優良記事紹介ヘッドライン    感謝アンテナ様【 にゃんてな!


【怪文書】一人でこっくりさん

一人でこっくりさん


473 本当にあった怖い名無し 2013/06/16(日) 15:59:58.55 ID:cJk/RFTB0

話ぶった切って悪いけどさ、こっくりさんてやったことある?
俺さっきまで暇で暇でしょーがなくて、一人でこっくりさんやってたのよ。

たださ、こっくりさんて一人でやるもんじゃないだろ?
でもここには俺ひとりしかいないわけよ。
じゃーどうするか。鏡を使って俺が二人になればいい。と、思ったわけよ。

風呂場から引っペがしてきた鏡をテーブルの上に据え付けて、その下に鳥居とイエス、ノウだけ書いた紙置いて、10円玉を鏡の下の淵に合わせるように置いたの。
こうしてから10円玉に右手の指を置くと、鏡の中の俺が左手の指で10円玉押さえてるように見えるんだよ。

で、そのあとは普通のこっくりさん同様の手順で10円玉動けーーーー!!
ってやってたの。もちろん動かなかったけど。

30分くらい(今思えばなんでこんなに頑張ったのか…)ずーっとやってて、いい加減飽きてきたんだけどさ、
ふと、鏡に映ってる自分になんとなくだけど気味の悪さを感じたんだ。
なんていうか、これはほんとに自分なのか?って疑う感じ。

自分で認識してる顔の表情と、実際に見えてる顔の表情が違うような妙な感覚。
そんで思わず、「お前は誰だ?」って言っちゃったわけよ。鏡に向かって。

その瞬間、指を置いていた10円玉が動くんじゃないかっていう気配みたいなものを感じた。
もちろん実際には10円玉はピクリとも動いてないよ。
でも、普通に質問してた時は全く感じなかった、「10円玉が動き出そうとする瞬間」みたいな感覚を確かに指先が感じたんだ。

「きた」って思って、「おまえはだれだ」って音節を区切るようにしっかりと発音した。
でも、動き出しそうって気配はあるのにやっぱり動かない。
「おまえはだれだ」「おまえはだれだ」って繰り返してるうちに、だんだん感覚が鈍ってきて、単なる錯覚かなって気になってたんだけど、ここで気づいた。


【怪文書】一人でこっくりさんの続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【怪文書】滑舌の問題/HN:非常口ウラン

滑舌の問題/HN:非常口ウラン


息子「もしもし、俺だけど」

母「タカシかい?」

息子「母さん、息子を名乗る電話で簡単に名前呼んじゃダメだよ、詐欺にあうよ」

母「そうだね、気をつけるよ」

息子「最近どう?大丈夫なの?母さん危なっかしいから心配で」

母「最近?あぁ、そういえば、良いことがあったよ。あれよ、あれ。思い出せないんだけどね、有名な名前で。英語で、ほら、なんていったかしら。たしか…なんちゃらエイって所からね、電話が来て」

息子「いいこと…?もしかして流行りの名義貸し?詐欺かもしれないよ、まだお金取られてないよね?」

母「お金?なんちゃらエイって所からはね、当選したから送るって私に言うのよ。なんていったかしら。還付金?を送るからって話で」

息子「それ今一番悪質な詐欺だよ!ATM行ってないよね?」

母「ん?エーテーム?行ってないよ。住所しか聞かれなかったから」

息子「最近手渡し型とかもあるから母さんあぶないよ!俺今から車とばしてくからさ、絶対俺以外の電話とかピンポン出たらだめだからね!」

母「わかったよ」

【怪文書】滑舌の問題/HN:非常口ウランの続きを読む
8件の投稿・反響コメントを見る

【怪文書】宇宙人/HN:いくゆみ

宇宙人/HN:いくゆみ


俺は永田という。

背が低い事がコンプレックスだ。

ここだけの話、背が伸びないのには理由がある。

左の手首に謎の出っ張りが俺にはあった。

触っても痛くないし押せば引っ込むのだが一ヶ月くらいすると出っ張りが元通りになる。

一度だけ病院に行ったが原因は不明とされた。

本当は分かっていたのだ。

小さな頃の記憶を俺はどこかで消そうとしていた。

頭が可笑しい奴だと思われるに違いない。

俺は小学生の頃に宇宙人に誘拐されたのだ。

左の手首に何かを埋め込まれた。

きっと我々を調べているのだろう。

あいつらにとって俺は実験体という事だ。

「ママァ、あの人…背小さいし目が大きくてウチュウジンみたい!」

ガキが俺に指を指している。

生意気なガキだ。

「こらっ!麻美、失礼な事言っちゃダメでしょ」

謝る両親に俺は大丈夫とだけ伝えた。


【怪文書】宇宙人/HN:いくゆみの続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【怪文書】兄ちゃんのイタズラ/HN:非常口ウラン

兄ちゃんのイタズラ/HN:非常口ウラン


「うわっ!!冷たっ!!!」

俺がシャワーを浴びていると、毎回と言っていいほど急に水温が下がって、俺は冷水を浴びる。
正直心臓に悪い。いつ冷たくなるかの合図なんてないし、ほんと参る。

原因はわかってる。兄だ。
幼稚園のころから、三つ上の兄は俺に‘冷水テロ’を起こし始めた。俺が風呂に入ってるときに給湯器の温度を下げるというイタズラだ。

俺も最初は楽しくて、幼い頃は風呂出たら服着る前に兄を追いかけてはしゃいだ。服を着なさいと母ちゃんにはよく怒られた。
兄も、給湯器の温度を上げ下げするから母ちゃんに怒られてた。それでも何年も続けた兄ちゃんは、ある意味すごいと思う。

俺も中学生になって、少し冷めたキャラ作りをした。厨二病の始まりだった。
そんな冷め始めた俺に対しても兄は冷水テロをやめなかった。

水温を冷たくしてくる兄にいちいちかまうのはもうやめよう。俺は風呂場を出てまっすぐ自室に向かった。
部屋を開けると、俺のベッドで兄はくつろいでた。

「…それ俺のベッド」
「知ってる知ってる。ちょっと借りてるだけ。てかお前さ、冷水慣れしちゃったか?なんもリアクションないじゃん」

「…そういうのもういいから。俺もうガキじゃねーし」
「あ、そう…そうだよな。ははは」

兄は少し寂しそうな顔をしていたように思う。
それが俺と兄の最後の会話だった。

高校生なのにタバコなんか吸いまくってるから悪いんだよ。兄は朝シャン(死語だよな)してる最中に倒れて頭を打った。
急いで救急車を呼んだけど、病院で死亡が確認された。

俺は悔やんだ。もっと兄のイタズラに、素直につきあえば良かった。

兄がいなくなってから初めての風呂の時がきた。
もう俺は冷水を浴びることはない。すごく、寂しい気持ちになった。


【怪文書】兄ちゃんのイタズラ/HN:非常口ウランの続きを読む
3件の投稿・反響コメントを見る

【怪文書】二例目の症例/HN:非常口ウラン

二例目の症例/HN:非常口ウラン


…まただ。
もう何回、何十、何百回めだ。

俺は玄関先で泣き崩れた。

俺は、もうノイローゼ状態に陥っている。抜け出せない螺旋階段。無限地獄。
ストーカーのようにしつこいあいつ。
そして、治らない俺の悪い癖。偏食。

これはもう、医者にかかるしかないみたいだ。

俺は評判の良い心療内科へ足を運んだ。
受付をすませて、待合い椅子。特にすることもなくじっと床を見つめる。

「おぉ?お前か?久しぶりだなぁ、元気だったか?」
俺はふと視線を上げた。そこには学生時代の友人がいた。
「久しぶりだなぁ。しかし、こんな所で会うとはな」

旧友との思い出。青春。話したいことはたくさんあった。
俺は、旧友にどうしても聞きたいことがあった。

「なぁ、1つ、聞いて良いか?」
「あ、悪ぃ、今診察呼ばれちゃってよ。またな。あ、もしかしてお前住所変わった?」
「変わってねぇよ」

俺の返事を聞いたあいつは、安心したような笑みを浮かべて診察室へと入っていった。

…あぁ!
襲い来る罪悪感。俺はあいつに心配させてしまっていたんだ。きっとあいつも、俺の過ちのせいで心を病んだんだ。
止まらない自己嫌悪。
でもそれも、今日からは変われるかもしれない。こうして俺は病院に来た。きっと、なにか収穫があるはずだ。そして、あいつにもちゃんと伝えるんだ。


【怪文書】二例目の症例/HN:非常口ウランの続きを読む
4件の投稿・反響コメントを見る

【怪文書】働き蟻の法則/HN:非常口ウラン

働き蟻の法則/HN:非常口ウラン


「僕の家族は、おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、僕、弟3人、妹二人でした」

取調室で、青年は刑事に向かって語り始めた。

「お父さんとお母さんはよく働きました。反対に、僕と弟1人はニートでした。ほかの家族は、それなりに働いていました。おじいちゃんとおばあちゃんですら畑仕事を日課にしているというのに、それでも僕と弟は働きませんでした」

「何故殺したのか?それは、僕が働くために殺しました」

「はい、まずお父さんとお母さんを殺しました。よく働いていたからです。しかし、殺しても意味がありませんでした。妹二人がバイトを掛け持ちしてよく働くようになってしまいました」

「なので、次に妹二人を殺しました。しかしそれも意味がありませんでした。おじいちゃんとおばあちゃんがパートに出て稼ぐようになってしまったからです。なので、仕方なくおじいちゃんとおばあちゃんを殺しました」

「はい、やはり無意味でした。今度はフリーターの弟を2人殺しました。すると、やっと効果が出てきました。ニートだった弟が、遂に働き出したのです」


【怪文書】働き蟻の法則/HN:非常口ウランの続きを読む
5件の投稿・反響コメントを見る

【怪文書】善悪/HN:いくゆみ

善悪/HN:いくゆみ


「あなたが、あの有名な名探偵…『M』なんですね」

私は電話に向かってそう言った。

「お話が出来て光栄です」

『M』とは世界一の名探偵と言われている方だ。

男なのか女なのか、若いのか年配なのかも分からない。

素性の知れない人物である。

『用件はなんですか?』

直接の声を聞かせて貰えるとは思っていなかったが電子音声とは…余程、素性を知られたくはないのだろう。

「人を探しています。クリアと呼ばれている犯罪斡旋人をご存知ですか?」

『知ってます』

返事に無駄などない。

少しでも『M』がどんな人間なのか情報を得たいがガードが固い。

「探しては頂けないでしょうか?」

さて『M』はどうでるか…

『クリアの情報は少な過ぎます。今のままでは見つけるのは困難でしょう』

予想通りの受け答えだ。

クリアは自分自身で犯罪を犯さない。

犯罪計画を練り、その計画を売り物とする斡旋人。

犯罪の根元とも言える悪人である。

自分自身の情報は絶対に漏らさない。


【怪文書】善悪/HN:いくゆみの続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【怪文書】幽霊の話/HN:いくゆみ

幽霊の話/HN:いくゆみ


「初めまして…って言うのも変な感じね」

私は『麒麟』というハンドルネームでSNSに登録している。

「麒麟さんですか?俺はガリレオです!」

20代くらいの爽やかな好青年だった。

「ぼ、僕はモンドです…」

30代くらいのパッとしない暗そうな男。

こうして会うのは初めてだったが何年も前から知り合いである。

私たちは『心霊研究所サークル』というSNS内のサークルメンバーだ。

心霊について話し合うだけのサークルである。

メンバーはもっと多いのだが年末という事もあり集まったメンバーは3人だけだった。

近くのファミレスに移動し始める。

途中で救急車やら消防車、パトカーが騒がしかった。

何か事件だろうか、物騒な世の中である。

ファミレスに着き、それぞれが持ち合わせた話をし、心霊に対する独自の見解を熱く語った。

やっぱり他の人と話を交える事は自分の視野を広げる。

今回もたくさん話を聞けて良かった。


【怪文書】幽霊の話/HN:いくゆみの続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【怪文書】本日のニュース②

本日のニュース②


【相次ぐイジメ。いじめられる方にも問題が?】

一昨日、男性(74歳無職)が海辺で、ウミガメをいじめていることが近隣住民からの通報で発覚した。
男性は何度も何度もカメをひっくり返して自力で元に戻れないカメを罵倒するなど計37時間にも及んでカメをいじめていた。

男性は「聞いてねぇよ!時間返せよ!あれじゃ玉手箱じゃなくて開けたら爆発する爆弾みたいなもんだろ!おまえらはテロリストか!」
と叫び続けており、警察は男性を動物愛護法違反の疑いで事情聴取にあたっている。


【逆、オレオレ詐欺。祖母を想う良心につけ込んだ卑劣な犯行】

先月20日、少女(8歳)のもとに一本の電話が。「もしもし、おばあちゃんだよ。風邪をひいて声が枯れてしまってねぇ。悪いんだけど葡萄酒を届けてくれないかい」
祖母からの電話だと信じ込んだ少女は葡萄酒を持って祖母宅に向かうと、待ちかまえていたのは狼だった。

とっさに少女は狼の腹を割き消化されかけた祖母を救出し救急車を呼んだが、搬送先の病院で祖母の死亡が確認された。
警察は、少女が躊躇なく狼の腹を捌いたのは少女に何らかの精神的疾患があるとし少女を検査入院させ、慎重に捜査をする模様。


【恐怖。住宅街に巨大熊出現】

昨夜、○○町○○市に野生の熊が現れた。熊は、特に女児に向かって突進しているとの目撃情報があり地区の小中学校では4校が集団下校、2校が臨時休校をとっている。
自治体からは「白い貝殻のイヤリングを持った熊には注意するように」と注意喚起を促している。



【怪文書】本日のニュース②の続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【怪文書】サンタは、いる。

サンタは、いる。


俺はもういい年こいたおっさんだが、サンタクロースはいると思う。というよりも、居た。

別におもちゃもらった訳じゃないんだけどな。

何年前だ、俺は当時中2か3だったと思う。サンタが、玄関から入ってきたんだ。白い服で。

夜中だったからさ、ちゃんとは見えなかったんだけど赤い服は着てなかったと覚えている。男で、大柄で、髭を生やしてた。

サンタって、子供が寝てるうちに仕掛けるだろ。だから俺は寝たふりをしてた。薄目あけて、サンタの様子を見てたよ。

なんだかんだして、サンタは帰って行った。赤い服で。

それを機に俺は怪我をしなくなったよ。強いていうのなら俺は白いサンタに『普通』をもらったんだろうな。


【怪文書】サンタは、いる。の続きを読む
3件の投稿・反響コメントを見る

【怪文書】傷のない遺体/HN:いくゆみ

傷のない遺体/HN:いくゆみ


不思議な遺体が発見された。

身体に外傷なく、何故か水に濡れている。

とある年配刑事が言った。

「水死体か…それにしては綺麗だな」

この年配刑事の読みは外れた。

この遺体は水死体などではなかった。

「外傷はない、じゃあ毒殺か?」

解剖結果を見ていたもう一人の新米刑事が答える。

「いえ毒物は発見されていません」

年配刑事は首を傾げた。

「なら死因はなんだったんだ?」

新米刑事ははっきりと答える。

「出血性ショック死が原因みたいです」

現場で発見されたものはホースとおもちゃのナイフ、被害者を縛っていた縄と目隠し用のタオルだけだった。

新米刑事はとある説を年配刑事に話した。

「こんな殺しが本当に可能なのか?」

「理論上は可能です」


【怪文書】傷のない遺体/HN:いくゆみの続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【怪文書】心理攻防戦/HN:いくゆみ

心理攻防戦/HN:いくゆみ


困った。

本当に困っている。

どのくらい困っているかは状況を説明しなくてはならない。

ショッピングを楽しんだ後、泊まる予定であった友人と一緒に自宅に戻った。

今はベッドの上で借りてきたDVDを鑑賞している。

ジャンルはホラーだ。

全然怖くないのだが、何となく叫んだりしてみている。

困っているのは、こんな事が理由ではないのだ。

ベッドから少し離れているテレビ。

ホラーを借りてきた事もあり画面が暗くなる事も珍しくない。

画面が暗くなると薄っらだが鏡のように写る。

勘の良い人ならば気づいたであろう。

…………………そう。

ベッドの下に変な男がいる。

変な男はテレビ画面を凝視しているようだった。

つまりは画面に写る私たちの動向を監視している。

変な行動をすれば襲われる可能性が高い。

ベッドから出るのも危ぶまれた。


【怪文書】心理攻防戦/HN:いくゆみの続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【怪文書】占いが好きなあなたへ

占いが好きなあなたへ
 

私は、占いが好きだ。星座占い、血液型占い、姓名判断。心理テストの類も大好きだ。
なにかおもしろい占いはないかとネットサーフィンしていたときのこと。

『あなたの運命を決める7つの質問』
という広告バーに目が止まった。

早速クリック。
宇宙をモチーフとした壁紙に、神秘的な雰囲気を醸し出すフォントでサイトは私を迎えてくれた。

『ようこそ。あなたの運命が決まる部屋へ。全て直感で回答してください。
リラックスして気持ちを整えてから、イエスかノーで答えてくださいね』



Q1 この世には、科学では説明しきれない現象があると思いますか?
Yes or No
Q2 蝋燭の火を吹き消したことはありますか?
Yes or No
Q3 白いうさぎを見たことがありますか?
Yes or No
Q4 手紙を書いたことはありますか?
Yes or No
Q5 本を読んだことはありますか?
Yes or No
Q6 死後の世界に興味がありますか?
Yes or No
Q7 祈ったことはありますか?
Yes or No

以上で終わりです。

[運命を知る]
↑をクリックして、空メールを送信してください。診断結果が届きます。



【怪文書】占いが好きなあなたへの続きを読む
3件の投稿・反響コメントを見る

【怪文書】矛盾

矛盾


僕は矛盾したことが大嫌いだ。

矛盾。あのホコとタテの話なら皆知っているだろう。僕は初めて『矛盾』の話を本で読んだとき、とても不快な気持ちになった。モヤモヤがずっと心に残る。ストレスがたまる。

僕は、童貞だ。なぜなら、矛盾したことが嫌いだから。
婚姻関係にあり、子を望み、行為に至る、というのならば、納得できるが、婚姻関係ではなく、強く子を望んでおらず、行為に及び(この時点で矛盾だらけだ)、終いには金銭面の都合などで悲しい末路を行く場合もある。
とてつもない矛盾の塊じゃないか!

僕は、性欲を無くす努力をした。

朝が来る。起きる。夜が来る。寝る。また朝が来て起きて、夜が来て眠る。
…そんなに繰り返したくない!
どうせ朝起きても夜寝るんだし。夜寝ても朝起きるんだ。なのに僕はなにを繰り返しているんだ。

僕は睡眠欲を必死に無くそうとした。

腹が減り、物を食う。排泄し、食った物は体から出て行く。また腹が減る。腹が減る度に金を払い食料を買う。要約すると、金を排泄物に変えているだけ。
更に言うなら、働くことが排泄に直結している。労働、排泄。労働、排泄。

僕は仕事を辞めて、飲まず食わずで過ごすことにした。


【怪文書】矛盾の続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【怪文書】偽札/HN:いくゆみ

偽札/HN:いくゆみ


「いらっしゃいませ!」

彼は最近バイトに入った遠山くんである。

ハキハキとしていて真面目で仕事も早い。

レジ打ちや品出しなども初めてするのに覚えも良く申し分ない。

最近の若い奴はだらしないなど言われたりするが彼は確りした若者だった。

「すまんが精算に入るからレジと品出しをお願いするよ」

「わかりました!」

そう返す遠山くん。

彼なら安心して仕事を任せられる。

「て、店長!大変です」

慌てた様子で遠山くんが店内裏側の事務所に入ってきた。

「慌てて、どうしたのかね?」

「に、偽札です…しかも…かなり完成度の低い…レジの中にありました!」

そう言って彼は千円札を広げた。


【怪文書】偽札/HN:いくゆみの続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【怪文書】ペット自慢

ペット自慢


リポーター「さぁ、さっそく今回の可愛いペットを飼っているお宅に伺いましょう!」

ピンポーン
ガチャ

「ワンワンワン!ワンワンワン!」

リポーター「こんにちわ~我が家のペット自慢のコーナーです!」
飼い主「こんにちわ」

リポーター「えーと、早速、ご自慢のペットを紹介してもらっていいですか?」
飼い主「あぁ、この子です」

リポーター「……まぁ、かわいらしい!女の子ですか?」
飼い主「よく言われるんですけど、男の子なんですよ」

リポーター「すごい可愛らしいお顔してるから女の子かと思っちゃいましたぁ~首輪も可愛いピンクで!」
飼い主「この子に似合うかと思って私の趣味でピンクにしたんです」

リポーター「そうなんですかぁ。この子、お名前は?」
飼い主「タローって言います」
タロー「ワン!」


【怪文書】ペット自慢の続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【怪文書】未来の為の完全犯罪/HN:いくゆみ

未来の為の完全犯罪/HN:いくゆみ


なんという運命の皮肉だろうか。

私は一番大切な人を殺さなければならない。

理由は簡単である。

未来を守る為、世界を守る為だ。

単なる好奇心だった。

今では後悔している。

可能性を求め続けた結果、出来上がったものだった。

でも作り上げてはいけないものだったのだ。

それによって世界は壊れてしまった。

一部の人間によって書き換えられていく世界。

追手もすぐに来るだろう。

チャンスは一度きりしかない。

私はフードを深く被って準備をする。

右手に持ったナイフを強く握りしめた。

「あなた、だ、誰?」

聞き覚えのある声。

「えっ…え、わt…」



【怪文書】未来の為の完全犯罪/HN:いくゆみの続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【怪文書】eunitnoc/HN:いくゆみ

eunitnoc/HN:いくゆみ


今日、妻が死ぬ。

何故そんな事が分かるかと聞かれれば答えは簡単だ。

俺は何度も今日を繰り返している。

最初の日、妻は車に轢かれた。

さっきまで一緒にいた大切な人が…もう動く事はなく、涙を流し続ける。

俺は信じてもいない神様に願った。

妻を助けたい。

朝起きると不思議な事が起こっていた。

妻が生きている。

携帯電話を見ると日付が今日のままである。

これは神様がくれたチャンス。

今日行くはずだった買い物に行かない事にした。

これで妻は轢かれない。

助けられるはずた。

しかし、家で過ごしていた妻は階段で足を踏み外し亡くなった。

それから俺は妻を助ける為に何度も何度も何度も繰り返している。

同じ日を…。

俺は妻を助けたい一心だった。


【怪文書】eunitnoc/HN:いくゆみの続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【怪文書】continue/HN:いくゆみ

continue/HN:いくゆみ


夫が今日から急に冷たくなった。

会話もほとんどない。

かなり窶れているようにも見える。

「どぅ…たら……のか」

ぶつぶつと何かを呟いている。

他に女でも出来たのか?

はたまたヤバい薬やハーブに手を出しているのか?

昨日までは普通だったのに私はどうしたら良いのだろう…

ガシッ

夫が私を抱きしめた。

「愛してる…必ず君を…」

夫は涙を流していた。

何故、私は夫を疑ったりしたのだろう。


【怪文書】continue/HN:いくゆみの続きを読む
2件の投稿・反響コメントを見る

【怪文書】妄想幽霊/HN:いくゆみ

妄想幽霊/HN:いくゆみ


私の部屋にはパソコンと本棚しかない。

むしろ、それ以外に置くスペースがないとも言える。大小合わせて11もの本棚がところ狭しと置かれている。

小さめの黒い本棚の隣、部屋のすみ。私はたまにそこを眺めている。

小さめの本棚が1つ置けるであろうスペース。でも私には置けない理由があった。

まだ誰にも話した事のない話である。


私が今の家に引っ越してきたのは高校生の時だった。

購入した時には、まだ未完成で建てている最中の物件。

何かフィーリングでもあったのかも知れない。母はまだ建て終わっていない家の購入を決めた。

無事に建て終わり入居日。ピカピカの新築に家族みんなテンションが上がった。

一階のリビングはご飯を食べたりテレビを見るところ。隣の和室は両親の寝床。

二階に上がってすぐの真ん中の部屋が私の部屋で左の部屋が兄、右の部屋が姉となった。

二番目の姉は結婚していて実家をすでに出ていたが、家が割と近いのでよく遊びに来る。

最初の頃は荷物の整理などでバタバタしていた為、自分の部屋でゆっくり過ごす事は少なく気が付かなかった。


【怪文書】妄想幽霊/HN:いくゆみの続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

人気記事紹介    感謝アンテナ様【 P!アンテナ にゃんてな!
*おすすめタグ*

あなたに縁のある投稿
アクセスカウンター
天通イベント棚
★おすすめ本2選

★おすすめサイト2選
スピリチュアリズム 天門庵