優良記事紹介ヘッドライン    感謝アンテナ様【 にゃんてな!


【怪異】終間遺語りーシュウマイガタリー①/HN:こげ

終間遺語りーシュウマイガタリー/HN:こげ


今まで気がつかなかったのですが
私達心霊スポット探検チームメンバーが足繁く通うおもちゃ屋さんから
そう遠く離れていない絶賛営業中の小学校が心霊スポットとして近隣で有名だったのです。
いやもうびっくりですよ
校庭のバスケットコートを使って3on3したり、プールで遊んだりしたことあるのですから。

「これは是非、探検せねばならんのである!!」

どこかの公国の眉無し総帥みたいなセリフを
チームリーダーのA君がのたまいました。

『のである!』×3

「のである?」

心霊スポット探検を趣味にしている私達が、
心霊スポットにいながら、そこが心霊スポットということに気が付かなかったなんて…
名誉とか存在意義とか沽券とかプライドに係わる、
由々しき問題…
早速、私達は手分けして小学校に関する情報収集をすることにしました。

「ええと…」

調べるまでも無く…
おもちゃ屋さんに来る常連のお客さん、小学校の近くにある中華料理店のおかみさんと店員さん…
知り合いの方々…小学校に起きる怪異のこと…ご存知だったみたいです。
あっさりとお話を聞くことができました。
それによりますと

・校舎と校舎の間にある中庭で、頻繁に火の玉が目撃される
・近所に住む人が道路側に面した校舎の一階廊下をあるく人影をよく見かける
・校舎からプールに向かう渡り廊下をふらふらと歩く半分透けた男性がいる
・校舎の屋上から見下ろす人影
・真っ黒い人間のシルエットみたいなものに追いかけられた
・バスケットコートで人の笑い声や激しく動きまわる人影、ボールをつく音が聞こえる
・夏の深夜にプールで激しい水音や嬌声が聞こえる

小学校の敷地全域に渡って目撃されてるみたいですね。
最後のふたつは…ご、ごめんなさい…それ…たぶん、私達です…

「こんなところでぐだぐだ駄べっているくらいなら
 今から行ってきたらどうだ?」

週末のおもちゃ屋さんの作業場を借りて小学校探検の打ち合わせをしているところへ、
電動ガンのメンテを終えた店長が話に加わってきました。
 
「あんまり慣れた場所の割りに、俺達が全然気が付かなかったので
 慎重にならざるを得ないと思いましてね」

「幽霊程度ならいいのですが…気配の消し方が上手い物の怪相手となると…」

「場所が街中ですからね、以前みたいな大物相手に総力戦やらかして大騒ぎになり
 付近の住人に通報されるのもまた、厄介」

そうなんですよね。藪つついて大蛇を出し…始末に困って放置したまま逃走という…
心がずきずき痛む過去の記憶が…あんまり遠くない過去の記憶が…
火の玉や人影くらい密度が薄そうなのなら…今まで気がついてもおかしくないのに
私達の前には一度も姿を現さないというのは…どうも腑に落ちません。

「それなら下見って言うことで行ってきたらどうかしら?」

私の背後から艶のある女性の声…
コーヒーの入ったマグカップをトレイに乗せ、現れたのは店長の奥さんでした。
三十代半ばのすっごい美人さんです♪


【怪異】終間遺語りーシュウマイガタリー①/HN:こげの続きを読む
4件の投稿・反響コメントを見る

【怪異】終間遺語りーシュウマイガタリー②/HN:こげ

<<前回に戻る

【怪異】終間遺語りーシュウマイガタリー②/HN:こげの続きを読む
4件の投稿・反響コメントを見る

人気記事紹介    感謝アンテナ様【 P!アンテナ にゃんてな!
*おすすめタグ*

あなたに縁のある投稿
アクセスカウンター
天通イベント棚
★おすすめ本2選

★おすすめサイト2選
スピリチュアリズム 天門庵