優良記事紹介ヘッドライン    感謝アンテナ様【 にゃんてな!


【怪異】俺と小さな包みと浴室の女/HN:ゼロサム

俺と小さな包みと浴室の女/HN:ゼロサム


いつもと変わらない街並み、改札口から吐き出される人の群れ。
高層建築物で切り取られた狭い空は相変わらずのネズミ色だ。
人が作り出した流れのひとつに乗って俺は仕事場へと向かう。
行く手にテッシュ配りが幾人も毎度の如く待ち受ける。
ガキの頃に観たジャッキー・チェンのカンフー映画に、こんなのあったな。
確か『木人拳』だったか。
思い出した。『少林寺木人拳』だ、ユン・ピョウが悪役モブで出てた。
日本公開版のみにあった挿入歌『ミラクルガイ』を脳内で再生されれば、
自分の立場がジャッキーチェンと重なって
ティッシュを受け取ったら負けな気がしてきた。
左右から差し出される手を敢然と無視して突き進む。
強引に握らせようとする奴は手首をつかみ、外へと受け流す。
もう少しで抜けられる。
油の上を進む蛇八歩の技が如く…
(急所を攻めてはいけません!)
調子に乗ってたところ…
急に前を行く人の列が左右へ分かれる。
風に揺れるキャラメル色の髪…
ひとりの女性が立っていた。
白いワンピース、日本人離れした白い肌…髪以外、靴まで白い。
何かの罰ゲームだろうか。正面に立つ白い美貌が俺に向かって微笑む。
右手が翻り、彼女が俺の手をとり何かを握らせた。
思わず受け取っちまった。
何を渡されたのか…手のひらを確認する。
ラッピングされ赤いリボンのついた包みがひとつ…ティッシュじゃなかった。
渡した本人に問おうと顔を正面に戻すと
そこにはあの白い美人の姿はなく、前を行く人々の背中だけがあった。
手に残された包みが、白昼夢でも幻でも無かったことを
告げていた。




浴室に明かりが灯っている。
床を叩く水音…
誰かシャワーを使っているのか…
完全に意識が覚醒した。
同居人はいない…住んでいるのは俺一人。
このアパートに移ってきて三年、こんな事は初めてだ。
枕元で充電している携帯電話を手に取り、時間を確認してみれば午前3時3分。
帰宅したのは午前0時…湯船に浸かるのは面倒だとシャワーで済まし、
寝酒のウイスキーが入ったグラスと共にベッドへ潜り込んだのは
1時くらいだったか…


【怪異】俺と小さな包みと浴室の女/HN:ゼロサムの続きを読む
5件の投稿・反響コメントを見る

人気記事紹介    感謝アンテナ様【 P!アンテナ にゃんてな!
*おすすめタグ*

あなたに縁のある投稿
アクセスカウンター
天通イベント棚
★おすすめ本2選

★おすすめサイト2選
スピリチュアリズム 天門庵