優良記事紹介ヘッドライン    感謝アンテナ様【 にゃんてな!


【怖い話】飛び降りようとする女性

飛び降りようとする女性


366 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/12(月) 21:56:29.73 ID:v6CcOLXE0.net

2年前まで僕は大阪府の中でも奈良よりの小さな市に住んでいました。
そこには大和川という大阪では淀川の次に有名で大きなが流れています。
その川の向こうはまた別の市、つまり大和川は市と市の境目となります。

川にはとても広くて長い橋がかかっています。その橋は大阪外環状線にあり、交通の面でも車の行き来が激しい所です。
橋の下には大和川。残念ながらここは自殺の名所としても有名で、毎年ここから身を投げる方が跡を絶ちません……

ある日のこと。橋の下には6面ほどテニスコートがあり、僕は友人とテニスをしに橋に向かいました。
橋の手前に自転車を置き、歩いて橋の下に下りようとしたとき……
僕たちの「後ろ」から女性の叫び声がしました。

その声に驚き、後ろを振り返ると、20代くらいで髪の長い女性が叫びながら、僕たちの所に向かって走ってきます。
そしてこう叫びました……

「あそこを見てください!
 橋の真ん中!!
 女性が飛び降りようとしてます!!
 はやく助けてあげてください!!!」

そう言われてふと橋の真ん中を見ると、確かに女性がいました。
橋の真ん中から下の川を見つめ、靴をぬぎだしています……

僕と友人はその光景を目の当たりにし、あまりの衝撃と同時に助けなければと言う思いで、教えてくれた女性にここにいるように伝え、
全力疾走で橋の真ん中からまさに飛び降りようとしてる彼女のもとへ向かいました。

長い橋の真ん中に向かい、息を切らしながら必死で走る僕と友人。
彼女はそれを知らず橋の手すりに足をかけ、よじ上っています。

声すら出ないほど必死にたどりつこうとする僕と友人。
僕たちが追いつくかどうかで彼女の命が決まる……そう思うと今まで体験したことないほどの全力疾走になります。


【怖い話】飛び降りようとする女性の続きを読む
2件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】自殺する前に墓参りを

自殺する前に墓参りを


635 本当にあった怖い名無し 2006/06/20(火) 01:23:47 ID:VsxEmQxa0

やることなすことすべて裏目に出て大事にしてたものをすべて失った。
荒れている状態が2年程続いて、いよいよ生きる気力を無くし始めた。

明日死のう、と思い立ち、墓参りに出かけた。
数日後には自分がここに入るのだから、と、死ぬ前の挨拶を兼ねて墓を綺麗に掃除した。

その晩、不思議な夢を見た。
亡くなった祖母が私に赤子を手渡す夢だった。

目元が私に似た女の子で直感的に自分の子供だと思った。

植物の早送り再生を見るようにその子は見る間に大きくなっていった。
お尻歩きを覚え、ハイハイを覚え、言葉を覚えた。

猛烈に愛しいと思い、咄嗟に名前を呼んで抱きしめた。
呼んだ名前は私が絶対つけないような名前だった。

2歳くらいまでの成長を見たところで目が覚めた。

私はその夢で死ぬ気を亡くした。
もし未来にその子が生まれてくるのなら生きたいと思った。

それからしばらくしてとても優しい男性と知り合った。
数年交際した後に結婚、子供が出来た。

検査の時に医師から「男の子です」と言われていた。
生まれてきたのは目元が私そっくりの女の子だった。


【心温まる霊】自殺する前に墓参りをの続きを読む
5件の投稿・反響コメントを見る

【怪談】吊り橋から落ちる人影

吊り橋から落ちる人影


110 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/12/16(火) 10:15:21.33 ID:94Pv3vZV0.net

夏の終わりに川でキャンプをしに行った時の話。

俺と友達は川辺でバーベキューのセッティングをしていた。ふと顔を上げると、上流の方に見える吊り橋に人影が見えた。

友達も気づいた様子なので、「あそこスリルありそうだな」なんて言って笑った時だった。

「あ」

友達が呟くようにそう言ったので視線を戻すと、さっきまでいたはずの人影が消えていた。

何が起きたのか理解して、数秒固まってしまったがすぐ我に返り、他のみんなにも知らせて通報をした。

結局それでキャンプは中止、みんな家に帰る事になった。

しばらく経ってもあの川で遺体が見つかったという話は聞かなかった。

記憶もおぼろげになり、鳥か何かを見間違えてただけじゃないかと思い始め、友達にもそう言ってみたのだが、

「あれは鳥なんかじゃない」

とひどく怯えた調子で否定された。


【怪談】吊り橋から落ちる人影の続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【怪談】落ちるおじさん

落ちるおじさん


72 : 本当にあった怖い名無し : 2011/10/23(日) 08:17:45.46 ID:JFaRpuOU0

先日、大学の同期の友人と久々に食事した時の話。

友人は大阪に出て技術職、私は地元で病院に就職しましたが、勤めている病院は古く、度重なる増改築で構造はぐちゃぐちゃ、たまに立ち入る旧館の方は零感の自分でもちょっと薄気味悪い感じすらします。

そして定番の、誰もいない部屋からナースコール、外に誰もいないドアをノックされる、勝手に開く自動ドアなど妙なことも数回経験しました。

食事の途中で、「病院って本当にそんなことあるんだねー」と何気なく話題に出したんです。そしたらその友人も、「自分の会社にもそういう事がある」と聞かせてくれたのが以下の話です。

「あのね、窓の外をおじさんが落ちるの」

私は「…え?」と聞き返しました。

友「会社が入ってるフロアがビルの14階なんだけど、その窓からまっさかさまに落ちていくおじさんが見えるんだよ。しかも定期的に。私就職して半年ぐらいだけど、その間に3回あったかな」

私「ええぇ……。それって、自殺した人が死んでると気づかずに何回も飛び降りてるとか、そういう……?」

友「ううん。何年か前に、窓拭きのおじさんが事故で落ちて亡くなったらしいの。落ちるときいつも同じ青い作業服姿で、落ちる窓も同じだし。

 私は直接見えない側のフロアだからいいけど、隣の会社の人がちょくちょく見ちゃうらしくて。新人さんとかはかなりびっくりするみたい。

 落ちるのが見えたら、一応下とか確認して管理会社に連絡するんだけどまぁ何もないよね。ほんとに誰か落ちてたらそれはそれでやだし」

私「絶対嫌だ……私そんな会社なら間違いなく辞める」

【怪談】落ちるおじさんの続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【怖い話】ずっと見ている母親

ずっと見ている母親


730 :ずっと見ている1@\(^o^)/:2014/09/21(日) 17:51:29.80 ID:FhLweP8t0.net

H県K市の某集合住宅で母親と二人暮らしをしていたアキちゃん(仮名)の体験した話。

当時小学3年生だったアキちゃんは母親と集合団地の一室で二人暮らしていた。
両親は離婚調停中であり、去年までは父親と三人で暮らしていたのだが、今は別居状態であり、父親のみ勤務先の近くで暮らしているためだった。

両親は二人共親権を強く主張しており、どちらが親権を得るかを近々話し合うことになっていたが、その時点ではまだ去年まで三人で暮らしていた団地に母親とアキちゃんのみで生活していた。
母親は女手一つでアキちゃんを育てるため昼はパート、夜は自宅での内職を行い、毎晩遅くまで働く生活を送っていた。

そんなある日、アキちゃんが学校から帰宅すると、珍しく暗い顔をした母親が話があるからとアキちゃんを呼んだ。
アキちゃんの親権が正式に決定したらしく、アキちゃんは近いうちに父親に引き取られ母親は実家に戻ることになったと母親は言った。

まだ両親が仲の良かった頃遊びに行った母方の実家は東北地方の田舎で、とても寒く遠いところだとアキちゃんはぼんやりと思い出していた。
元々両親のどちらも大好きだったアキちゃんはどちらと暮らすことになっても不満はなかった。

本音は以前のように3人で暮らすことを望んでいたのだが、幼いながらに事情を察していたアキちゃんはわざと明るく勤め、一言「わかった」と返事をしただけだった。
そんなアキちゃんを見て母親はとても悲しそうな顔で「ごめんね」と言った。

そして「遠くに離れてしまうけれどお母さんはずっと見ているからね」とアキちゃんに言った。

その晩、いつものように先に寝室で横になったアキちゃんは、父親との新しい生活や母親と離れて暮らすことへの不安のためなかなか寝付けずにいた。
リビングからはうっすらと明かりが漏れ、母親がいつものように内職に勤しんでいる気配があった。そんな気配を感じながらアキちゃんはいつのまにか眠ってしまっていた。

真夜中、眠りが浅かったのかアキちゃんがふと目を覚ました時、寝室は真っ暗で隣には母親の姿はまだ無かった。
ぼんやりとリビングに目をやると、明るいリビングからいつものように襖の間に母親が立っているのが見えた。


【怖い話】ずっと見ている母親の続きを読む
4件の投稿・反響コメントを見る

【怪談】特異な自殺者の物件

特異な自殺者の物件


一応オリジナルで実話です。

僕はY県のJR某駅近くのテナントビルでカクテルバーを営んでるんだけど、根っからの怪談好きってのもあって、深夜になるとたまに客と怖い話で盛り上がる事がある。

先週も、地元の不動産屋に勤務するAさんの話で店内は大いに盛り上がった。

僕は地元出身じゃないので知らなかったんだけど、平成になりかけの、昭和の後半10年の間に、新聞沙汰になった自殺が三件あるらしい。

その三件が三件ともその方法が特異だった事から、地元で育った客は皆覚えていた。

一人はガソリンスタンドの前で焼身自殺。一人は海辺の林の中に車を乗り入れての排気ガスによる自殺(腐乱した状態で発見)。もう一人は深夜小学校の体育館に忍び込み首を吊った。

A氏によると、その三人は全て、同じ物件の住人だったという。

話を聞いた者全員が(自分も含めて)、その家がどこにあるのか気になったが、Aさんは頑として教えてはくれなかった。

理由は「手離して現在は他人の持ち物だから」との事だった。客の中にマニアがいて「調べりゃ判る」と言う。すると真剣な顔で「あそこはマジヤバいから止めとけ」と怒っていた。

そこで「絶対に場所を特定しない」との条件で話を聞く事が出来た。

「最後の自殺者である中古車販売店のオーナーに貸した時は月五千円だった」Aさんは続けた。

「前の入居者が連続して自殺してるのを彼は知ってたのに。俺はむしろ止めたんだ。倒産して金に困ってて、家族には逃げられるわでかわいそうになってな。内心この人もやるんじゃないかなと思ってたんだが知らない間柄じゃないし、ガードマンから人生立て直すとかで懇願されて、つい」

一軒家の家賃が五千円。信じられない話だが事実らしい。


【怪談】特異な自殺者の物件の続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【怖い話】逆さまの女の子

逆さまの女の子


21 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/07/24 18:48

俺は3ヶ月前、とある大型小売店のバイトの面接を受けに行った。1週間後、採用の電話がかかってきた。明日から来て欲しいとのことだった。

なかなかバイトが見つからなくて困っていたため、次の日俺は意気揚々とバイト先へ向かった。マネージャーに書類を渡し、大まかな仕事の内容を教えられて、俺は売り場へと向かった。

そして3時間後、仕事を終えて帰ろうとしたとき、たまたま同じとこで働いている友達の母親に声をかけられた。

「駐車場行ったんだよね?大丈夫だった?」

駐車場がどうしたというのだろう、何かあるのだろうか。

「あ、行きましたよ。駐車場がどうかしたんですか?」

すると、友達の母親は少し声を小さくして俺に話した。

「あの駐車場ね、前に飛び降り自殺した人がいるから…気をつけてね」

「はぁ…自殺ですか、気味悪いですね。気をつけます」

気味の悪い話だ、自分のバイト先で自殺者した人がいるなんて。しかし何をどう気をつければよいのか。

まぁ自殺した人がいたとしても俺には関係のない話だ。とりあえずその日は特に気にもせず家路についた。

それから3ヶ月間、何事もなく俺はバイトをこなしていた。時折駐車場に行くと誰もいないはずなのに視線を感じることはあったが、気のせいだと自分に言い聞かせていた。


【怖い話】逆さまの女の子の続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【心霊】お願いする女の子/HN:桃咲月

お願いする女の子/HN:桃咲月


家の近所のコンビニでの事。

商品をレジで精算していた時、目の前のカウンターのすぐそばで

『ねぇ、お願い』

と声をかけられた。

顔見知りのバイトの女の子、●さん(かなり可愛い、若いコ)の声に聞こえた。

(え?わたしに言ったの?)と、はっとして『え?』と声を上げた。

接客してくれていた店主の奥さんが、『は?』とわたしの顔を見る。

『あ、今●さんが何か…』

と言うと、奥さんの顔がサッと強張って、『辞めましたよあの子』と吐き捨てるように言って、商品を袋に詰めた。

あ、なら店内放送かなにかを聞き違えたんだな、と思った。

レジ袋を受け取ろうとした時、奥さんが、じっとわたしの顔を見つめている。気まずいな…と思いながら袋を受け取ると

『誰かに聞いたの?』と奥さん。

何の事か分からなくて、今度はこっちが『は?』と言うと、カウンターから乗り出すようにして、怖い顔でまたじっと私の顔を睨みながら

『本当に知らなくて、言ったの?』

奥さんの態度に少しムカついて、『なんですか』とぶっきらぼうに聞くと

『だから、自殺したのよ、あの子』

と低い声で囁いた。私は多分、その時生まれて初めて、寒さ以外で鳥肌が立った。


【心霊】お願いする女の子/HN:桃咲月の続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【怖い話】自殺スポットの死体回収

自殺スポットの死体回収


824 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/07/30 09:44

有名な観光地A市の消防署を定年退職した叔父に聞いた話です。

叔父は、市内の有名自殺スポットNが浦で自殺があるたびに駆り出され、死体回収を何年もやっていたそうです。

最初は嫌だったのですが、何年もやっているうちに死体にも慣れ、全然、平気になったそうです。

まったく動じない叔父はNが浦で自殺があると、必ず、駆り出されるようになってしまったということです。

そんな叔父が一つだけ、思い出したくないことがある、と言って、話してくれました。


ある晩のこと、たまたま家中に誰もいなくて、一人で寝ていると、玄関を叩く音がしました。行ってみても誰もいません。

すると少し経って、今度は窓を叩く音がします。が、窓を開けてみても誰もいません。

誰がいたずらしてるんだと怒りながら寝床につくと、今度は、布団を敷いて寝ている部屋のフスマを叩く音が....。勢いよくフスマをガラッと開けても誰もいません。

さすがに気味が悪くなり、布団をかぶって寝ていましたが、今度は布団のまわりの畳を叩く音がしたそうです。

だんだん叩く音が強くなり、しまいには、枕もとをドンドンと叩かれる。叔父は怖くなり、布団をかぶったまま身動きできなかったそうです。

そのうち、だんだんと叩く音が弱まり、どのくらい時間がたったのか、すうっと叩く音はやんだ。すると、いきなり電話が鳴ったので、布団をおそるおそる出てみると、もう朝でした。

そして、電話に出ると同僚から、またNが浦で自殺があったから来てくれと頼まれました。


【怖い話】自殺スポットの死体回収の続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【怖い話】地獄のサプライズ/HN:ロビンM

地獄のサプライズ/HN:ロビンM


やあロビンミッシェルだ。

今回の話は俺の中では珍しくおフザケ無しの怪談だ。

これは数年前に怖いDVDを見ていて思い付いた話で、あり来たりな話と言えばそうなんだが、ラストを少し練ってみたんで少し長いが良かったら一読してみてくれ…ひひ…






幼い頃に両親を亡くした成美は、父の妹にあたる親戚の元で幼少時代を過ごした。

だが、叔母である恵子は幼い成美に事あるごとに辛くあたった。

夕食の品数が少ないのは勿論、着る物も全て自分の子のおさがりを着させ、皿洗い、風呂掃除、ゴミ出し、それ以外にもいくつもの仕事を与え、もし口答えでもしようものなら一晩中食べ物も与えずに容赦なく物置に閉じ込めた。

その為か成美の性格は他の子よりも暗くなり、小学校に上がった頃からイジメの対象となってしまった。

物を隠されたり、無視されたり、汚い汚いと逃げ回られたり、必然的に一人ぼっちになってしまった彼女には友達と呼べる者は一人も居なかった。

そんな学校でも家庭でも完全に孤立してしまった成美の唯一の味方は、一緒に同居している父方の祖母、薫お婆ちゃんだった。

薫お婆ちゃんはいつも成美の話をうんうんと優しく聞いてくれて、恵子が癇癪を起す度に間に入って助けてくれたり、時には隠れてお小遣いをくれたりもした。

成美はそんな薫お婆ちゃんが大好きで、日頃の辛い出来事もお婆ちゃんと居る時だけは忘れる事が出来た。

だが、そんな優しい薫お婆ちゃんも成美が高校三年に上がってすぐ、肺炎を拗らせてアッサリと亡くなってしまった。

唯一の味方を失った成美の落ち込み様は激しく、気力も無くなり、学校も休みがちになっていった。

遂には高校を自主退学、部屋に引きこもるようになった。

しかしそんな成美に恵子が黙っている筈もない。

「このただ飯食らいが!学校行かないなら仕事しろ!」

と無理やり飲食店等のアルバイトを掛け持ちで朝から夜遅くまで働かせられた。

勿論給料は全て取り上げられ、毎日クタクタで家に帰る成美は前にも増して暗く…全く人に心を開かないようになっていった。

しかしアルバイトを始めて半年が過ぎた頃、成美に転機が訪れた。

なんと彼氏が出来たのだ。


【怖い話】地獄のサプライズ/HN:ロビンMの続きを読む
5件の投稿・反響コメントを見る

【噂】自殺した文豪

自殺した文豪


これは、私がオカルトにハマっていた小学校高学年の頃に立ち読みした雑誌に載っていた話です。

とある男性の霊媒師さんのエッセイのようなコーナーがあり、某文豪の死について触れていました。

その文豪は、高齢になってから自殺しています。

自殺理由については諸説あり、目をかけた後輩作家が衝撃的な方法で自殺し、それにかなりの打撃を受けて床に伏せるようになったとか、お手伝いさんに片思いしていたとか、盲腸の手術をしたあと健康状態がすぐれないのを悲観した…などなど、どれも動機として不自然な気がします。

まず、後輩作家の自殺。文豪が亡くなる2年前に衝撃的な方法で自殺しているんですが、その直後ではなく2年のブランクがあるのが不思議なような…。

先に亡くなった後輩作家が呼んだとも考えられなくもないかもしれませんが、これについては噂ひとつ立っていないです。

第2にお手伝いさんへの片思い。…文豪は天涯孤独で高齢で、恋愛沙汰のひとつあってもおかしくはないんですが、お手伝いさんとは噂だけで、それらしき痕跡もない、そして彼自身、恋に苦しんで自殺するようなタイプとは思えないです。

盲腸の手術後に健康状態がすぐれない…は、高齢になるとケガも病も治りにくくなるので、憂鬱になってしまうのもわからなくはないです。

…が…。

霊媒師いわく、亡くなる前に文豪から依頼が来ていたというのです。

「助けてくれ!部屋に日本兵の幽霊が出る!」

と…。

霊媒師はお祓いに行く約束はするものの、仕事が立て込んでいてすぐには行けなかったらしい。行こうとしても何かしら邪魔が入って予定が先伸ばしにされ、とうとう文豪はガス自殺をしてしまいました。

霊媒師いわく、とても強い悪霊だったとか…。邪魔が入ってなかなか行けなかったのも、霊のせいだったらしいです。

あの時自分がお祓いに行ってたら、文豪は死なずに済んだのに…と、文章は結ばれていました。


【噂】自殺した文豪の続きを読む
12件の投稿・反響コメントを見る

【怖い話】連れて行くことがある

連れて行くことがある


654 1/2 2005/06/14(火) 14:55:19 ID:yGAGRvQX0

数年前に姉から聞いた、姉の親友Aさんの体験談です。

Aさんはマンションで一人暮らしをしています。

Aさんは肝っ玉も座っていて、金縛りにあっても気にせず寝直したり、夜中に不審者が部屋に入ってくると包丁を持って追いかけたりする程です。

(「包丁持って『怖かったよ~』って部屋に来られても、私はアンタの方が怖い」姉談)

そのAさんが実家に帰った時の話です。母・弟の3人でマンション暮らしをしているのですが、どうもその部屋には霊らしきものがいるようなのです。

家族全員気付いていましたが、不気味な姿を見せるわけでも悪さをしてくるわけでもないので、大して気にしていませんでした。

ある晩、寝ている最中に突然誰かに足首を掴まれ、ぎょっとして飛び起きました。その手はAさんを引きずって行こうとするのです。

顔が布団に埋もれるくらいまで引っ張られた時、我に返ったAさんは

「連れて行かれてたまるかぁ!」と、近くにあったテーブルの椅子を掴みました。

しばらく綱引き状態が続いた後、ようやく足首が解放されました。

すると母親と弟が部屋に入ってきて、聞けば二人とも同じ被害に遭ったというのです。

「今までこんなこと無かったのにね」と首をかしげながら、その夜は三人一緒に寝ました。

翌朝、Aさんが目覚めると、「大変大変」と母親が外から帰ってきました。何と、隣室のおばさんが自殺をしたというのです。

驚いたAさんでしたが、詳しい話を聞いて更に驚きました。

お隣さんは、昨夜の内に寝巻きのままベランダから落ちて死んだそうです。旦那さんは「いつものように横で寝ていたはずなのに」と言っているそうです。


【怖い話】連れて行くことがあるの続きを読む
3件の投稿・反響コメントを見る

【都市伝説】真夏のワンピース/HN:吉尾

真夏のワンピース/HN:吉尾


私は高校生の頃に、先の地震で田舎から市街地へ越してきました。

故郷は本当に田舎で、夜中に歩いているだけで十分肝試しになります。実際、私は二通りある学校の帰り道のどちらを通っても、林に囲まれた墓地を拝みました。

そんな村に、ある年の夏、変な噂が流れました。私も詳しいことは分からないのですが、どうやら自殺願望のある女性が問題を起こしたらしいのです。

迷惑を被ったのは帰宅途中の男性で、車を走らせていると突然、白いワンピースを着た女性が車の前に飛び出してきたという話でした。

間一髪事故を免れましたが、女性はすぐに逃げて、その後も何回か繰り返したみたいです。でも結局、最後まで死んだという話は聞きませんでした。

本題はここから↓

最近、村に住む友人からメールが来ました。

「お前、あの女の騒ぎのこと覚えているか」
「ああ」

「何かまた出たって噂が流れてんだよ」
「また!? 迷惑な話だな」

というような感じで他人事のように話していたのですが、途中でしばらく間を置いてから急に、友人が久しぶりに会わないかと切り出しました。ずっと疎遠だったので正直嬉しくてすぐにOKしました。

約束した日、友人の家に伺うとすぐに部屋に通されてテレビの前に座らされました。そして友人がこう切り出してきたのです。

「お前、ドライブレコーダーつけてるか?」

嫌な感じがして、立ち上がろうとしたら右肩を押さえられてできませんでした。そして友人は片手で私の肩を押さえたまま、もう片方の手で器用にテレビとレコーダーを起動させました。

映像はほんの数秒の出来事です。いきなりワンピース姿の女性が目の前に現れたと思ったら、接触した衝撃で映像が激しく乱れて、正常に映し出された時には画面から消えていました。


【都市伝説】真夏のワンピース/HN:吉尾の続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】桜の木の精

桜の木の精


119 本当にあった怖い名無し 2006/03/27(月) 19:04:40 ID:XQbuAZsH0

うちのおかんの話。

当時おかんは6人兄弟(男3女3)の長男の嫁として、嫁いできたんだわ。長男の弟妹はまだみんな学生で、いわば小姑的存在。

かなりの貧乏で、姑とお舅との折り合いも悪く、とくにお舅はパチンコ代がないから、子供の学費をよこせっていう無茶苦茶な人で、旦那(つまりおれの親)の庇いたても一切ない。むしろ一緒になっていびられた。

畑仕事で毎日こき使われ、姑と旦那が悪口を言い触らしてくれているので、近所や旦那の親戚周りの評価といえば、奴隷かなにか。嘲笑の的だ。

味方もなく金もない。毎日が針のむしろだったおかんは、ある日赤子(おれは三人兄弟の三番目)のおれを抱いて、自殺を決意したそうな。

家を抜け出して、春の夜中に、とぼとぼとぼとぼ。歩き続けて、いつのまにか地域では有名な、古い桜の木の下へ。

これが見事な桜でね、盆栽の松のような見事な枝ぶりで、住人の思い出や記念の場所として、とても愛された木だったんだよ。んでおかんも、事あるごとにその桜のある場所に行ってたらしいわ。

その桜がまた満開でね、月明かりに桜がはらはら散るんだよ。街灯のない時代に、その桜の白い花びらがぼんやり見えるのがまた綺麗で、

「もうこれで見納めやなぁ。あんたにどれだけ慰められたか…………今までありがとう」

って泣きながら桜に話しかけたら、ふと背後から

「こんばんわ」

振り向いたら、笑顔いっぱいの四角い顔したおじいさんがいたそうな。

真夜中。おかんの手には赤ん坊。懐中電灯も持っていないおっさんが、暗がりで笑顔。普通だったら恐怖だよ、女だし。これから自殺するってのに変だけど。

けど不思議と、恐怖っていう感情がわかなかったそうな。んでその見知らぬおっさんに、

「子供が風邪引くわ、はよ帰り」

って言われて、腕の中見て帰らなきゃと思ったらしい。心中しようとした人間が、これから殺す子の風邪ぐらいって思うだろ?


【心温まる霊】桜の木の精の続きを読む
8件の投稿・反響コメントを見る

【怖い話】ダムで死にきれなかった人

ダムで死にきれなかった人


150 本当にあった怖い名無し 2006/01/23(月) 12:56:18 ID:YGagZCxN0

知り合いが霊感なんて持ってるとこっちまで知りたくないことを知ってしまうこともある。

私の友達が普通に見えてしまう体質らしく、よく私に憑いている霊とかを教えてくれる。いわく私には現在5人憑いてるらしい。そんな女の子を肝だめしにつれていった時の話。

休みの前日、男2人女2人で飲んで盛り上がって途中から怖い話なんて酔っ払いながらみんなでしてた。といっても酔っ払って恐怖心なんて薄れてるのでみんな笑いながら話をしていた。

そのうち話だけでは物足りなくなって近くのダムで雰囲気だしながらしようってことになった。というわけでさっそく向かった某ダム、どうしてこの場所かというと噂ではあるが毎年何人かが自殺しているらしい。

といっても実際ニュースとかにはなってないし、単なる噂だと誰も信じてなかった。カップルでもいればおどかしてやろうくらいのノリだった。

現場につく前から様子のおかしかった霊感少女A、お決まり通りやめようなんて言うんだろうなと思ってたら別に普通だったので内心安心していた。

みんなでダムの周りを散歩。ふざけて遊んで時間も少したった時、向こう岸とこちら側をつないでいる石の橋があって結構な距離があるんだけど、向こう岸から誰かが歩いて来る。

現在午前二時、こんな時間に誰だろうと思って見たんだけどけっこう距離があるので何者かはわからない、しかも一人。それがある程度まで近づくといきなりAが

「逃げよ!早く逃げよ!」

と言い出した。いきなりの事でしかもこちらは四人もいるからと、酔っ払ってたのもあってもう一人の男が様子見てきてやると言って歩いて行った。

Aは一目散に乗ってきた車の中に入って震えている。私はさすがに心配になって大丈夫かと様子を見に行った。

話をすると、霊は見えるっていうと少し違うらしくその霊が思ってることが頭の中に入ってくる感じらしい。と話してるところに、様子を見に行った男ともう一人の女の子が走って車に戻ってきた。

「早く出せ!早く!アレはやばい!」


【怖い話】ダムで死にきれなかった人の続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【奇妙】首を吊る瞬間に電話

首を吊る瞬間に電話


202 本当にあった怖い名無し 2013/12/11(水) 15:24:00.67 ID:yuIlL1Qf0

自分の叔父にあたる人が数年前に亡くなったんだけど、その理由ってのがギャンブルで借金作りまくって、最終的には近所の山で首を吊っちゃったんだけどさ。

叔父さん首を吊る瞬間に奥さんに電話したらしくて、奥さんがその電話にでたらすごい苦しそうな声で

「ごおおおおおおっなさいいいいいい!!!」
「ごおおおおべええんんんなさいいい!!!」

って言ってたらしく、たぶん「ごめんなさい」って言ってたんだろうけども……

で、その葬式の時なんだけど、都会じゃどうかわからないけど、こっちでは近所の和尚さんが家に来て拝んでくれるのね。

で親戚一同、会社の方、近所の方などが集まってきて、和尚さんも到着したので遺体のある広間で拝み始めたわけです。

そしたら拝み始めて数分もしないころに誰かの携帯が鳴ったんですよ。誰のだろうと思ったら棺桶の側に置いてたおじさんの携帯から音が鳴ってる……

取らないわけにもいけないので奥さんが携帯を確認しようとしたとき

「ごおおおおおおっなさいいいいいい!!!」
「ごおおおおべええんんんなさいいい!!!」

奥さんが叔父さんの死に際に聞いたという言葉が、ありえないくらいの音量で広間に響き渡ったんです……


【奇妙】首を吊る瞬間に電話の続きを読む
4件の投稿・反響コメントを見る

【心霊】霧が人の形になる

霧が人の形になる


毎回このサイトを愛読させていただいてる者です。今回初めて投稿します。

以前金縛りにあったとき見たような気もするのですが夢のような感覚だったので、私は見えない人間だと思っています。このような話は大好きで、霊の存在を信じています。

今回紹介させてもらうのは信じるきっかけとなった私の父親の体験です。

これはK県のF沢市の学校での出来事です。父親が高校生の頃の話なので30年くらい前です。

珠算部だった父は学園祭の準備で夜遅くまで友達と残っていたそうです。次の日が本番だったのと他学生もいなく時間も遅いのでなんとか準備を終わらせ帰ることにしました。

父が自分と友達の荷物を教室に取りに行きました。各教室は廊下を挟んで向かい合わせになっていて廊下側はガラス張り、自分たちの教室は廊下の一番奥だったそうです。

教室に向かう途中、ある違う教室に違和感を覚えました。教室の中が霧がかり光っていたらしく、父はドアの隅からしばらく中を見ていたそうです。

しばらく見ていると、その霧がだんだんと人の形になっていきました(私に話してくれたとき、このあたりで父親の腕はハンパない鳥肌でした。笑)。

そして、ついに完璧な人の形になり学生姿で、ある机を見るように佇んでいたそうです。

父は怖くなり友達を呼びに行きました。友達が来たときもまだそれはいたようです。

父「お前も見えるか?」

友「うん…これはさすがにやべぇよ!」

友達にもはっきりと見えたようで、回り道して荷物を取り急いで学校を出ました。

校門から学校を見たとき、自分たちの階の廊下を白い影のようなものが移動していたそうです。


【心霊】霧が人の形になるの続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【怪談】照る照る坊主/HN:ドクロン

照る照る坊主/HN:ドクロン


香川さんはよく首吊りを目撃してしまう。

最初は知り合いの男性、小学生のときの先生。数えたらきりがない。

ある日、ヤバいものを見た。カメラマンの仕事で樹海に入ったときのこと。やはり首吊りを目撃した。しかし腐敗が激しく骨が見えてる。

それがね、なんだか照る照る坊主みたいなんです。ぶらんぶらんと時々風に揺れててね。ものすごい腐臭というか異臭が漂ってる。

警察にしらせたけど、写真を一枚撮っちゃった。何枚かは、隠して持ってるんだが、時々ね部屋からあの時の異臭がする気がする。

そして何よりぎぃぎぃと縄が揺れて軋むような音もする。


【怪談】照る照る坊主/HN:ドクロンの続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】電車に乗っていた伯父

電車に乗っていた伯父


75 本当にあった怖い名無し sage 2007/07/20(金) 12:12:21 ID:Lua0ylm20

いい話なのかどうか、ただ、毎年、御盆の頃になると思い出すので書かせてもらう。

伯父、といっても妻の伯父だから私とは血が繋がってない。その伯父が数年前に死んだ。

かなりアクの強い人で、ずるくて、いつも強がりばかりを言っていて、そのくせ実は小心者の自惚れ屋だった。

妻には話してないが私も一度、仕事の事で騙された。親戚の者、誰からも嫌われていたが、私は何故かその妙に人間臭いところが憎めなかった。

同時に彼も私と同業の仕事に就いていたためか、私が妻の実家に行くと決まってビール瓶をぶら下げて、グラスそれから少々のつまみを持って訪れてきてくれた。

酒飲みで酔うと他人を口汚く罵ったが、不思議と子供には優しく、私の子供などもよく胡坐をかいた膝に抱かれて、枝豆など食べさせてもらっていた。

そんな伯父が亡くなって、一年くらいしたあの頃。伯父さん、あの頃ね、俺、死のうと思っていたんですよ。

別に仕事で失敗したのじゃない、家庭にも不満もなかった。でも、どうしようもなく疲れてて、生きていることが不安で、孤独で、そんな自分が情けなくて、申し訳なくて、誰にも言えなくて、ね。

【心温まる霊】電車に乗っていた伯父の続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【怖い話】言動には細心の注意を

言動には細心の注意を


621 本当にあった怖い名無し 2006/01/31(火) 00:23:57 ID:gdsHA4wB0


俺の友人の話ですが、仲の良かった友達が当時付き合ってた彼女に振られたらしく

「もう死にたい」と、電話をかけてきてたそうです。

毎日、何時間も同じ内容の話ばかりするのにうんざりした友人は、その友達に

「死んだら楽になるのか?じゃあ死ねよ」と言ったそうです。

翌日、友人がアパートに帰ってみると、友達が友人の部屋で首を吊って死んでいたそうです。

なぜその友達が友人の部屋に入れたかは謎ですが、その後は大家と警察と友達の家族とでかなりもめたそうです


【怖い話】言動には細心の注意をの続きを読む
3件の投稿・反響コメントを見る

人気記事紹介    感謝アンテナ様【 P!アンテナ にゃんてな!
*おすすめタグ*

あなたに縁のある投稿
アクセスカウンター
天通イベント棚
★おすすめ本2選

★おすすめサイト2選
スピリチュアリズム 天門庵