優良記事紹介ヘッドライン    感謝アンテナ様【 にゃんてな!


【怪談】夜キャッチボールと子供

夜キャッチボールと子供


762 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/08(日) 23:31:25.17 ID:3DWf/55x0.net

高校時代のくそ怖かった体験談。

夜中、よく校庭で友達と二人でキャッチボールをしてた。(ヤンキーが金網に開けた穴から入ってた)
暗がりでキャッチボールすると遠近感がうまく掴めず球が目の前で急に迫るように見えて、当然危ないんだがそのスリルが楽しくて。

でその日もいつものようにやってたら、校庭の別の場所でボールがバウンドする音がした。
エッと思って音の方を見ると少し遠くに子供がいた。

夜中1時前くらいだし、高校の校庭だし、俺ら以外の足音なんて聞こえなかったからむちゃくちゃ驚いた。友達もビビってこちらにかけてきた。
子供がいたのは街灯の明かりが当たらなすぎて、夜キャッチボールのときは避けていた場所。

でその子供が、球を拾い、向こうのほうに投げた。かすかだが白いもの(球)が飛ぶのも見えた。
投げた向こうは校庭の木々の影で真っ暗な場所。

球が暗闇に消えて数秒、校庭にリバウンドする音がした。相手もいないのに投げている……?
と思った瞬間、暗闇からこちらに球が向かってきて俺たちのそばに落ちた。

どうしていいかわからず子供のほうを見ると、子供は突っ立ってるだけで、投げ返してくれって動作もしない。
ビビる友達が「帰ろうぜ」というので子供に背を向け無視して行こうとした瞬間、暗闇の方から

タタタタタ!とこちらに走ってくる音が!!
あまりに怖くて全速力で出入り穴までダッシュした。


【怪談】夜キャッチボールと子供の続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【心霊】憑いた子供/HN:ばばちゃん

憑いた子供/HN:ばばちゃん


今回は私が体験した話をしたいと思います。

高校3年生の冬に所謂、見える人の部類に入る友人(以降、Bとします)に突然言われました。

「ばばちゃん、子供に憑かれてるわ。しかも、くっついて離れへんって感じ。悪意は感じひんけどお祓いしたほうがいいかも」

私からしたらハァ?って感じでした。

私はホラーや心霊現象など大好きですが、心霊スポットやこっくりさんを面白がって行ってみたりはしません。憑かれる原因なんて心当たりがないのです。

更に一週間後、Bに言われました。

「あー、お祓い行ってないやろ?マジでヤバイで。ばばちゃんのことお母さんやと思ってるわ。連れてかれんで」

かなり真顔で言われたのでゾッとしました。Bは本当に危ないから、今日中にお祓いに行こうと言いました。私はそれに従うことにしました。

Bに連れられて来た場所はそれなりに大きな寺でした。なんでも、Bの叔父さんが住職なんだそうです。

住職は私を見るなり、こう言いました。

「こら、あかん。早くお祓いしな。君、ちょっと危険やなぁ」

私は訳が分からないまま、お祓いを受けました。

終わってから、住職に今回のことの説明と私の体質について教えられました。

・今回、私についていた子供の霊はたまたま波長があった私に憑いただけ

・私自身、霊感が皆無だから子供の霊を怖がらないため離れなかった

・私はかなり、憑かれやすい体質。たくさんの波長を持っているから、霊が寄ってくる


【心霊】憑いた子供/HN:ばばちゃんの続きを読む
3件の投稿・反響コメントを見る

【怪異】こども/HN:やまっち妻

こども/HN:やまっち妻


夫やまっちは今でこそハクション大魔王激似ですが、小学生の時は、アルバムを見たところ、誘拐したくなる程の美少年でした(インドの王子様みたい)。

勉強、運動、給食苦手。絵は上手。女子には可愛がられる、なんか、男子をイラッとさせる存在だったようです。

やまっちはある日男児連中にトンネルに入れられました。「おんなが助けてくれるけん」

死にそうな気持ちの時、壁から「はりついとったらええけん」老人の声。体が確かに アイロンプリントのように岩に染み入ったそうです。

列車が通過。直後体は元通り立体。夫は平気。

いじめっこの一人が笑いながら様子を見に来た時、やまっちが死んでいないことにビビってたそうです。


【怪異】こども/HN:やまっち妻の続きを読む
10件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】メンコのライバル

メンコのライバル


949 :本当にあった怖い名無し:2011/09/07(水) 00:10:24.35 ID:77gqvU8x0

俺のオヤジから聞いた話。

オヤジが小さい頃の遊びといったらメンコが大ブームで、オヤジも色とりどり様々なメンコを集めていたが、腕はからっきしだったとか。

あるとき、同じ町内のA君に惨敗し、彼に頼み込んで特訓を受けた。勉強そっちのけで血の滲むような練習を重ねたところ、かなりの上達を遂げ気がつくとオヤジは近所でも名うてのメンコ名人になった。

師匠であるA君までもがライバルと認め、二人の直接対決は町内の子供たちがみな観戦に集まる名物となっていた。星取は一進一退でなかなか決着はつかなかったとか。

しかし、A君は父親の仕事の都合で東京に引っ越してしまった。オヤジとはいつか必ず決着をつけよう、それまでお互い練習しようね、と固く約束したという。

遠く離れても、オヤジとA君は手紙のやり取りを続けた。手紙にはメンコを同封し、たびたび互いの自慢のメンコを交換していたという。

ある日の夕方、オヤジは帰宅中に公園で見覚えのある子を認めた。A君だった。歓喜し、A君に駆け寄るとA君も嬉しそうに満面の笑顔で迎えてくれた。

何を話したか覚えていないそうだが、オヤジは近況を語り、A君はにこにこしながら聞いてくれた。

話もそこそこにメンコの勝負を持ちかけると、A君は

「もうおれはメンコは出来ないんだ、たくさん集めたけどあげるよ」

と巾着袋に入ったメンコをオヤジに手渡した。オヤジは驚き理由を訪ねたが、A君は

「だいじにしてね、バイバイ」

とだけ言い、帰ってしまった。


【心温まる霊】メンコのライバルの続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【不思議】おじさんと船/HN:0.血苺

おじさんと船/HN:0.血苺


高校時代、バイトで知り合ったハナちゃんは、未だに家族ぐるみで付き合いが続いている友人です。

歳は彼女の方が3つ上ですが、気づまりを感じた事は一度もありません。…まあ、少々気が強い所はありますが…シングル・マザーで一人息子を立派に育てているのですから、それくらいは当然なのでしょう。

ハナちゃんはよく、うちの娘をお嫁さんに貰うと言っていますが、私は内心、“あんたみたいな姑は勘弁してくれ”と思っています^^;

彼女の息子…淳としますが、やはり男の子のせいか、小さい頃から物怖じせずに1人でどこにでも行ってしまう、困った子でした。

当時は既に、日本とはいえ小さい子どもだけで遊ばせるのは危ない!という風潮になっていたので、私もハナちゃんも

「1人で遊びに行っちゃダメ!」

と、叱り付けたものです。

でも、いまいち強く言い聞かせられなかったのは、私も彼女も“そうそう、危ない事にはならないだろう”と根拠もなく考えていたせいでしょう。

「だいたい、今の親って過保護すぎるんだよね」
「そうそう。うちの弟なんか、学校上がる前は殆ど野放しだったよ」

そんな会話を交わしたのを覚えています。

そんな過信が、あんな事になってしまったのだと…私たちは後々まで悔やみました。


【不思議】おじさんと船/HN:0.血苺の続きを読む
10件の投稿・反響コメントを見る

【心霊】子供が見たもの…/HN:背肉海豹

子供が見たもの…/HN:背肉海豹


これは私の従姉妹のおばちゃんの話です。

私のおばちゃんは、よく心霊体験をします。やはり病院で働いているからでしょうか…

その数ある心霊体験の中から、今回はおばちゃんが担当した産婦人科の話をしたいと思います。

もう出産間近な母親が父親と一緒に4歳ぐらいの男の子を連れて病院に来たそうです。おばちゃんはその男の子とすぐに仲良くなりました。

男の子がおばちゃんに「僕のお母さんいつまで帰ってこんと?」と聞いたそうです。

おばちゃんは「お母さんはね、すぐ帰ってくるよ。次会った時はね可愛い赤ちゃんと一緒だからね。楽しみにしとって!!」

そう言うと、男の子は嬉しそうに父親と帰って行ったそうです。

2日後、無事に可愛い赤ちゃんが産まれました。当然その男の子も来ていたんですけど、おばちゃんが男の子に赤ちゃんを見せると「可愛い」と言って見ていたそうです。

すると不意に男の子が分娩室(ぶんべんしつ)の開いているドアの向こうを指さして

「おばちゃん、あの赤ちゃんは誰の赤ちゃん?」

その時おばちゃんは鳥肌が立ったそうです。


【心霊】子供が見たもの…/HN:背肉海豹の続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

人気記事紹介    感謝アンテナ様【 P!アンテナ にゃんてな!
*おすすめタグ*

あなたに縁のある投稿
アクセスカウンター
天通イベント棚
★おすすめ本2選

★おすすめサイト2選
スピリチュアリズム 天門庵