓参りに出かけた。
数日後には自分がここに入るのだから、と、死ぬ前の挨拶を兼ねて墓を綺麗に掃除した。

その晩、不思議な夢を見た。
亡くなった祖母が私に赤子を手渡す夢だった。

目元が私に似た女の子で直感的に自分の子供だと思った。

植物の早送り再生を見るようにその子は見る間に大きくなっていった。
お尻歩きを覚え、ハイハイを覚え、言葉を覚えた。

猛烈に愛しいと思い、咄嗟に名前を呼んで抱きしめた。
呼んだ名前は私が絶対つけないような名前だった。

2歳くらいまでの成長を見たところで目が覚めた。

私はその夢で死ぬ気を亡くした。
もし未来にその子が生まれてくるのなら生きたいと思った。

それからしばらくしてとても優しい男性と知り合った。
数年交際した後に結婚、子供が出来た。

検査の時に医師から「男の子です」と言われていた。
生まれてきたのは目元が私そっくりの女の子だった。


【心温まる霊】自殺する前に墓参りをの続きを読む
5件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】子猫のチーと娘の出産

子猫のチーと娘の出産


243 本当にあった怖い名無し 05/03/05 15:50:57 ID:o04EkY3G0

私は、不妊治療を受けてきましたが、精神的にも疲れ果て、子供をあきらめることにしました。

そんなある日、主人が子猫を拾ってきました。私たちは、その猫にチーと名づけ、本当の子供のように可愛がりました。

その子猫は、交通事故で親猫を亡くした子猫で、道路わきで冷たくなった親猫に寄り添って鳴いているのを、主人が見かねて拾ってきたものです。

その一月後。夫婦に待望の妊娠。私たちは、チーがつれてきてくれたと、手を取り合って喜びました。

しかし、出産予定日を過ぎても、出産の気配がありません。高齢出産ということもあり、不安になる日々。

このままでは、薬を使って出産を促すか、帝王切開か、ということになりました。

私が疲れて横になっていると、チーが擦り寄ってきて、大きくなったお腹に、コツンと鼻をぶつけました。

「チー、遊んであげなくてごめんね。でも、赤ちゃんが生まれたら、チーも赤ちゃんと一緒に遊んでね」

私が話し掛けると、チーはうなづくように鳴き、また鼻を押し付けてきました。

あまりにも執拗に繰り返すので、主人が不審がり、チーを別の部屋に連れて行きました。チーは、激しく泣いています。

そのとき、突然激しい痛みが襲い掛かりました。陣痛です。

私たちの子供は無事に、この世に生まれてきました。

しかし、先日、2歳になった娘が、鏡に映る痣を指差して一言。

「これ、チーが押した。チーが、出ろってゆった」


【心温まる霊】子猫のチーと娘の出産の続きを読む
2件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】ぎゅうぎゅういたいって

ぎゅうぎゅういたいって


67 :名無しの心子知らず:2007/03/09(金) 16:08:27 ID:oVt2q722

臨月の友人に偶然会った時、子供(2歳半男児)が友人のお腹を見ながら

「ママ、赤ちゃんね、ここが(自分の首を掴みながら) ぎゅうぎゅういたいいたいっていってるよ」

と泣きそうな顔で心配そうに一言。

思わず顔を見合わせる私と友人。不吉な事言うなよ~と焦った私は、

「赤ちゃんは元気だよ、大丈夫だから泣かないで」

と子供に言いつつ友人をフォローし、帰宅しました。

友人は、何気ない一言がやはり気になったらしく、その帰りに病院に寄ったそうです。そしてそのまま緊急帝王切開。

赤ちゃんの首に臍の緒が二重に絡んでいて新生児仮死状態だったそうです。

幸い、すぐに処置出来た為、赤ちゃんに後遺症等は一切ありませんでした。

子供の一言がなかったらと、友人はとても感謝してくれましたが…

友人にも判らなかった事が何故子供には見えた(聞こえた)のだろう…



【心温まる霊】ぎゅうぎゅういたいっての続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】コーヒーが好きだった弟

コーヒーが好きだった弟


425 本当にあった怖い名無し 2007/09/17(月) 19:55:10 ID:kD3TaxxQ0

数年前、従弟が高速のSAで亡くなった。
若いからと言って無茶な働き方をし、ある晩仮眠をとったまま帰らぬ人となった。

で、その兄の話。ややこしいから一人称「私」。


ちょうど、先月のお盆の頃。私は仕事でたまたま弟の亡くなったSAを通り掛かった。
時間には余裕があったので、店に立ち寄ると弟の好きだったコーヒーを2本買い求め、運転席と助手席のホルダーに入れると先を急いだ。

しばらく進むと、突然の通り雨に見舞われた。雨足は強く、ワイパーを最速にしても前が見づらい。
危ないな~、と思っていた矢先、追突された。

相手側はかなりのスピードだったらしく私の車は派手にスピンした。
スピン中、体勢を立て直そうとしたが、どうやらハイドロプレーニングしたらしくハンドルがきかない。

あわや対向車線に飛びだしかけた時、突然車がスピンを止めた。
今までの回転速度を考えると物理的にあり得ない。呆然と手元を見下ろすと、

ハンドルから手が生えていた。
ブレーキを踏む私の足に、手がからみついていた。

驚きのあまり瞬きしたら、それらの手は消えていた。
そのかわり、肩を「ぽん」と何者かが叩いた。

おそらく、亡くなった弟だろう。
証拠に、車内からはコーヒーが1本、きれいさっぱり消えていた。



【心温まる霊】コーヒーが好きだった弟の続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】縁結びの神様

縁結びの神様


869 :本当にあった怖い名無し:2013/04/13(土) 22:49:44.69 ID:2ZQRvptJ0

5~6年前、出張で松江に行ったときのこと。

昔からブルートレインに乗ってみたいと思っていたので東京駅から夜行列車に乗った。
乗ったのはB寝台車で他の客とカーテンだけで区切るというもの。

隣や上段にどんな人が来るのか少し興味があった。来たのは隣だけで、おじいさんだった。
軽く挨拶をかわし、ベッドメイクをしたり本を読んだりお互い自分の時間を過ごす。

夜11時頃フリースペースと呼ばれる車両へ移った。元々は食堂車だったけど今は営業していない。
適当に席に座ろうと思ったらあのおじいさんもここに来ていた。目が合ったのでおじいさんのいる席に座った。

おじいさんはこの食堂が営業している頃からすでに常連のようで、昔話を聞かせてくれた。
新しく出来た寝台列車も気に入ったけど、この列車の方が愛着があるのだと。

日付が変わりそろそろ寝ましょうということになりベッドに戻る。

翌日松江に到着し、降りる前に終点まで乗るおじいさんに一言お礼を言うと、「こんなもんしないが…」とアメをくれた。

昼食を食べた後にアメを舐めた。アメは和紙に包まれて、アメ自体はカラフルで綺麗だった。
でも味が全くしなかった。

仕事が終わり再び夜行列車で東京へ戻る。この日は自分の隣にすでにお客さんが乗っていた。
同年代くらいの若い女性で、軽く会釈をかわす。まさか若い女性が乗るとは思っていなかったので少し緊張。

今回もまたフリースペースへ行き、駅で買った駅弁を食べつつ本を読む。
しばらく経ってから自分のベッドへ戻ると女性が自分と同じ本を読んでいた。

思わず一緒の本ですね。なんて声をかけてしまったが、女性も偶然の一致に驚いていた。
せっかくなので少しお話をしてみると女性は出雲へ旅行で来たようで、メインは出雲大社。

お互い波長が合うようで連絡先も交換した。


【心温まる霊】縁結びの神様の続きを読む
2件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】浅草人力車

浅草人力車


この話しは、俺が20年位前に体験した実話だ。

俺は当時、浅草で人力車を引いていた。

しかし、元々ここら辺が地元ではなかったので、浅草の地理には疎かった。
それでも親方からは、仕事をしながら覚えていけば良いと言われ、乗りと勢いで人力車を走らせた。
今思うと、かなり適当な車夫だったと思う。

そんな俺が車夫を始めて一週間程経った頃の事だ。

その日、50歳位の酔ったオッサンを乗せた。
オッサンは元々は浅草が地元だったそうだ。今は遠くに住んでおり、浅草は随分久しぶりだと話していた。

俺はオッサンの指示に従いながら浅草近辺を人力車で走った。
オッサンは浅草を随分と懐かしがっていたが、同時に昔と比べ、様変わりしてしまった浅草を寂しく思っているようでもあった。

俺の記憶違いで無ければ花川戸の辺りを走っていた時だったと思う。
突然霧が出てきたんだ。

季節は6月の下旬でその日は雨上がりだった。霧は進めば進む程に濃霧となっていった。
それは有り得ない程の濃霧となった。1メートル先も見通しが利かない程の濃霧だ。浅草でこのような事は異常だ。

異常なのはそれだけでは無かった。空の景色がもっと異常だった。
空が赤と紫の混じった異様な色となっていった。しかも赤と紫が混じり合いながら巨大な渦を巻き始めていた。

まるで天変地異が起こったかと思わせる景観であった。

俺とオッサンはビビった。それでも人力車を走らせた。
すると、段々と霧が薄くなっていった。前方もだいぶ見通しが利くようになって俺は驚いた。

さっきまでマンションなど沢山あったのに、突然、平屋の家ばかりが建ち並ぶ景観となっていた。
しかも、先程までは舗装された道路を走っていたのに、今走っているのは、土埃が舞う未舗装の道となっていた。

更に見渡すと、建ち並ぶ平屋が有り得ない程ボロいのに気付いた。全て木造の家。
まるで、明日のジョーに出て来るドヤ街みたいな感じ。しかも、あれ程沢山目に付いた自動販売機がひとつも見当たらない。


【心温まる霊】浅草人力車の続きを読む
2件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】護ってくれる小人さんたち

護ってくれる小人さんたち


名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/10/21 02:28

私がまだ幼稚園の頃の話だから、そうリアルに覚えているわけではないのだけど、母から聞いた話と私の朧げな記憶の思い出でも語りましょう。

今の私は何でも食えて徹夜も2晩ならなんとか、というくらい健康に恵まれてますが、生まれた時は未熟児、しかも風邪ひいては死にかけるというそれはもう手のかかるガキでした。

ある日母が眠っていると何やら押し入れの箪笥のほうからぞろぞろ小人がでてきて、やたら母の髪の毛をひっぱるので目が覚めた。

寝ぼけてるか育児疲れの幻覚か?と思ったらしいが、その小人さんのひとりが

「あかちゃん、息してない……」

と言うものだから隣りで寝ている私のところまでいったら、私が泡ふいて紫になってたのだと。

あわてて人工呼吸して親父叩き起こして救急車。その時の医師が

「もし人工呼吸が遅かったらこの子は死んでました。よくても脳死、ほんと十数秒の差だったんですよ!」と言ってたとか。

母は元々信心深い家から嫁いできたので、嫁ぎ先の仏壇があんまり手入れされていないので奇麗にしてお供えして毎日心経を唱えていた。

その仏壇が家の間取りの事情から押し入れにあったのだが、彼女は押し入れの小人さんたちが実は先祖の化身ではないかと思い、感謝をしたのだと。

その後で私も物心つき、母からかくかくしかじかで「お前は小人さんに助けてもらったんだから、朝だけでも挨拶すること」ということで、一緒にまんまいちゃん、あん。



【心温まる霊】護ってくれる小人さんたちの続きを読む
2件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】空き地とさようなら

空き地とさようなら


16 本当にあった怖い名無し 2006/09/04(月) 06:51:43 ID:s30LVPif0

今から20年前の話。

近所にわりと大き目の空き地があって、そうドラえもんでのび太達が野球やっているような感じのところなんだけど

放課後や夏休みはしょっちゅう集まってサッカーやら野球やらやってた。

夏休みの終わり頃、いつものように遊んでて、夕暮れ時、いつもは誰かしら友達と帰るのに、なぜかその時だけは一人きりで取り残されてしまった。

心細くなって帰ろうとした時に後ろから

「さようなら」

って小さな女の子っぽい声が確かに聞こえた。

振り向いても誰もいなかったけど特に気にもせずにその日は帰宅した。


【心温まる霊】空き地とさようならの続きを読む
3件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】守護霊?に背中を押された

守護霊?に背中を押された


25 名前: sage 04/03/07 00:50

背中を押されたことが、あるんです。しかも2度。

私の母は霊感が強くて、小さいころからそういう話を聞いて育ちました。
彼女いわく、人にはみな守護霊みたいのがついてるそうです。

私にはいい霊がついているからきっと幸せになれるよ、と。実は今でもたまに言いますw
そんなわけで私には小さいころから「何かに守られてる感」というのがあって、ラッキーに出くわすと「あ、ありがとっ」と「彼ら」へつぶやく変なクセがあったものです。

あー、なんか話が長引きそうなんで2回目に押された体験を話しますね。
1回目ははしょりますが、簡単に言うと「不良にちょっかい出されたところを助けられた話」です。

さてそのころは中二の秋頃で、私は学習塾に通ってました。九州で英進館といえばスパルタ教育で有名なところで、親に勝手に手続きされてイヤイヤ行かされてました。
もういやだ!絶対行かない!って親に抗議してじゃあせめて今月いっぱい頑張りさい、ということになりました。

その日は遅刻しそうでした。次の電車に遅れたら確実に遅刻、走ればなんとか間に合うかも、というくらいの。
どうせやめるし、なんだか急にめんどくさくなって「やーめたっ」とつぶやいたその時。

とんっ、て押されたんですよ、背中を。やさしく、軽やかに。
以前押された時(2,3ヶ月前)は何がなんだか分からなかったけど今回ははっきり分かった。


【心温まる霊】守護霊?に背中を押されたの続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】仏のようなコーチ

仏のようなコーチ


860 本当にあった怖い名無し 2011/04/08(金) 02:02:08.79 ID:Z5XwJhFK0

もう五年ほど前になります……

高校時代、僕はバスケ部で鬼のような顧問と仏のようなコーチがいました(二人とも全国経験者の優秀な選手だったらしい)。

コーチには色々と相談しました。そしたらいつも中華料理屋に連れてかれて話を聞いてくれました。

10月になって最後の大会が近付いてきました……部員のモチベーションも上がって指導にも熱が入ってました。

そして大会の9日前……コーチは急死しました。(大動脈解離だったそうです)

「最後の試合になるかもしれない、少しでもこのメンバーでバスケができるように全員で全国に行こう」

そう言った矢先でした。

葬儀には行かなかった……コーチの死を認めたくなかった。目の前に大会が迫ってた。でも頑張れなかった……

大会の結果は散々でした。普段なら難なく撃破できる相手でした。

大会の後、コーチの墓に部員全員で報告に行きました。正直、どんな顔してコーチに報告すればいいのかわかりませんでした。


【心温まる霊】仏のようなコーチの続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】にゃーこと兄

にゃーこと兄


712 名前: 1/3 2006/07/03(月) 06:00:38 ID:Palwd3xZ0

父が再婚した年の冬、家計を助けるため新聞配達をしていた中学生の兄が猫を拾ってきた。
寒い中に1匹だけ道路脇に捨てられていたというその子猫は息も絶え絶えで、自力でミルクを飲む力さえ無くなっていた。

当時貧乏だった私の家ではペットを飼う余裕なんて無かったのもあるのだろう
継母は顔を少し顰めて、兄に猫を捨ててくるように言った。

「俺が面倒見るから!」

温厚だった兄が大声を出すのをわたしはその時初めて聞いた。
その剣幕に押されたのか、自分で世話をするならと継母はしぶしぶ了解した。

わたしは猫が飼えるんだと嬉しくなりこう言った。

「にゃーさんの名前はにゃーこがいいなあ」

兄は困ったような泣いたような笑顔を浮かべると、わたしの頭をくしゃっ、と撫でた。
今思うと兄は、その子猫が助からないことをうすうす感じ取っていたのだろう、結局子猫を飼う事はなかった。

子供心に納得のいかなかったわたしは、事あるごとに「にゃーさんを飼いたい」と、兄を困らせた。
そんなわたしに兄は画用紙にわたしと猫の絵を描いてくれた。

わたしのために精一杯描いてくれたであろうその絵を、絵で誤魔化されたと、バカなわたしは
ろくすっぽ見ずにくしゃくしゃに丸めて捨てた。

「ごめんな」

涙を貯めて立ち尽くしているわたしの頭に手を置いて、申し訳なさそうにくしゃっとしてくれた兄。

兄は早朝の新聞配達に出かけたまま戻ってこなかった。
配達を急いでいたらしく、いつもは使わない車道を横切った時に車に轢かれたらしい。

兄の机の上のわたしが捨ててしまった絵と、新しく描きなおそうとしていたのだろう
描きかけのままの絵を見て、兄が急いでいた訳を知り、泣いた。


【心温まる霊】にゃーこと兄の続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】洋服ダンスから腕が出てる

洋服ダンスから腕が出てる


664 本当にあった怖い名無し 2006/01/02(月) 07:37:24 ID:FkUdsw8Q0

31日にふと見ると、洋服ダンスから腕が出てる。
普段は見えません。何が目的なのか尋ねますが、何も感じない。

それから初詣に行き、神棚に新しいお札を飾って、洋服ダンスを確認。
いなくなってたのを感じ、安心してもう一度なんなのかを確認しました。

分かるのは、女性のスラッとした右腕が「やぁ!」と。

……そうだ友人のあいつだよ。あいつの腕だよ……

分かった途端に、後光背負いながら笑顔が浮んできやがった。

成仏しているらしいけど、「気が付いてくれるしー」とイタズラかまして笑ってる。
話かけてくれ!話しかけてくれたら、一発で分かるっつーに!
そう、コイツだけは見えて、いつも後から分かるんだ……orz

今日か明日が命日だと気が付いて、しんみりしながら生きてることを噛み締めてみた。
今夜はあいつが欲しがるコーラを買って、自分も飲もうかな。


【心温まる霊】洋服ダンスから腕が出てるの続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】命日を伝えてくれるハムスター

命日を伝えてくれるハムスター


715 名前:本当にあった怖い名無し:2007/05/23(水) 00:41:43 ID:KHGkN2iD0

この前、私の夢に3日連続で生前溺愛していたハムスターが出てきた。

1日目はハムスターが死んじゃった時の夢で、悲しくて仕方なくて目が覚めた。
2~3日目は元気な時のハムスターの夢。

ハムの命日でもないし「なんだろう?」と、2日目あたりからずっと疑問だった。

ちょうどその頃の私は、体調を崩して病院にも行っていたから、心配して出てきてくれたのかな?と思い、写真に向かって
「ありがとね」とお礼を言ったけど、3日目も出てきてたんで違うんだと思った。

そして気づいた。ハムが夢に出てきた日(1日目)は父方のおばあちゃんの命日だった。
具合が悪くて寝ていたり、親に病院に連れて行ってもらってたりしてたから、今回だけはすっかり忘れてしまっていた。

よく考えると、身内の故人でうちのハムを触った(知っている)ことのある人はおばあちゃんだけ。
おばあちゃんが亡くなる半年くらい前にうちに来た時に、ハムスターを抱かせてあげたら「かわいいねぇ」と笑顔で言っていた。

それと、おばあちゃんの葬儀の時に家から遠い葬儀場に親族だけ泊まり込むことになり、家を空けるので葬儀社の人に頼み込んで
ハムスターのケージをダンボールに入れて、斎場の隣の宿泊スペースに置かせてもらった。

葬儀社の人も物珍しそうにハムスターを見に来て、「小さくてかわいいですね~」と誉めてくださったので
「おばあちゃんにも可愛がってもらってたんですよ」と言うと、「じゃあハムちゃんもおばあちゃんのお葬式に出席するんですね(笑)」と話していた。

きっと家族全員がおばあちゃんの命日を忘れてしまっていたから、夢に出てきたんだと思う。
それも、悲しみを伝えるために死んだ形で。


【心温まる霊】命日を伝えてくれるハムスターの続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】間に合った友人の電話

間に合った友人の電話


68 本当にあった怖い名無し 04/12/16 19:02:46 ID:X+G1fWCS

もう10年以上昔の話。

その日、私は友人と会う約束していて、家を出て玄関の鍵を締めたところでした。

歩き出そうとすると家の中から電話のベルの音が聞こえてきて、間の悪い電話だなあと思いながらも鍵を開けて電話に出ると

「良かった!間に合った……危なかったね」

と会う約束をしていた友人の声。

それだけ言うと電話は切れてしまいました。

訳のわからない電話に“なんだったんだろう?”と思いながらも

再度鍵をかけて自分の車の止めてある駐車場に向かうと、私の車がぐしゃぐしゃに潰れていました。

たった今、トラックが突っ込んできたというのです。

もし電話に出ないで車に乗っていたら……ゾッとしました。


ただ不思議なのは、なぜ友人があの電話をかけてきたのか?

当然友人に聞いてみたのですが、友人はそんな電話はしていないというのです。


【心温まる霊】間に合った友人の電話の続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】二番目に飼った猫の夢

二番目に飼った猫の夢


235: 自治スレでローカルルール他を議論中 2010/10/18(月) 12:07:54 ID:PnjyXciBO

オカルトな話ですが、私が二番目に飼った猫が、老衰で亡くなりました。
正確には家で飼ってた猫です。子供の頃でした。

初めて飼った猫は、猫らしく、亡くなる前に裏の草むらに隠れたのですが
二番目に飼った猫は、最後を看取ってあげることが出来ました。

大人になってから、その猫が数メートル先を歩いてる夢を何度も見ました。
背景は黒かったけど、暗闇を表してるかは、分かりません。

ある日、その猫が場所を構えて眠りました。
ハッと飛び起きて玄関を開けると、凍えていたのが今の猫です。

生まれ変わったという考え方もあるかもしれないけど
なんとなく違う気がします。猫が教えてくれたのかなと思います。


【心温まる霊】二番目に飼った猫の夢の続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

人気記事紹介    感謝アンテナ様【 P!アンテナ にゃんてな!
*おすすめタグ*

あなたに縁のある投稿
アクセスカウンター
天通イベント棚
★おすすめ本2選

★おすすめサイト2選
スピリチュアリズム 天門庵