優良記事紹介ヘッドライン    感謝アンテナ様【 にゃんてな!


【怖い話】怖い動物/HN:やまっち妻

怖い動物/HN:やまっち妻


実家にいた頃母に聞いた話。

母はまだ学生。いつも自転車で、学校に。その道のりに、ひときわ目立つ屋敷があったそうな。

格子戸の向こうには放し飼いで玉砂利をいったり来たりしている「ダットサンくらいのブルドッグ(←それはないだろ)」が居たそうです。

ある夜部活で遅くなった母は、自転車をこいでいる所、ぐるりから野良犬の威嚇声を聞き。気がつけば囲まれておりました、野犬共に。

大急ぎで目と鼻の先の家にペダルを踏み込もうとすると、目の前に、いました、ダットサン。他の野犬をチンピラとすれば明らかに組長クラス。

「逃げな!」母はペダルを踏み込み斜めへ。そこにコースを読んでいたように飛びかかってきたダットサン。…ギャウーン!セリ声。母のチャリが勝ったのです。

そこに「おーい、どないしたんや!」飼い主のおっちゃんが来たそうです。

「すごい声やったから来たんや、自転車に轢かれたんか、おぉかわいちょうにな」「…あの、犬に囲まれて…」

母が言ってもチンピラ共は既に散っていました。証拠がない。

「夜くらい放したってもエエやろ!」その時です。ダットサンがおっちゃんに思い切り噛みつきました。悲鳴のおっちゃん。

即、家に入り交番に連絡。即座に来た駐在さん。「ナニコレ?なんもないやん」そっと外に出ると…おっちゃんもダットサンも居なくなっていました。


【怖い話】怖い動物/HN:やまっち妻の続きを読む
2件の投稿・反響コメントを見る

【怪文書】ペット自慢

ペット自慢


リポーター「さぁ、さっそく今回の可愛いペットを飼っているお宅に伺いましょう!」

ピンポーン
ガチャ

「ワンワンワン!ワンワンワン!」

リポーター「こんにちわ~我が家のペット自慢のコーナーです!」
飼い主「こんにちわ」

リポーター「えーと、早速、ご自慢のペットを紹介してもらっていいですか?」
飼い主「あぁ、この子です」

リポーター「……まぁ、かわいらしい!女の子ですか?」
飼い主「よく言われるんですけど、男の子なんですよ」

リポーター「すごい可愛らしいお顔してるから女の子かと思っちゃいましたぁ~首輪も可愛いピンクで!」
飼い主「この子に似合うかと思って私の趣味でピンクにしたんです」

リポーター「そうなんですかぁ。この子、お名前は?」
飼い主「タローって言います」
タロー「ワン!」


【怪文書】ペット自慢の続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【怖い話】本当の虐待する人

本当の虐待する人


510 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/09/09(火) 02:23:59.57 ID:Tp+kHcoG0.net

うーん……ここで良いんですかね~?
もう大分前だし怖い話とはちょっと違うのかもしれないけど。

学生時代、喫茶店でバイトしてた。
まだ若い店長さん(30歳位?)だったけど優しいし仕事は楽だしお給料も悪くない。
良いバイト見つかったな~なんて思いながら半年位働いてた。

お店には店長の友人が時々遊びに来た。(以下Aさんと呼ぶね)
店長と同い年で、礼儀正しくて優しくて寡黙で、全盛期の堂本光一をちょっと切ない雰囲気にした感じの人。
営業時間終わりギリギリに来て、店閉めた後店長と遊んでたみたい。

Aさんはいつも犬を連れて店に来てた。
白い小型犬で、手提げゲージに入れられてたから顔しか見えなかったけどめっちゃ可愛い犬だった。
毛並も綺麗で、大切に飼われてるんだな~ なんて思ってたのね。

で、ある日も閉店間際にAさんが遊びにきた。
お客さんもいない事だしその日はもう店を閉める事にし、私は先に上がったのね。
でも帰り道で店に忘れ物をした事に気が付いた。

喫茶店に戻るともう店内は明りが消えていて、奥だけ電気が付いていた。
薄暗い店に入ると、白い犬が放されてて尻尾を振りながら近づいてくる。
でも歩き方が変で、よく見るとすべての足が変な方向に折れ曲がっている。

障害のある犬なのかな……なんて思って抱き上げるとお尻の辺りの感触がオカシイ。何かこう、皮膚というか肉が直接触れる感じ。
よく見るとお尻の辺り……というか後ろ足付け根内側からお尻にかけて範囲はそんな広くないんだけど毛が無くてボコボコしててケロイド状になってて……。

そのボコボコしている一面が所々赤く腫れていて、点々と血が出て膿んでる箇所もある。
何かを押し付けたような火傷の後だとすぐ分かった。私も小さい頃火傷をしてその跡が残ってるから。


【怖い話】本当の虐待する人の続きを読む
5件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】犬のモモコさん

犬のモモコさん


736 本当にあった怖い名無し 2009/07/30(木) 12:28:30 ID:GGyNHvf00

3年くらい前に、私が8歳から飼ってた犬が17歳で死んだ。
名前はモモコさん。
犬猫はすぐに大人になって、子供だった私を追い越してしまうから、モモコさん、って呼んでた。

私は鍵っ子だったからいつも、本当にいつもモモコさんと一緒にいた。
近所の子供とケイドロとかして遊ぶときも、モモコさんは子供の頭数に入ってた。
塾に通う時はつながないでもついてきて、塾が終わるまで外で待っててくれた。

犬をつながないような、しょーもないガキだったので
「あたしの寿命をモモコさんにあげるの。で、一緒に死ぬの」
なんぞ馬鹿げたことを思ってた。

でも私もそれなりに大きくなって大学進学、就職と故郷を離れた。
モモコさんは連れて行こうかと思ったけど、すでに高齢だったのであきらめた。

働き出してからはモモコさんもボケてたし、私も新しい犬を飼いだしたりで正直あんまり接触してなかった。
実家にもあんまり帰れなかったし。
親からメールで死んだ事を伝えられても「まぁ大往生だなぁ。ごくろうさん」と思ったくらい。

そんなモモコさんが夢に出てきた。
職場で(サービス業)超忙しく接客してると、傍に女の子が寄ってきてる。
正直、この忙しいのに子供めんどくせ、って思った。しかもモジモジして何か言いそうで言わない。

イラっとして「何?なんかある?」って聞いたら、ちっちぇ声で
「モモ」って。はっとした。

「ごめん、モモコさん、ごめん。最後かわいがってやらなくて」
って必死で謝ったら、モモコさん(女の子)ニコって笑って
「モモやきん、迷惑かけたらいかんと思って……」

こんな時まで気を使ってくれたのかと思うと、申し訳なくて
私なんか大学行きだしてから、ろくに構ってやらなかったのに。

ブワッって泣いてモモコさんさわろうとしたら目が覚めた。めっちゃ泣いてた。


【心温まる霊】犬のモモコさんの続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】サラバ勇者よ…②/HN:ロビンM

<<前回に戻る

【心温まる霊】サラバ勇者よ…②/HN:ロビンMの続きを読む
9件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】サラバ勇者よ…①/HN:ロビンM

サラバ勇者よ…/HN:ロビンM


やあロビンミッシェルだ。

もしかすると今回の話は涙なくして読めないかも知れない。
涙腺の弱い君はすまんがハンカチを用意してからこの怪談を読み進めて貰えると有難い。






日常のストレスが溜まりに溜まった俺は、久しぶりに雑居ビルの地下にある行きつけのBAR「チャーリー」の扉を開いた。

ズッチャ♪ ズッズチャ♪ズッチャ♪ズッズチャ♪♪

南国を思わせる甘い香りが鼻を突き、部屋の四隅に設置されたBOSEのスピーカーからは、ウィルソンピケットの「ベア・フッティン」が軽快なリズムで流れている。

カウンターだけの狭い店内には若いカップルと背広姿のリーマン風の男が一人座っているだけで今日も店はヒマそうだ。

「あら~!ロビちゃんじゃない?久しぶりね~♪♪ 」

カウンターの奥からこの店のオーナーであるババ姉が声をかけてきた。

「おいババ姉!ロビちゃんはやめろっていつも言ってんだろ!」

「あら、ごめんなさいねウフフ♪♪」

ババ姉の見た目はオールバックに口髭を蓄えた岩城滉一風のダンディーな親父といった処だが、中身は完全に女、所謂「オネエ」である。

「ささ、座ってロビちゃん!いつものでいいかしら?」

「……チッ!」

ババ姉は俺の返事も聞かずにアーリーのボトルの栓を開け、冷えたグラスに並々と注いだ。

俺は冒頭でも触れた様に、気分が落ち込んだりストレスが溜まったりした時によくこの店を利用する。

気分を落ち着かせてくれる俺好みのレトロな雰囲気の店内と、ババ姉の明る過ぎるトーク。

店に流れる音楽は1960年代のソウルMUSICを中心とした黒人音楽で、その魂の歌声が俺の疲れた心を丸々癒してくれるのだ。

もしかすると俺の中に四分の一流れる黒人の血がそうさせるのかも知れないが…

いつもの様にババ姉は他の客そっちのけで、店の近況や「美」についてのウンチクを聞いてもいないのにアレコレと語り始めた。



【心温まる霊】サラバ勇者よ…①/HN:ロビンMの続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】ペット霊苑で見かける動物

ペット霊苑で見かける動物


667 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/08/26(水) 21:43:57 ID:Txh/YTHo0

旦那のお母さんのお墓参りにいくと出会える恒例の現象。

ペット霊苑が併設されてるせいか、敷地内に猫とかわんこを見かけることができます。

先日のお盆の前にもお墓の掃除に出かけたのですが、暑かった日のせいか、日陰でゴローンとする猫数匹。

猫に押しやられてちょっと陽に当たって暑そうなワンコに会えました。(霊の猫も暑さや寒さに反応するんだとここで知りました……)

毎月、月命日には必ず墓参りに行くようにしてるのですが、季節にあった状態でのほほんと漂う犬猫に会えます。

何度も行くうちに顔なじみになった猫とかは、私を見つけて目が合うと

「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!」

という感じで、スリスリしてきたり、愛の頭突き(足にゴンゴン頭を当ててくる)をしてくれて、なんかこんなに馴れあっていいのかと疑問も持つのですが……

可愛くてつい嬉しくなってしまうのです。(人間、何にでも馴れるものですね……)

触れると、なんていうか……「居る」という感覚はあるのですが、当たり前ですがぬくもりは無く。

しかしなでたりするとゴロゴロ喉を鳴らしてくれたりして嬉しくて、墓参りの本来の目的以外の方が重要になりつつあったり……(お義母さんごめんなさい(;;)


【心温まる霊】ペット霊苑で見かける動物の続きを読む
8件の投稿・反響コメントを見る

【心温まる霊】兎の暖かいふわふわ

兎の暖かいふわふわ


143 本当にあった怖い名無し 2011/10/31(月) 22:44:47.19 ID:9vIGtaXf0

ペットの兎の話。

あたしは色々あって、学校に行ってなかった。今では馬鹿じゃねーの、とかその時の自分のことを思う。

毎日泣いて、死ぬことばっか考えてた。誰も信じられなかった。すんげー厨二病だったんだよな。

家族と会話しなかった。友人とも話さなかった。そんなあたしを見かねて親が一匹の兎を飼ってくれた。

最初は「どうせ死んじゃうんだからまた一人になる」とか考えて拒否ってた。けどその子は一番最初にあたしに懐いて、あたしもだんだんその子が可愛くなってきて。

あたしが自分の部屋で泣いてたとき、違う部屋だから気付かないはずなのに決まってケージかじってた。で、出してあげると背伸びして体摺り寄せて涙なめてくれた。

大事な子だった。この子はあたしのこと裏切らないとか思ってた。けど、やっぱり寿命でその子は死んだ。

あの子が死んだ次の日、寝てたらアレが起きた。

2011年3月11日14時46分頃 東北地方太平洋沖地震

あたしの住んでる場所は甚大な被害があったところだった。

丁度その日あたしは家に一人で、最初はそんなに大きいものでも、長く続くものとも思ってなくて無視ろうかと思ってた。

でもいきなり頬に柔らかい感触があって。あの子の、ふわふわの毛の感触があって。まさかと思って飛び起きた。霊なんて信じてなかったのに、目の前にあの子が居た。

つい名前を叫んで布団から出た瞬間、足元の大きくて重い本棚が倒れてきた。もう少し遅れてたら死んでたってびっくりするやら怖いやらでgkbrしてたらその子が廊下に飛び出して、外に出てった。

もう周りは色々なものが倒れてきてて、あたしはまだ埋めてなかったあの子の亡骸が入ったダンボールひっつかんで裸足で外に出た。

マンションの廊下にあの子が居て、まるであたしに「着いて来い」って言うみたいに前を走って階段下りてった。


【心温まる霊】兎の暖かいふわふわの続きを読む
1件の投稿・反響コメントを見る

【怖い話】突き出た動物の顔

突き出た動物の顔


633 :本当にあった怖い名無し:2013/09/19(木) 22:01:22.38 ID:r7xBu8Qi0

家族で飲食店経営してた頃の話。

常連の芸能人の隠れ家的店ってことで紹介されて以来、本人さんとその連れてくるお友達目当てに、地元だけでなく方々からお客さんが来るようになった。

ここまでなら美味しい話なんだが、それひっついてるものもよく置いていかれるようになった。俺は不運なことに、見聞きが出来てしまう。もっとも、100回遭遇してもはっきりとしたのは1回くらい。

大抵は姿はぼやけすぎでわからないし、はっきりと声が聞えることもない。逆にそのほうが怖いので、はっきりとした姿が見えたり、『死のうよ』とか囁いているのを聞いたりすると、逆に落ち着いた気分になれてた。

その客が入ってきて、染み付いた癖で「いらっしゃーやせー」と営業スマイルしたんだが、視界にいれなきゃよかったと後悔した。

客の体は、犬やら猫やらイタチやら猿やらの幽体が突き出してるような姿だった。本人はなんともないみたいで、座敷席の衝立の向こうを覗きこんだり、一緒に来た男性と「ここって芸能人よくくるんだってー」みたいにして話してる。

けど突き出た動物の顔という顔は右に左に首をふるような感じで揺れて、目に入ったもの全部睨みつけてる感じで、ヴォオオという感じの、声ともなんともいえないものがずっと聞こえてた。

二階からは、うちの犬が怯えきった声でひゃんひゃん鳴く声が響き続けた。

そのお客さんのお会計の時、隣の番地の住所が記載された名刺を渡してきて、

「うちは躾もやってるんですよ。鳴き癖噛み付き癖等あったらよろしくどうぞー」

『いや、お前そのくっついてるやつ躾けろよ』と言いたかったよ。ペットショップなんちゃらと書いてあったので、合点がいった感じ。

【怖い話】突き出た動物の顔の続きを読む
0件の投稿・反響コメントを見る

【投稿広場】動物*自然愛カテゴリ総合

動物*自然愛 (総合)

>>投稿広場のカテゴリ一覧

◆あなたの体験談・物語(創作OK)を募集中

この記事の投稿・反響コメント欄で投稿できます。
テーマに沿ったオリジナル投稿限定です。投稿の感想・反響コメントも募集しています。
※読者協力の元に管理者が内容を【厳選判定】し、より良いものは記事掲載化します。
17件の投稿・反響コメントを見る

人気記事紹介    感謝アンテナ様【 P!アンテナ にゃんてな!
*おすすめタグ*

あなたに縁のある投稿
アクセスカウンター
天通イベント棚
★おすすめ本2選

★おすすめサイト2選
スピリチュアリズム 天門庵