優良記事紹介ヘッドライン    感謝アンテナ様【 にゃんてな!


【怖い話】親父とイカ釣り

親父とイカ釣り


471 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/20(火) 21:36:42.36 ID:KzUJXmBM0.net

今30の俺が小学生だった頃の話。夏休みの夜はしょっちゅう親父とイカ釣りに行っていた。

夜8時ぐらいから釣りを始めて、夜11時ごろには家に帰って、釣果のイカを砂糖醤油で甘辛く焼いて食べるのだ。俺は親父とイカ釣りに行くのが大好きだった。

釣り場は近所の港にある、沖に向かって伸びる堤防だった。子供の体感的には長さ500mぐらいあったと思うが、今見たらもっと短いかもしれない。

堤防の途中には『進入禁止』と書かれたフェンスがあったけど、フェンスはちょうど堤防分の幅しかなかったから、横から簡単に越えられた。その先が俺らの釣り場だった。

夜まで起きていて良い&ほんとは入っちゃいけないところに入れるという非日常感に、当時の俺はワクワクしてしょうがなかった。

親父は『お前を連れてくると良く釣れるんだ』と言って笑ってくれた。何の根拠もないけど、子供ながらに誇らしく嬉しいもんだった。

ある夜のこと。その日も親父に連れられてイカ釣りに向かった。軽トラで田舎の県道を20分ほど走って、いつものさびれた漁港に入っていった。

水銀灯のオレンジの光で港はぼうっと照らされていたけど、堤防の方向は明りもなく暗かった。軽トラを駐車して、堤防に向かった。暗いけど、月明りでなんとなく周囲は見えた。

堤防を進む間、波がパコパコと堤防の下を叩いて、フナムシがサワサワと散っていく。分かる人には分かるだろうか。たまんない非日常感である。

堤防には誰もいなかった。親父はイカ釣りに使う疑似餌を糸に付け、俺に竿を持たせキャスト(投げる)させてくれた。

俺はすぐに海底に疑似餌を引っかけるもんだから、俺の役割はキャストだけで、巻き取るのは親父だった。俺が投げ、親父が巻く。たまにイカがかかると俺に竿を持たせてくれる。そんな釣りをしていた。


【怖い話】親父とイカ釣りの続きを読む
4件の投稿・反響コメントを見る

【怖い話】釣りのバス回収箱

釣りのバス回収箱


779 本当にあった怖い名無し 2012/12/27(木) 13:16:38.87 ID:wS/+3jG/0

釣りで遭遇した話「バス回収箱」

たしか2007年の秋だったと思う。
悪友の亮(りょう)、亮のイトコの淳(じゅん)と滋賀県は琵琶湖にバス釣り(ブラックバス釣り)に行った時の話。


ある時、亮と近くのダムにバス釣りに行ったのだが全く釣れず、帰りの車の中でリベンジの計画を練っていた。
そして亮の家に着く頃には琵琶湖遠征の話が組みあがっていた。
で、亮の家に着くとそう年の変わらない男がいた。

彼の名は淳、亮のイトコで俺らより一つ年下だそうだ。
俺らが次の土日に琵琶湖に行くことを知ると是非自分もと言ってきた。
断る理由も無いので一緒に行くことに、ただ亮は一瞬妙な顔をしたあと「ま、いっか」と……?

-ウンチク-
ブラックバスとは北アメリカ原産の外来魚でフィッシュイーター。
琵琶湖でも大繁殖して固有主絶滅の危機とかで何かと目の仇にされている。
ただモロコなど日本固有種の激減の理由は同じ外来魚のブルーギルの食害と護岸整備(公共事業)による産卵場所の激減よるところも大きい。


琵琶湖釣行当日、俺たちバサーの朝は早い。
午前二時に出発、午前三時頃に天王山トンネルを通過したときに

亮「なんか見えたか?」
淳「いや、特には……」
俺「?」

なんだ今のやり取りは?

「なあなあ、今の何?何かあったん?」
「いや実はな、こいつ霊感がけっこう強いんよ」
「え、そうなん?」
「はぁ、実はそうなんす」

淳君は霊感があるいわゆる「見える人」ってやつらしい。
俺はなんだかワクワクしてきた。

【怖い話】釣りのバス回収箱の続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【怖い話】烏帽子のいいなおじさん

烏帽子のいいなおじさん


979 本当にあった怖い名無し 2013/02/02(土) 15:25:22.99 ID:P4JgGvg30

小学校4年生の夏休みのことで、今でもよく覚えてる。

川と古墳の堀をつないでる細い用水路があって、そこで一人で鮒釣りをしてたんだ。
3時頃から始めたんだけど、いつになくたくさん釣れるので面白くてやめられなくなった。

だんだんあたりが薄暗くなってきて、日の長い時期なので7時近かったと思う。
そろそろ帰らないと怒られるな、もう一匹だけ釣ったらやめようと思っていたら、ガサガサと藪を踏み分ける音がして、川原の丈の高い草の中を何かが近づいてくる音がする。

人が通るような道はないので動物かと思ってちょっと身がまえたが、出てきたのは自分の父親より少し年上くらいのおじさんだった。
おじさんは神主さんのに似た上下白の着物を着て、顔は大人なんだけど小学生の自分と同じくらいの背丈で、頭に黒くて長い帽子をかぶってる。それが烏帽子というものだとは後でわかった。

初めは怖いという感じは全然しなかった。おじさんはにこにこ微笑んでいてとても優しそうに見えたから。
おじさんは体についた草の葉を払いながら「ぼうや釣れるかい?」と聞いてきたので、「はい、釣れます」と返事をすると、「ちょっとお魚見せてくれるかい」と言いながら歩み寄って魚籠を引き上げ、「ほーう大漁だねえ。いくらかもらってもいいかな」

そしてこちらの返事も待たずに魚籠の中から一番大きい鮒を二本指ではさんでつまみ上げ、「いただくよ」と両手で抱えて頭から囓り始めた。
バリバリという骨の砕ける音が聞こえてくる。おじさんは「いいな、いいな、生臭いな」と歌うようにつぶやいて頭のなくなった鮒を草の上に捨てた。

自分が呆然と見ていると「殺生だよ、殺生はいいな、いいな」と言いながら、魚籠の上にしゃがみ込んで、今度は両手をつっこんで2匹の鮒を取り出すと、こちらに背を向けるようにして、交互に頭を囓りだした。
やっぱりバリバリゴリゴリと音をたてて頭だけ食べている。生臭い臭いが強くした。

魚を捨てると立ち上がってこちらを振り向いた。にこにこした顔はそのままだが、額と両側の頬に鮒の頭が生えていた。鮒はまだ生きているようでぱくぱく口を開けてる。
「ああーっ」と声を上げてしまった。ここから逃げなくちゃいけないと思ったが、体が動かない。


【怖い話】烏帽子のいいなおじさんの続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【怪談】釣っていると後ろから「おい」

釣っていると後ろから「おい」


131 : 名無し三平 : 2013/04/22(月) 22:09:25.90 0

ある夏の日、岸から1km位沖でカヤックで釣りしてるときだった。
酔ってもいないのになんだか急に気分が悪くなってきた。

真夏の真昼間、暑さもピークだった昼の1時ごろ、ふと後ろから
「おい」と声が。

漁師か?と思って後ろを振り返ったが人はおろか船もなんもいない。
海の上だし周りは俺だけ。

何かの物音が声に聞こえただけかと思い、お茶を飲もうとしたその時
クーラーを積んでる俺のまさに背後から

「おまえだよ」

背中を嫌な汗が一気に滝のように流れるのを感じた。
恐怖を押し殺し大声で歌を歌いながら死に物狂いでパドルを漕いで岸に向かった。

岸に着くなり吐き気と眩暈が襲ってきた。すると今度はすぐ耳の横で「ううう」と唸るような声が。
恐怖のあまり足が動かなくなって砂浜にぶっ倒れてしまった。

それからどれくらい時間がたったのかよくわからなかった。気付くと俺はベッドの上で寝ていた。
周りがガヤガヤと騒がしい。ベッドの横に人がいてこっちを見ていた。

俺あの世に逝っちまったかと息をのんだ瞬間その人が言った。

「大丈夫ですか?気分どうですか?」

その人は救急隊員で俺は救急車の中にいるらしい。
どうやら俺は軽い熱中症で倒れたらしい。


【怪談】釣っていると後ろから「おい」の続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【笑える霊】徹夜釣りにて

徹夜釣りにて


796 : ネタ投下:2011/02/05(土) 00:04:03

んじゃ長いこと封印していた話をしましょう。

友人と無謀にも京都の某ダムにゴムボート(2隻)出して徹夜釣りにチャレンジした時の話。

そのダムはめちゃめちゃ縦長のダムで俺達は夕方からエントリーして2馬力船外機回して一番奥の奥まで行きました。夕まずめ時期に結構釣って浅瀬で夕食、気分はちょっとしたキャンプです。

澄んだ空に輝く満月と煌めく星々が水面にも映り谷間のダムは幻想的な世界と化し、時々野生動物の歩く音や鳴声にビビりましたがそのスリルを楽しんでいました。

時間がさらに進み、時刻は深夜1時頃、仮眠を取っていた俺は知人に起こされました。

「なんやねん、こんな時間に」「しっ...、足音が聞える」

確かに足音が。

「動物じゃね?」「いや、あれは確かに人に違いない。いったいどこだ?」

俺達はあたりを見回すと山の斜面に灯が見えました。やがて灯はある場所で止まりました。

「あれか、何やってんだろう」「カブトムシでも捕まえてんのかな?」

灯はさらに増え、どうやらロウソクを灯したようです。そしてさらに少しして...

カーン!カーン!カーン!

何かを打つ音が谷間のダムに木霊して響きました! そして何をしているかを思いつくのにそんなに時間はかかりませんでした。


【笑える霊】徹夜釣りにての続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【怖い話】父との思い出のガマ

父との思い出のガマ


820 :本当にあった怖い名無し:2010/10/04(月) 20:45:58 ID:ErsFOF2o0

9年前のある日、釣りに出かけていた兄が顔を蒼白にして帰宅した。
がたがた震えている兄に話を聞くと、「怖い思いをした。○○ガマへは行くな。あかんぞあそこは、コワイモンがおる」と繰り返している。
あたたかい紅茶を飲ませ、母と話を聞くとこうであった。

兄はこの時期いつも釣りに通っているリアス式の湾内にこの日も朝からでかけた。
自分たちは○○ガマといって、このガマというのは平家の落人が日々の生活のため塩田を切り開いた土地で、この地方にはいくつもそのような何々ガマという地名がある。
照葉樹林に囲まれた湾内の水面は鏡のように静かで湖のように見える。
そのようなリアス式の入り組んだ小さな小さな湾のひとつが自分たち家族が通い詰めた場所であった。

死んだ父と兄と自分で小さい頃から通い詰めた場所で、知り合いなら竿二本。
先客がいたら、そこで竿を出すのをあきらめなければならない。畳二畳ほどの小さい石積みがある。
そこに行くには上のぐねぐねした細い道から30mほどの獣道を下りなければならない。
小場所だけに場所を知られるのを恐れた父は、車を少し離れたところにとめて通い詰めるなどしていた。
十年ほど前からここに通うのは我々だけになってもここを発見されるのを恐れ、車は遠くに駐車するようにした。

自分たちが小さい頃、父が見つけたこの場所は父が死んでも秘密の場所だった。
しかし、その場所はよく釣れるのかというとそうでもなかった。
ただし20m先の水深が4mでフラット、底は砂地で自分たちの釣り方に合っていたし
春夏はうるさいほどウグイスが鳴き、向かいにある廃業した真珠選別所でまれに漁師が網を干している以外はどこからも見えない。
よって、この場所は、GWでも盆休みでも人は来ず。
鏡のような湖面に浮かぶウキを見ていると、それだけで癒されるような気持ちになるのだ。

ともかくそこに兄は出かけた。
そして昼飯を食べているときコワイモンを見たということであった。
そのコワイモン何だと聞いても答えない。
とにかく恐ろしい目にあった兄は飛ぶようにして崖を登り車に乗って帰って来たということだ。


【怖い話】父との思い出のガマの続きを読む
3件の投稿・反響コメントを見る

【都市伝説】渓流釣りにスーツの男

渓流釣りにスーツの男


176 : 本当にあった怖い名無し : 2013/10/05(土) 19:52:25.07 ID:NqWtcHRI0

釣り雑誌のライターさんから聞いた、という話を友人から又聞きした話です。

青梅街道で奥多摩を抜けて、ご存知のおいらん淵のほんの少し手前に川の合流があります。
一ノ瀬川という支流で、この合流からしばらくの間は、ゴルジュという谷と言うよりは垂直の崖の間を流れるような川です。

町谷さんという、主に渓流釣りを楽しまれている方が居りまして
「人を寄せ付けない場所であれば、さぞ魚も釣れるだろう」
と、止せば良いの合流から川に入り竿を出したんだそうです。

ところがさっぱり魚は釣れない。
川から出るにも両岸とも高い岩壁、嫌々ながら遡行を続けました。

一ノ瀬川にも更に幾つかの支流があり、大常木谷という沢が流れ込んでいます。
釣りのポイントとして実績があり、沢登りでも人気のある川ですが、やはり険しい場所。
滑落などで少なからずの死亡事故が発生している"悪渓"と呼ばれる沢です。

良いポイントではあるものの、単独行では危険と判断し、この合流には入退渓できる箇所もあるので、別の川に移動しようかと考えたそうなのですが。
どういうわけかここから急に魚が釣れはじめる、それも良好なサイズの魚がかかる。
その先は再びゴルジュとなりますが、そのまま一之瀬川を釣り上ることにしたそうです。

相変わらず釣果は絶好調。途中3mほどの滝があり、ここでこの日一番の良形を手にして大喜び。
更に大物をと滝を越えると、上流に先行者いることに気がついたそうです。

竹の和竿を振り、一目で上手とわかる所作ではあるものの、その出で立ちはスーツにビジネスシューズ、ハンティング帽という異様なものでした。
とは言え釣りの腕前は相当のもので、次々と魚を釣り上げていく。
普通なら徐々に上流へ移動しポイントを変えて行くものですが、スーツの男は全く移動せず、同じ場所で釣り続けていたそうです。

渓流釣りの場合、先行者を追い越して先へ行くという行為はマナー違反とされているのですが、先行者が移動しないような時は断りの上で、先へ行かせて貰う事ができます。
町谷さんはかなり不気味だと感じたものの、上流に入らせてもらう為に「こんにちは、今のは良い魚でしたね」と声をかけました。
その時、スーツの男は町谷さんに背をむけてしゃがんでおり、針でも外している様子だったと。


【都市伝説】渓流釣りにスーツの男の続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

人気記事紹介    感謝アンテナ様【 P!アンテナ にゃんてな!
*おすすめタグ*

あなたに縁のある投稿
アクセスカウンター
天通イベント棚
★おすすめ本2選

★おすすめサイト2選
スピリチュアリズム 天門庵