優良記事紹介ヘッドライン    感謝アンテナ様【 にゃんてな!


【怖い話】まっかなおてて

まっかなおてて


283 :本当にあった怖い名無し:2014/07/28(月) 07:13:07.15 ID:79Tkdo3yR

高校生の頃、いっつもつるんでいた友達Aの誕生日を祝おうってことになった。
当日、その友達を含む仲の良かった連中と、いつもの広場に集まって、そっからしばらくゲーセン行ったり卓球したりと楽しんでいた。

気づけばあたりは薄暗く、いつも通りの遊びのままで終わりそうになったその時。
「肝試しにでもいかない?」と、Bが言い出した。
私はその類の話は苦手ではなかったが、正直言ってつまらなく思えた。何より、友達に早くプレゼントを渡したかった。
しかし、このままではいつも通りのままで、サプライズになりそうな要素もプレゼントくらいしかなかった。

他の子たちは怖がる子もいれば好奇心をむき出しにして賛成する子もいた。
私は前述から想像できる通り、可もなく不可もなくといった感じで黙っていた。
Aが行きたいと言うグループの一人だったということもあり、怖がっていた子たちも渋々ではあるが参加してくれた。

近所には廃墟とかはなかったが、学校内で、あるアパートは、人が引っ越してきては一週間も経たないうちに出て行ってしまうという噂があった。
所謂、いわくつき物件というやつだ。そこで、肝試しをやることになった。

しかし所詮は噂であり、ただの誰かの口から出たでまかせである確率は高い。
大したこともないだろうと言いながら私たちはそのアパートへ向かった。
外観は噂が流れるのが想像できないほどにきれいで、問題はなく思えた。

まず廊下を歩いてみるが、特に変わった様子はない。
しばらくしてBが、「ちょっと待って」と私を含むほかの子を呼び戻した。
見ると、空家であるはずのドアをBがいとも簡単に開けていた。
試しに他の部屋も試してみたが鍵がかかっていないようで、簡単に開いてしまう。

とうとう我慢できなくなった友達の一人が、震えながらアパートを出て行ってしまった。
私たちは急いで追いかけたけど、どこにもその姿はなかった。
私やB、肝試しを提案したAも、さっきまで意気揚々としていた子たちも、危険そうだからもう今日は帰ろうってことになって、プレゼントも渡せないまま最初に集まった広場で別れた。


【怖い話】まっかなおてての続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【笑える霊】半透明の猫好きな手

半透明の猫好きな手


131 名前:本当にあった怖い名無し:2009/08/09(日) 01:23:12 ID:anoLwXr/0

和み系になってしまうが今しがた体験したことをひとつ。

家で飼ってる猫をふと見ると、猫へ向けて半透明の手がそーっと向かっていた。
どうやら撫でたいらしく、指がわきわきと動いている。

そのまま観察していたら念願だったのか手が物凄い勢いで猫をわしゃわしゃー、と撫で始めた。
すると不快だったのか、胸を撫でまくっている手に向けて噛み付く猫。

その瞬間手はビクッ、て感じに痙攣した後にばたばた暴れ始めた。
猫はムキになったらしく、噛み付いたまま一向に放さない。

手はそのまま無理矢理引き抜くと、そのまま全速力(?)でどこかへ消えてしまった。
あの手、思いっきり噛まれてたみたいだけど大丈夫だろうか。

  

【笑える霊】半透明の猫好きな手の続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【怪談】新聞受けの不気味な手

新聞受けの不気味な手


586 本当にあった怖い名無し 2006/07/11(火) 23:16:54 ID:t591DoVZ0

Y新聞の配達でさ、ボロッちいアパートの一室に朝刊配ってた。いつもドアの横にオモチャの車があって、それが邪魔だった。

冬の朝、配達に行ったらドアの新聞入れる口のとこから手が出てた。青白いというより白い皮膚の下に黒い肉がある感じで不気味な手。

やっべーな~でも新聞入れなきゃ、って新聞で手を押してみた。なんか引っかかってる感じで動かない。

で、何を考えてたのか手で押してみたんだ。嫌だったけど。ぐにゅ 冷た。売ってる魚みたいに冷たくて柔らかい。ホンキでヤヴァイよなぁこれ……。

新聞無理矢理押し込んでさっさと離れようとした時、手が プラン プラン って動いた。なんつーか、ダランとしたまま上下に揺らされてるみたいに。


【怪談】新聞受けの不気味な手の続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【怪談】死を招く黒い手/HN:ドクロン

死を招く黒い手/HN:ドクロン


ある時期に身の回りに死が立て続けに起きたことがあった。

この方が亡くなったのが直接の原因かどうかはわからない。ただきっかけとなってしまったのは間違いないようである。

これは数年前のこと。N氏が亡くなった。N氏と親交があったY氏はN氏の葬儀に参加した。

葬儀が終わり帰ろうとすると、こそこそと人気のあまりない会場のそばで誰かが話をしているのが聞こえた。聞くともなく聞くと

「ああやつが死んで清々したよ。俺なんかよくやつに生前痛い目に合わされたからな」「俺も俺も」と、何人かの人間が死んだN氏の悪口を言っていた。

その中のひとりに目をやるとY氏も知っているK氏だった。(優しいK氏があんな事を言うなんて、意外だ)。そう思ってると、K氏の肩に何か黒いものが見えた。

なんだろうと思って見てみるとそれは黒い手だった。黒い手に気づくとすぐに引っ込んでしまったが、当然その手は誰の手でもなくこの世のものとは思えないものだった。

その翌月、今度はK氏が亡くなった。どんな亡くなり方だったかはわからないが、急な死だった。

Y氏はそのK氏の葬儀に参加した。すると、今度は式の参列者の中にM氏というY氏の秘書がいる。その秘書の肩に、この間N氏の葬儀で見たK氏の肩にあった黒い手が乗っていたのである。

悲鳴をあげそうになるのを我慢し、なんとも気味の悪いものを感じた。当然ながら思った。(またK氏のようにあの秘書も亡くなるのではないか)。


【怪談】死を招く黒い手/HN:ドクロンの続きを読む
2件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】引き戻す白い手

引き戻す白い手


82 本当にあった怖い名無し sage 2009/02/18(水) 22:56:00 ID:60tV4uHn0

私は捨て子で、遠い遠い親戚の所でお世話になりました。余り家庭環境は良くなく、傷つくととことん落ち込む性格になってしまいました。

高3の夏、受験を前にした大事な時期に、友人だと思っていた人にとことん裏切られてしまいました。

彼女に話した事はありませんでしたが、捨て子だと言う事を知られ、学校中にバラされ、苛め等無い穏やかな学校でしたが、話は彼女によってエスカレートさせられ

やっても無い事(薬物依存、売春、シンナー等)まででっち上げられ、精神はやっつけられました。

そんな時、義理の父が自殺未遂をしました。其の状況を助けたのは私でしたが、精神がボロボロだった所で、其れが引き金だったんだと思います。

精神が錯乱した状態で、ホームに入ってくる快速列車に飛び込みました。否、飛び込んだ筈でした。

向かってくる電車が視界に入り、ホームから自分の体が浮く感触があり、少し前まで私の隣に居た女性と思われる悲鳴が聞こえ、あ、死ぬんだな。と思いました。

嫌がらせを受けて死ぬなんて惨めだ、何をやってるんだろう。と思いました。此処で死ぬのは嫌だと思いました。

死ぬ瞬間、時間がゆっくりになると言いますよね。悲鳴の直後、時間がとても遅くなって、走馬灯ならぬ白い手が私の体をホームに引き戻しました。


【心温まる霊】引き戻す白い手の続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【怪談】ホテル無数の手

ホテル無数の手


6年前の話しです。

私と元カレはド○モの勉強会を兼ねた代理店会のパーティーに出席しました。パーティーの後、いつもの飲み屋でしこたま飲みホテルに向かいました。

いつもならすぐそばの東○インのスイートに泊まるのですが、その日は予約が取れなかったのと、たまには雰囲気の違う所に…と言った理由で、目の前が海のホテルを予約したとの事。

かなり霊感の強い友人が、死ぬ思いをしたと言ってたので私は少し不安でもありました。

が、お酒の勢いも有り3ヵ月振りに逢えた嬉しさも有り、そこそこ有名なホテルでも有るのでそんな不安も何処へやら。

タクシーは海沿いを走りマリーナを過ぎた辺り…いきなり悪寒とチキン肌と冷や汗。

確かに、パーティーでシャンパンをしこたま飲み、飲み屋でワインを2本空け、焼酎のロックを3杯飲んではいましたが、私なりにいつもの事で…

暗黙の了解で、どちらかがしこたま飲む時はどちらかが控える。その日は仕事絡みだったので彼が控えて私は飲みました。

いきなり酷い耳鳴りがして、物凄く気分が悪くなり…ホテルの前に着いた時点で腰から下の感覚は無かった。

帰りたい…行ってはいけない…そんな嫌な気分でしたが、彼はスペシャルスイートに泊まれる事でウキウキ。私の異変には気付いてくれません。


【怪談】ホテル無数の手の続きを読む
2件の投稿・反響コメントを見る

人気記事紹介    感謝アンテナ様【 P!アンテナ にゃんてな!
*おすすめタグ*

あなたに縁のある投稿
アクセスカウンター
天通イベント棚
★おすすめ本2選

★おすすめサイト2選
スピリチュアリズム 天門庵