優良記事紹介ヘッドライン    感謝アンテナ様【 にゃんてな!


【怪異】言わな語り-イワナガタリ-①/HN:こげ

言わな語り-イワナガタリ-/HN:こげ


お盆に父方の実家へ家族で出掛けるのは毎年恒例の事でした。
祖父母の家は北関東の某県、東京に近い割りに山あり川あり
空には鳶や鷹が舞い
集落にはイノシシや狸など野生動物が普通に出没する
自然と人の営みの調和がとれた素敵なところです。

父は田んぼと畑だけで何もない退屈なところだと苦笑しますが
祖父母の家に滞在する数日を、私はとても楽しみにしていました。
三男の父と同じく、長男と次男も家を出て、隣の市に家を建てて住み暮らしているので
祖父と祖母の二人暮らし、
息子夫婦が孫を連れて帰ってくるのを楽しみにしながら
ご先祖様から受け継いだ土地、田畑を守っているのだそうです。

祖父母の家で食べるご飯も楽しみのひとつでした。
畑で丹精こめて育てた野菜の味は格別ですし、
そこに近くの山で捕れたイノシシや鹿のお肉、
清流で獲れた川魚や川えび、沢蟹などが加わって、
都会ではまず食べることの出来ない野趣溢るるご馳走が食卓に並ぶのです。
家では小食で親を心配させていた私ですが、
こちらでは食べすぎて、逆にそれを窘められてしまうくらいでした。

三歳上の兄…妙に大人びて話しかけるのも躊躇してしまうくらい超然とした兄…
その兄が祖父母の家では、近くに住む同年代の男の子達と泥だらけになって遊び、
清流での魚釣りやえびや蟹を獲ったり、川で泳いだり
夜明け前の山へ分け入り、カブトムシやクワガタムシを捕まえに行くほどの豹変ぶり…
あまりの変わりように私は目を白黒させていました。

私だって楽しみは食べること以外にちゃんとありましたよ。
祖母と畑に行ってお水を撒いたり、雑草を取ったり、野菜を収穫したり、
葉っぱや鬼灯で音を鳴らしたり、白粉花とか草花での遊び方を教えてもらったり
祖父が吊ってくれた蚊帳の中で祖父母が子供だった頃のお話を聞かせてもらいながら
眠るのも楽しみでした。

それから、街明かりの届かない山の頂で、
茣蓙を敷き、蚊取り線香を焚いて祖父母や家族と寝転び見上げた星空は
今でも鮮明に思い出されます。

夜空を埋める星々の煌き
古代人が星々の並びから人物や動物など…連想して名付けた星座達を指で辿り
流星が天の川や夏の大三角を幾度も横切る様を見ては歓声をあげて、
時間が経つのを忘れ見入ってました。


【怪異】言わな語り-イワナガタリ-①/HN:こげの続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【怪異】言わな語り-イワナガタリ-②/HN:こげ

<<前回に戻る

【怪異】言わな語り-イワナガタリ-②/HN:こげの続きを読む
7件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】ペット霊苑で見かける動物

ペット霊苑で見かける動物


667 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/08/26(水) 21:43:57 ID:Txh/YTHo0

旦那のお母さんのお墓参りにいくと出会える恒例の現象。

ペット霊苑が併設されてるせいか、敷地内に猫とかわんこを見かけることができます。

先日のお盆の前にもお墓の掃除に出かけたのですが、暑かった日のせいか、日陰でゴローンとする猫数匹。

猫に押しやられてちょっと陽に当たって暑そうなワンコに会えました。(霊の猫も暑さや寒さに反応するんだとここで知りました……)

毎月、月命日には必ず墓参りに行くようにしてるのですが、季節にあった状態でのほほんと漂う犬猫に会えます。

何度も行くうちに顔なじみになった猫とかは、私を見つけて目が合うと

「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!」

という感じで、スリスリしてきたり、愛の頭突き(足にゴンゴン頭を当ててくる)をしてくれて、なんかこんなに馴れあっていいのかと疑問も持つのですが……

可愛くてつい嬉しくなってしまうのです。(人間、何にでも馴れるものですね……)

触れると、なんていうか……「居る」という感覚はあるのですが、当たり前ですがぬくもりは無く。

しかしなでたりするとゴロゴロ喉を鳴らしてくれたりして嬉しくて、墓参りの本来の目的以外の方が重要になりつつあったり……(お義母さんごめんなさい(;;)


【心温まる霊】ペット霊苑で見かける動物の続きを読む
8件の投稿・反響コメントを見る

【怪談】川の澱みに溜まったもの

川の澱みに溜まったもの


747 本当にあった怖い名無し 2014/02/22(土) 10:57:07.00 ID:Kl+C811Y0

爺さんの葬式のときに聞いた話。

山村で生まれ育った爺さんがまだ少年だった頃、テツという犬を育てていた。

朝と夕方にテツと散歩をするのが爺さんの日課だったんだけど、長雨の後、数日振りに散歩へ行くとおかしな物を見つけた。川の澱みに何か黒っぽいものが浮かんでいたそうだ。

「土左衛門か?」と思ってそれへ駆け寄ろうとしたら、テツが唸り声を上げて近寄ろうとしない。仕方なく、テツをそのままにしてその物に駆け寄ると、それがのろのろと立ち上がった。

それが何だったのかは爺さんにも分からなかったらしい。肌は白いような灰色のような感じで、着ている着物のような物は汚れて泥まみれ、黒い空洞のような目と口をしていて右腕は枯れ木のように細いのに左腕はがっしりしていたそうだ。

それが「あー……」といううめき声を上げながら少しずつ爺さんに近寄ってきた。

爺さんは身が竦んで動けず、それがちょっとずつ近づいてくるのを見ていることしかできなかったんだけど、もうちょっとでそいつの手が届くという所で、いつの間にかやって来ていたテツが飛びかかってそいつの腕に噛み付いた。

そいつは「あー……」と同じうめき声を上げながらテツを払いのけようとしていたんだけど、テツも必死で噛み付いているので引き離せない。やがてテツはそいつとバランスを崩して川へ落ち、流されていってしまった。

爺ちゃんはまだしばらく動けなかったが、ハッと気が付いて「テツ!」と名前を呼びながら下流のほうへと走っていった。

300メートルくらい先の川べりにテツの死体が流されていたそうだ。何かで突き刺したのか胴体に刺し傷が何箇所か残っていた。

そいつがいないのを確認した後、テツの死体を担いで村へ戻って起こったことを村の人に話した。

「山の悪いモンが雨で川に流れて、澱みに溜まって形を作ったんだろう」と爺さんの爺さんが教えてくれた。

その澱みはすぐに村の人間に埋め立てられて、そいつの姿を再び見ることはなかったらしい。


【怪談】川の澱みに溜まったものの続きを読む
5件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】兎の暖かいふわふわ

兎の暖かいふわふわ


143 本当にあった怖い名無し 2011/10/31(月) 22:44:47.19 ID:9vIGtaXf0

ペットの兎の話。

あたしは色々あって、学校に行ってなかった。今では馬鹿じゃねーの、とかその時の自分のことを思う。

毎日泣いて、死ぬことばっか考えてた。誰も信じられなかった。すんげー厨二病だったんだよな。

家族と会話しなかった。友人とも話さなかった。そんなあたしを見かねて親が一匹の兎を飼ってくれた。

最初は「どうせ死んじゃうんだからまた一人になる」とか考えて拒否ってた。けどその子は一番最初にあたしに懐いて、あたしもだんだんその子が可愛くなってきて。

あたしが自分の部屋で泣いてたとき、違う部屋だから気付かないはずなのに決まってケージかじってた。で、出してあげると背伸びして体摺り寄せて涙なめてくれた。

大事な子だった。この子はあたしのこと裏切らないとか思ってた。けど、やっぱり寿命でその子は死んだ。

あの子が死んだ次の日、寝てたらアレが起きた。

2011年3月11日14時46分頃 東北地方太平洋沖地震

あたしの住んでる場所は甚大な被害があったところだった。

丁度その日あたしは家に一人で、最初はそんなに大きいものでも、長く続くものとも思ってなくて無視ろうかと思ってた。

でもいきなり頬に柔らかい感触があって。あの子の、ふわふわの毛の感触があって。まさかと思って飛び起きた。霊なんて信じてなかったのに、目の前にあの子が居た。

つい名前を叫んで布団から出た瞬間、足元の大きくて重い本棚が倒れてきた。もう少し遅れてたら死んでたってびっくりするやら怖いやらでgkbrしてたらその子が廊下に飛び出して、外に出てった。

もう周りは色々なものが倒れてきてて、あたしはまだ埋めてなかったあの子の亡骸が入ったダンボールひっつかんで裸足で外に出た。

マンションの廊下にあの子が居て、まるであたしに「着いて来い」って言うみたいに前を走って階段下りてった。


【心温まる霊】兎の暖かいふわふわの続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【怪異】寒天語-カンテンガタリ-①/HN:こげ

寒天語-カンテンガタリ-/HN:こげ


『ゆっきぃ~の しーんぐーん こぉりぃを踏んで♪
 どぉれがかぁ~わやら 道さえ知れずぅうん♪』

私達は幽霊が出ると噂されている…所謂、心霊スポットと呼ばれる場所を
休日を利用して訪ねて廻ることを趣味としています。

『ウマァー(゚Д゚)は斃れる 捨ててはおけず♪
 こぉこは何処ぞ 皆敵の国ぃ♪」

ネットで知り合ったA君に
心霊スポット探検を数人の仲間とチームを組んでやっているから一緒にどう?
と誘われたのがきっかけでした。

『ママーよだいたぁん 一服やれば♪
 たぁのみすーくなや たーばこが二本♪』

深夜の山、海、湖、河川、廃墟、廃坑等…
怪異を求めて訪ね歩く…
遊園地などのアトラクションでは味わうことができない
保障も保険も安全装置もまるでない
全ては自己責任でギリギリのスリルを楽しむ
心霊スポット探検…
私は完全にはまっていました。

『やかーぬひぃものに 半煮え飯に♪
 な-まじいーのちのあるそのうちはぁ~あ♪』


今回は日本を代表する河川のひとつで、
その下流にある広大な河川敷の中に生えています一本の木を見ることが私達の目的です。

『こらえ切れない 寒さの焚火♪
 煙いはずだよ 生木が燻る♪』

川原を車で進めるだけ進んで、
そこからは懐中電灯を手に持ち徒歩で向かったのですが…

『しぶーい顔して 功名話♪
 すーいと言うのは梅干ひとつぅ♪』

どこの河川敷にもいるはずの雑霊が…まるで姿がありません。
燦々と輝く星達…
黒々とした穏やかな水面
深夜、空気すら凍りつきそうな極寒の川べりを進む私達…
A君B君C君D君は一列縦隊で
明治二十八年に永井建子によって作詞作曲された軍歌『雪の進軍』を歌ってます。


【怪異】寒天語-カンテンガタリ-①/HN:こげの続きを読む
14件の投稿・反響コメントを見る

【怪異】寒天語-カンテンガタリ-②/HN:こげ

<<前回に戻る

【怪異】寒天語-カンテンガタリ-②/HN:こげの続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【怪異】寒天語-カンテンガタリ-③/HN:こげ

<<前回に戻る

【怪異】寒天語-カンテンガタリ-③/HN:こげの続きを読む
4件の投稿・反響コメントを見る

【怖い話】突き出た動物の顔

突き出た動物の顔


633 :本当にあった怖い名無し:2013/09/19(木) 22:01:22.38 ID:r7xBu8Qi0

家族で飲食店経営してた頃の話。

常連の芸能人の隠れ家的店ってことで紹介されて以来、本人さんとその連れてくるお友達目当てに、地元だけでなく方々からお客さんが来るようになった。

ここまでなら美味しい話なんだが、それひっついてるものもよく置いていかれるようになった。俺は不運なことに、見聞きが出来てしまう。もっとも、100回遭遇してもはっきりとしたのは1回くらい。

大抵は姿はぼやけすぎでわからないし、はっきりと声が聞えることもない。逆にそのほうが怖いので、はっきりとした姿が見えたり、『死のうよ』とか囁いているのを聞いたりすると、逆に落ち着いた気分になれてた。

その客が入ってきて、染み付いた癖で「いらっしゃーやせー」と営業スマイルしたんだが、視界にいれなきゃよかったと後悔した。

客の体は、犬やら猫やらイタチやら猿やらの幽体が突き出してるような姿だった。本人はなんともないみたいで、座敷席の衝立の向こうを覗きこんだり、一緒に来た男性と「ここって芸能人よくくるんだってー」みたいにして話してる。

けど突き出た動物の顔という顔は右に左に首をふるような感じで揺れて、目に入ったもの全部睨みつけてる感じで、ヴォオオという感じの、声ともなんともいえないものがずっと聞こえてた。

二階からは、うちの犬が怯えきった声でひゃんひゃん鳴く声が響き続けた。

そのお客さんのお会計の時、隣の番地の住所が記載された名刺を渡してきて、

「うちは躾もやってるんですよ。鳴き癖噛み付き癖等あったらよろしくどうぞー」

『いや、お前そのくっついてるやつ躾けろよ』と言いたかったよ。ペットショップなんちゃらと書いてあったので、合点がいった感じ。

【怖い話】突き出た動物の顔の続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】ウサギのミッフィー

ウサギのミッフィー


38 ミッフィー 2007/07/14(土) 02:26:25 ID:zFTzJ5g20

つい先週の火曜の話なんだけど、出張先のホテルで寝る前に何だか寝つけなくてイヤな感じがした。風邪ひいてたから、そのせいかなと考えるうちに寝てた。

オレは実家出て一年経たない位だけど、実家で一緒にいたミッフィーって名前のウサギが夢に出てきた。夢ってわかってるんだけど、久々に遊べるから結構長い時間遊んで、ミッフィーが家に帰るのを見届けてから起きた。

朝になって、一件目の客先を出て時間があったから実家に何となく電話してみた。おふくろが出て近況なんか話してたら、急に泣き出したんだ。昨日の夜にミッフィーが亡くなったって。

おふくろによると、最近年老いたせいかミッフィーは遊びたがらなかったんだが、その日は急に遊びたがったらしい。珍しくオレ以外の家族が揃ってたから一時間程遊んだんだと。それで、ミッフィーが小屋に戻った途端パタリと逝ったって。

多分彼女は自分の死期がわかってたんじゃないかと思う。だから最期に家族が揃ってる時間に元気な姿を見せてくれたんじゃないかと。

それに彼女が逝った時間っていうのが、ちょうどオレが寝ついた位の時間だったんだ。死に目に会えなかったオレに気を遣ってくれた気がする。

おふくろと電話で家族思いのいい子だったねって話しながら、車の中で一人で泣いた。早く実家に帰りたい一心で泣きながら何とか仕事を終わらせた。ただ出張って週末までの予定だったから無駄だったんだけど。

その日の夜は泣き疲れて眠った。夢の中でミッフィーはオレに駆け寄ってきて、後ろ足で立ち上がってペコリとお辞儀した。

ウサギって亡くなった後は、お月様に還るって言われてるんだよね。だからだと思うけど、お月様に向かってピョンピョンと元気そうに走って行った。

次の場面では、オレがウサギを抱っこしてるんだ。そのウサギっていうのが毛色も全然違うのにミッフィーの生まれ変わりって分かる、そんな夢だった。

多分本当にミッフィーは生まれ変わってくるんだと思う。何て言うか、自信があるっていうか確信に近い感覚かな? それで生まれ変わったミッフィーに逢ったら、自然と彼女だって分かると思う。


【心温まる霊】ウサギのミッフィーの続きを読む
2件の投稿・反響コメントを見る

【投稿広場】動物*自然愛カテゴリ総合

動物*自然愛 (総合)

>>投稿広場のカテゴリ一覧

◆あなたの体験談・物語(創作OK)を募集中

この記事の投稿・反響コメント欄で投稿できます。
テーマに沿ったオリジナル投稿限定です。投稿の感想・反響コメントも募集しています。
※読者協力の元に管理者が内容を【厳選判定】し、より良いものは記事掲載化します。
17件の投稿・反響コメントを見る

自然*動物愛カテゴリの厳選収録★

準備中です。更新をご期待下さい。

人気記事紹介    感謝アンテナ様【 P!アンテナ にゃんてな!
*おすすめタグ*

あなたに縁のある投稿
アクセスカウンター
天通イベント棚
★おすすめ本2選

★おすすめサイト2選
スピリチュアリズム 天門庵